アート イラスト

まさにバッドエンド!ディズニーキャラの悪役がもしも勝ってしまったら…。

とても見ていて胸を痛めてしまいます。いくつかのディズニー映画に登場する悪役(ヴィラン)が「もしも映画内で勝ってしまったら?」をイラスト化した、DeviantArtユーザーのjustin-mctwispさんの作品をご紹介します。 正直、イラストを拝見した時に「胸くそ悪い」と思ってしまうほど、映画に詰まっている愛をぶち壊すほどの内容です。まさに「バッドエンド」な結果になってしまった、ディズニーキャラクター達をご覧下さい。

LEGO アート

LEGOで作ったターンテーブルがしっかりとレコードを鳴らしている

LEGOって何でも出来ちゃうんですね!韓国人のLEGO愛好家であるHayarobiさんが、LEGOをつかったターンテーブル「The Planet」を作り上げました! タダ回転するだけでなく、しっかりと音まで鳴らせてしまうらしいです。カートリッジにはオーディオテクニカのものが使われているから、しっかりと鳴らせてくれるというものです。 いやー、LEGOって何でも出来る物だと思ってましたが、ターンテーブルまで作っちゃうとはすごいですね!それでは、HayarobiさんのLEGOターンテーブル「The Planet ...

アート

自室をバンクシー美術館に出来ちゃうウォールステッカー

イギリスのロンドンを中心に活動する覆面アーティスト「バンクシー」(Banksy)。彼の作品は、社会風刺的グラフィティアートなストリートアート作品を世界各地でゲリラ的に行っちゃう。有名美術館に自身の作品を勝手に置いちゃうなどのパフォーマンスで、「芸術テロリスト」なんて呼ばれ方もしている。 そんなバンクシーの作品にはどこか魅力的なとこが有り、ソレの価値を思う人もいるようです。2007年2月に行われたサザビーズ主催のオークションでは、バンクシーの作品計6点が総額37万2千ポンド(日本円で約8500万円以上)で落 ...

アート

細かい切り絵に惚れちゃうな。Suzy Taylorの切り絵アート

ネットを散策していたら、素敵な切り絵氏を見つけました。こちらのドクロの切り絵を作ったのはスージー・テイラー(Suzy Taylor)さん。Facebookページ(Folk Art Papercuts名で活動)やEtsyでこれらの作品を見ることが出来ます。 切り絵ってどこからがプロなのかわかりませんが、全ての切り絵を行う人を尊敬しています。良くこんな細かいことできちゃうなーと。ということで、スージーさんの作品をいくつかご紹介します。主にFacebookからのご紹介です。

アート

Processingで作成した美しいGIFアニメーション

Processingを使って作られた美しいGIFアニメーションを公開しているdave whyteさんの作品をご紹介します。規則正しく動くアニメーションは半永久的に観測したくなってきます。 Processingとは Processing(プロセシング)は、キャセイ・レアス(英語版)(Casey Reas)とベンジャミン・フライ(英語版)(Benjamin Fry)によるオープンソースプロジェクトであり、かつてはMITメディアラボで開発されていた。電子アートとビジュアルデザインのためのプログラミング言語であり ...

iPhone

iPhone XSを守る、およそ16万円するチタン製のバンパー:ALTER EGO

投稿日:

最低でも12万円、最大容量で15万円ほどする iPhone XS を守るのにふさわしい バンパー は何だろうか?それはきっと「ALTER EGO」がそれにあたるのだろうと思う。

iPhone はそれ自体が完成した デザイン と言われていて、そのデザインに惹かれ、 ケース を付けないまま運用する人も居る。しかし、いつしかi Phone 達は、単品で10万円を超す機種へとなっている。ほぼPCが買えてしまえるような値段になってしまった スマートフォン を裸で運用するのはちょっとビクビクしてしまうところがある。

だからケースやバンパーの存在がやはり不可欠になっていて、できればそれらはカッコイイモノが良いなと思っている。

そこで見つけた、ALTER EGO。

航空宇宙グレードのチタン製のアーティスティックなバンパーだ。iPhone X/XS/XS MAXに対応しているとても強そうなバンパー。お値段はビックリするほど高価。

アート名航空宇宙グレードのチタン製バンパー

Titanium9 1000x706

見るからにオシャレ、見るからにカッコイイiPhone用のバンパー。幾何学的な、他面系をしていて、きらびやかに光るエッジがカッコイイ。見た目は重厚感があり、それでいてなめらかだ。素材は航空宇宙グレードのチタン製、それをCNCで削り出しているらしい。

二つのチタンからなるブロックはネジで固定されていて、iPhoneと接する面にはTPUの素材が使われている。

Titanium3 692d0a02 54b0 4ec0 a33f 351c4fa81bdb

つまりは、iPhoneを守ってくれる頑丈なバンパーであるってこと。それでいて優しく保持してくれるのだ。角からの衝撃には100%の安心度がある。

Titanium2 ebd8dcae 637b 4462 a31a a9f621c908f9

ALTER EGOは見て分かるようにオシャレ。航空宇宙グレードのチタン製を使っていて、その素材のせいなのかかなり値段が高めに設定されている。

ALTER EGO TITANIUMは、単品で1,465ドルだという。日本円でおよそ16万円もする。まさかのiPhone XSよりも高くなってしまった。

いや、逆に考えてiPhone XSという最高の機種を持つのだ。それぐらい出しても良いのでは無いだろうか?(いや、やっぱねーわ)

専用のディスプレイ、そして更に高いヤツも

Titanium8 1000x706

ちなみに、それ単品で飾れるように専用のディスプレイまで用意されている。もう、つまりこれ自体をアートとして、造形物として捉えていると言うことなのだろう。

そりゃ飾るよ。

これ、かっこいいもの。

更に言えば、ALTER EGO TITANIUMは、ALTER EGOシリーズでも最低価格だ。

あと3種類存在していて、それぞれがPVDコーティングなどがされているモノ。バリエーションとして、ブラックがシックを誘う「STEALTH」、圧倒的俺様感の「GOLD」、見るモノを魅了する「AURORA」(これは、ハンドトーチでグラデーションを付けたモノ)だ。

それぞれ値段が2116ドル(約24万円)、2520ドル(約28万円)、3025ドル(約34万円)と…。MacBookどころかiMacを変えてしまう価格になってしまった。

なんだか16万円のALTER EGO TITANIUMが安く感じるレベルだな。



ということで、最高の機種であろうiPhone XSを守るアイテムとして、ALTER EGOという選択を紹介してみた。側面はおそらく全く守れないだろうが、装着するアートで時々守ってくれる…と考えてみればアリなのかも?(いやーきついっす)








-iPhone
-, , , ,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.