アート

2Dで動くOverwatchのキャラクター達:Kyle Bunk

アメリカのFiraxis Games社で働く3DアニメーターKyle Bunkさんの2Dアート作品を紹介します。ピクセルで描かれたキャラクター達が結構動いてくれます。 Kyle Bunkさんが描く2Dアニメーションは、ブリザード・エンターテイメントの世界的に人気のアクションFPSゲーム「Overwatch(オーバーウォッチ)」の各キャラクター達です。いろいろなキャラクターがまるで格ゲーのように動いてくれます。 元々3Dのゲームだけ当てt、2Dになるとなんだか不思議な見え方もしちゃいます。古き良きゲームにに ...

アート

フルーツを素敵に擬人化したイラストアート:Marija Tiurina

これは素敵な擬人化だ! ロンドンを拠点に活動するアーティストMarija Tiurinaさんのイラストアートをこの記事では紹介します。どうやらMarija Tiurinaさんの住んでいる町には、特別な青果店が存在するらしく、日本ではあんまり見ないような果物や野菜が取り扱われているようです。 そんな色々な野菜や果物をいい感じに「擬人化」したイラストアートをさんは描いています。「え?この果物ってなんて言うの?」と、思っちゃいそうなものばかりですが、彼女が水彩画を使って表現するキャラクターはどれも素敵なものばか ...

アート イラスト

侍になったドラゴンボールキャラクター:Guillem Daudén

スペインバルセロナで活動するコンセプトアーティストGuillem Daudénさんによるイラストアートを紹介します。Guillem Daudénさんは「もしも侍になったら?」を思わせるように、鳥山明さんのドラゴンボールを「侍風イラスト」に描いてくれます。ちなみにそのときの名義は「kenji_893」です。 侍風になった孫悟空やベジータ、トランクスなど、「え、めっちゃサムライに合うじゃん」と思わせてくれるようなイラストなど。ドラゴンボールキャラクターがサムライになったらこうなるぞというイラストを紹介します。 ...

アート イラスト

ディズニーキャラクターがリアルの世界にいたらこんな感じ、ヴィラン編

これはなかなかカッコいいじゃないか・・・。 以前にも当ブログで紹介した、メルボルンで活動するグラフィックアートストJirka Väätäinenさんイラストを再び紹介したいです。ディズニーキャラクターを美男美女化するあのアーティストさんです。 前回の記事では、主にJirka さんによってリアル化された、ディズニーの主人降格のキャラクターを紹介しました。そのシリーズは「#RealLifeDisneyCharacters」や「#RealLifeDisneyGirls」なんかでタグ付けされています。 その記事の ...

アート 写真

実践してみたくなる、プロによるスウィートな赤ちゃんの撮影アイディア:JustGaba Photography

赤ちゃんってそのままの姿でもめちゃくちゃ可愛いけど、どうせだったらすっごい良い感じに撮りたいですよね?そんなとき、プロの現場ではどういった撮影アイディアで新生児達を撮影しているかご紹介します。 今回紹介するのは、JustGaba PhotographyのGaba Svarbuさんが実際に撮影している赤ちゃん達の写真です。 構図としては、赤ちゃんを写真の中心に配置し、周りを花などの植物で素敵に飾るスウィートな写真アイディアです。 赤ちゃんの写真ってどうやって撮ったら良いか悩んでいる人とかにお勧めしたいです。 ...

ガジェット レビュー

SHURE MV88を使って、iPhoneで動画撮影をしてみました【レビュー】【動画有り】

投稿日:4月5日 更新日:

iPhoneのLightning端子に接続するタイプのSHURE製マイク「MV88」のレビューをします。

実際にMV88を使って通常の録音と、MV88の録音を比較してのレビューです。動画も用意したので、それを見れば一目瞭然かと。

MV88はポケットに入れて持ち運びで切るほど小さく、録音したいときにさっと撮り出しiPhoneに接続すればスグにでも使えるマイク。SHURE製ということもあり、魅力的なマイクなのではないだろうか

SHURE MV88 レビュー

SHUREの技術の詰まったiデバイス用の小さなマイク。Lightning端子に刺すタイプのマイクの中では結構高額なマイクです。ウインドスクリーン、キャリングケースなどが付属します。専用アプリにて指向性の制御が可能。音はかなりキレイに撮影できました。

実際にMV88で録音してみた

ということでMV88で動画撮影テストしてみました。シーンは3つあり、「MV88無し」「MV88有り(指向性135°)」「MV88有り(指向性60°)」での撮影です。音を聞いてもらうとわかる通り、MV88により前方の音をキレイに拾えています。指向性を狭めれば、より不要な音が消えるようになっています。

shuremv88testmatome

さいごのまとめにも有るように、指向性の変更で音が変わります。カメラとLightning端子は真反対に有るので、カメラで見ている場所の音よりちょっと右側の音(今回は右側にMV88)を拾っている感じです。距離が延びたら、きっとそれは気にならないかと。

Motivがそのまま使えた

なんと専用アプリである「Motiv」の設定がそのままカメラアプリにも影響がありました。なのでカメラで撮ってみてどうなるかをご紹介できたわけです。

専用アプリのダウンロード

SHUREの無料アプリMotivはMV88のような対応したガジェットの指向性を変更できるアプリです。MV88の制御アプリと考えていただくとうれしい。そのまま録音できたり、どんな音にするかなどをこのアプリから変更が出来る。

ケース有りだと端子の延長が必要

lightroom-IMG_8416

MV88はLightning端子に直接刺すので、iPhoneのケースによっては、刺すことが出来ません。なのでボクはこれを使いました。

Lightning端子を延長するアダプタ。例えば、頑丈な分厚いiPhoneケースなんかでLightning端子のものを刺したいときにこのアダプタを使います。MV88もケースを装着していると接続できないので、これを使うことにしました。

ちなみに今回は、olloclipのSTUDIOケースにMV88を接続して撮影です。

MV88いいじゃないか

やっぱりSHUREさんの製品です。間違い有りません。じゃっかん高いですが、ちゃんとした音を録りたいとき、こういうマイクが有ると良いですね。

MV88はLightning端子に直接させるタイプのマイク。音もクリアで集音、収録など、いろんなシーンで役立てるマイクだと思います。

ちなみに、ステレオ録音できるので、物体の移動などをイヤホンやヘッドホンで確認できます。つまり、バイノーラル録音ってやつですね。

ちなみに今回の構成は以下の通りです。ご参考に。

 








-ガジェット, レビュー
-, , , , , ,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.