1977年、スター・ウォーズの爆発シーンはこう作られていた

1977年、スター・ウォーズの爆発シーンはこう作られていた

21世紀になり、色々なCG技術が上がり、映画の世界では華やかな演出が可能となっています。2009年に放映された映画「アバター」では、デジタル3D映像の素晴らしさをものすごく堪能できた作品だったといえます。

さて、1977年に公開されたSF作品『スター・ウォーズ』シリーズの実写版主要映画第1作をご覧になったことがあるだろうか。正式なタイトルは、『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』とスター・ウォーズシリーズの始まりの作品。当時の技術を見ても「コンピュータグラフィック(CG)」があまり使われていなかった背景があるようです。(1997年にはCGで色々と追加されたシーンがある)

『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』では、爆発シーンにもCGはつかわず、特撮で爆発シーンを撮影した。その制作様子が写真として残されていたのです。

1977年のスター・ウォーズ爆発シーン

Star Wars Special Effects (1)

Star Wars Special Effects (2)

Star Wars Special Effects (3)

Star Wars Special Effects (4)

Star Wars Special Effects (5)

Star Wars Special Effects (6)

Star Wars Special Effects (7)

Star Wars Special Effects (8)

Star Wars Special Effects (9)

モロ爆破!ジオラマの表面をそのまま爆破しています。これはデススターのシーンだと思われますが、アノ細かい表面全てがジオラマで作られていたというのがスゴイですね。その上を爆発しちゃう…。

それにしても貴重な写真だなー。

スター・ウォーズを見よう

現在ではCGでシーンが差し替えられた『スター・ウォーズ 特別篇』のDVD等が有り、当時の映像はおそらVHS等で見ることになってしまいます。それでも「ここは、こういう歴史が有ったんだよー」とちょっとした知識として覚えておくと良いかも知れませんね。

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です