アート

流木からドラゴンなどを作るJames Doran-Webbの流木アート

フィリピン島の海岸にはいくつかの流木が流れ着くことがあるそうです。アーティストのJames Doran-Webbさんは、その流木を組み合わせて、ものすごいレベルの様々な流木アート作品を作り上げている人です。 James Doran-Webbさんが作った流木の彫刻は、それはそれはまるで「生きている」かのような出来栄えで、そのすごさに目を奪われてしまうのではないでしょうか。とても良くできた造形物だと思います。 James Doran-Webbさんが製作したいくつかの流木アートが公開されていましたのでご紹介しま ...

アート 写真

ライトペインティングのプロによる美しい光の花:Hannu Huhtamo

『ライトニングペイント』と言うアートのジャンルをご存知だろうか?カメラの長時間露光機能を使って、そのシャッターを切っている間に色々な光を与えて、「光で色々と描く」ことでアートとする物だ。 カメラの設定を長時間露光で撮影するだけなので、割と誰でも簡単にチャレンジできるジャンルだったりする。 そんな『ライトニングペイント』のプロであるフィンランドのアーティストHannu Huhtamoさんが行うアートがかなりスゴイ。1枚の写真の中に、この世の物とは思えないほど美しい光で作られた花が登場している。 しかも、どう ...

アート 音楽

「雪だるまつくろ〜♪」映画『アナと雪の女王』の歌パートを実写で再現した素敵なやつ

2013年のディズニー映画(日本では2014年)『アナと雪の女王』に出てくる歌パートを実写で行ってみた素敵な動画をご紹介します。 かわいらしい「アナ」の歌う「雪だるまつくろう」(原題:Do You Want to Build a Snowman?)や、ハンスと共に歌う「とびら開けて」(原題:Love is an open door)などが実写になってとっても素晴らしくなっています。 『アナと雪の女王』ファンに是非ともご覧になって欲しいです。

アート イラスト

「父が7年かけた迷路」がすごすぎる!そしてその続編も…。

2013年ごろ、Twitterユーザーの@Kya7yさんによって投稿されたとある「迷路」。なんでも彼女の父 (野村一雄)さんによって「7年間かけて」作られたA1サイズの用紙びっしりの迷路があるという。 このすごく細かい迷路は瞬く間にTwitterの間で広がり、国内外の様々な差違とで取り上げられた事とでも有名です。また、「Spoon&Tamago」でこの迷路が販売されてい事も知っているでしょう。 さて、この話に続きが有るのをご存知だろうか?2014年ごろ、再び彼女の父が迷路を造っていることを…。

アート

影にメッセージが現れるワイヤーアート by Fred Eerdekens

一見するとぐちゃぐちゃに折り曲げられた金属のワイヤーのオブジェ。ところが、ワイヤーに光を投射し、壁に映し出されたワイヤーの影を見ると、とあるメッセージがあらわれるアート作品。この作品の製作者であるFred Eerdekensさんは、影を使ってメッセージを伝えるアート作品を作っているのです。 その一つ一のメッセージ自体も作品になっています。

ガジェット レビュー

DB POWERのアクションカメラをご紹介!バッテリーの予備がついている!

投稿日:

DB POWERさんが発売しているアクションカメラのご紹介をします。このアクションカメラは、1400万画素のCOMSセンサーを搭載していて、1080Pだと30fps、720Pだと60fpsで撮影できちゃうアクションカメラです。しかも、付属品に予備のバッテリーが付いてきちゃう!

今回は、実際に撮影してきた様子をご紹介!

DB POWERさんのアクションカメラと、映像、そして付属品なんかを紹介していきたいです。

DB POWERのアクションカメラ

こちらがDB POWERさんの出しているアクションカメラ。見るからに防水な感じ。付属品として、色々とついていて、その一つが防水ケースなのだ。ケース自体は水に浸けてみても浸水なしで、どうやら水深30mぐらいまでなら耐えてくれるみたい。

DB POWERのアクションカメラは米Amazonでかなり評価が高いようだ。まぁ、使ってみて「いいな」って思ったんだからそういうことだろう。

色々と機能があるようだけど、今回は1080Pと720Pを撮り比べてみたのだ。まずは早速映像をご紹介したい。車の助手席から窓を映した映像です。

1080Pと720Pの違い


1080Pと720P。やっぱり画質は変わっちゃうけど、ヌルヌル感は720Pの方がある。それでも720Pは「見るに堪えない」というわけでもなく、「割と綺麗だ」と感じる。全然悪くない。ヌルヌルを求めるなら720Pで撮ればよいと思う。

1080Pもぬるぬるしないとういわけではないので、映像としては十分だと感じた。

アクションカメラのフォトレビュー

Dbpoweractionameragif
まずはデフォルトの状態。最初から防水ケースに入っている。撮影する時はだいたいコレに入れる。入れなくても良いんだけど、コレに入れておいたほうが「もしも」の時によい。落下とか、急激な水とかね。

このケースは、色々なアクションカメラ用ツールと互換性がある仕様になっている。

Dbpoweractioncamerafps IMG 9963

ボタンは4つあり、ケースに入れたままでも操作できる。

Dbpoweractioncamerafps IMG 9959

2インチのディスプレイはやっぱり大きいなと感じる。

Dbpoweractioncamerafps IMG 9964

防水ケースは、ボタンを引っ張ると開く仕組み。割と嬉しい。

Dbpoweractioncameragif2

ケースを外すとこういう感じ。裸で使う用のアダプターもあるので、どっちでも利用できる。

Dbpoweractioncamerafps IMG 9967

記憶媒体はmicroSDで32GBまで対応。

Dbpoweractioncamerafps IMG 9971

防水ケースのフタとバッテリーフタの予備。

Dbpoweractioncamerafps IMG 9972

裸で使うためのアダプター。コレには1/4が切られており、三脚とかを付けれる。

Dbpoweractioncamerafps IMG 9973

その他アクションカメラ製品と互換性のあるアダプター。バイクに貼り付けて使うタイプとか。

Dbpoweractioncamerafps IMG 9975

台座とかポールに付けるヤツとか。とにかくいっぱい。

Dbpoweractioncamerafps IMG 9976

バッテリーの予備もあります。あと充電用ケーブル。

バッテリーについては、 SJCAM(割と良いアクションカメラ)互換がありますので、こういう製品が使えます。

こういう物があれば、バッテリーが計4個に!このアクションカメラについては、コレがあると非常に嬉しいことになります。

アプリでの操作

大体のアクションカメラはスマートフォンとWi-Fi接続してアプリでカメラを操作できちゃいます。このアクションカメラも例外なく操作できるんだけど、そのアプリが正直言ってだめすぎる。まず、スマホの画面にあってない。だれがUI作ってるか知らないけど、非常にアプリが残念だ。

アプリの機能としては完璧に動作するけど、UIの表示が残念(全部ううつらないとかね)。それがあるのでアプリは紹介しません。

アプリ以外満足

Dbpoweractioncamerafps IMG 9977
アプリで操作するって、おそらく頭の上につけたりとかで使うんだと思う。そう考えれば、別に要らないかなーって。使う人はいるかも知れないけどね。

個人的には自撮り棒的な物に取り付けて、今回撮影したようなちょっとした旅行の時に取り回しの良いカメラとして使えるかなと思ってます。

バッテリーは SJCAM互換ってのがかなりデカイ。バッテリー予備が最初からあるから良いんだけど、バッテリーを別途購入できるのは絶対にデカイです。








-ガジェット, レビュー
-, , , , ,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.