アート

こんな折り鶴は見たことない!折り鶴をカスタマイズする人Cristian Marianciuc

折り鶴って見たことあります?ほら、あの折り紙で作られた鶴のことです。幼少の頃に折り紙で作ったりしたことありませんか?おばーちゃんに折り方を教わったりさ。 今回ご紹介するのは、オリジナルの折り鶴を公開し続けるCristian Marianciucさんの作品です。折り鶴なんだけど、なんかものすごくカスタマイズされている折り鶴なのです。 ちょっとだけデザインされた物や、外見が全く違う物まで…、Cristian Marianciucさんによる折り鶴のカスタマイズがすごいことになっています。

アート イラスト

可愛すぎる!漫画調に描かれたディズニープリンセス達

なんてこった、何でこんなにカワイイ生き物になっちゃったんだろうか!? これは、パキスタンのアーティスト、マリヤム(Maryam)さんに描かれたディズニープリンセス達のイラストです。ディズニーのタッチとは全く異なる、漫画っぽい、それでいてカワイイイラストになっちゃいましたー! こんなん、恋しないほうがおかしいよ!かわいいよ! そんなディズニープリンセス達をご紹介!

LEGO アート

LEGOビルダーにより盆栽の作り方が公開されている

写真家でありLEGOビルダーのクリス·マクベイ(Chris McVeigh)さんが販売しているLEGOキット。その中にLEGOの盆栽が合ったのでご紹介したいと思います。 クリス·マクベイさんはFacebookやTumblr(タンブラー)でLEGOの作品をいくつか公開しており、キット販売されている物は無料で組み立て方法を公開しています。

アート

大理石が使われたとても贅沢なアナログ迷路:A MAZE

独創的な創作物を生み出すアーティストMarco Iannicelliによる贅沢な迷路をご紹介したい。 「A MAZE」と名付けられたそれは、大理石をベースに使われ、終わることの無い迷路を作り上げた。ジョイスティックを操作し、溝の掘られた円形の大理石を操作する。溝の中には鉄の玉が入っていて、大理石の溝の中をかけめるぐのだ。 タイトルは「迷路」だが、終わりはなく、自分で目標を設定しないと正直意味の無い迷路なのかも知れない。 それでも「大理石」という素材を使うことで、このアートに神秘性が増し、そのゴールをめぐれ ...

アート

細部まで作り込まれたミニチュアアート:kiyomi

とても小さい世界だけど、かなりステキだな。 ハンドメイド家具を趣味で作っているkiyomi(petipetit)さん。ハンドメイドでとても細かなミニチュアなアンティーク家具、ミニチュアなスイーツなどを作っている二児の主婦だそうだ。そんなkiyomiさんのInstaramに素晴らしい作品がたくさん公開されていたのでご紹介させていただきたい。 アンティーク好きな人、ミニチュア好きな人、どちらにも刺さるアート作品です。

iPhone

iPhone XSを守る、およそ16万円するチタン製のバンパー:ALTER EGO

投稿日:

最低でも12万円、最大容量で15万円ほどする iPhone XS を守るのにふさわしい バンパー は何だろうか?それはきっと「ALTER EGO」がそれにあたるのだろうと思う。

iPhone はそれ自体が完成した デザイン と言われていて、そのデザインに惹かれ、 ケース を付けないまま運用する人も居る。しかし、いつしかi Phone 達は、単品で10万円を超す機種へとなっている。ほぼPCが買えてしまえるような値段になってしまった スマートフォン を裸で運用するのはちょっとビクビクしてしまうところがある。

だからケースやバンパーの存在がやはり不可欠になっていて、できればそれらはカッコイイモノが良いなと思っている。

そこで見つけた、ALTER EGO。

航空宇宙グレードのチタン製のアーティスティックなバンパーだ。iPhone X/XS/XS MAXに対応しているとても強そうなバンパー。お値段はビックリするほど高価。

アート名航空宇宙グレードのチタン製バンパー

Titanium9 1000x706

見るからにオシャレ、見るからにカッコイイiPhone用のバンパー。幾何学的な、他面系をしていて、きらびやかに光るエッジがカッコイイ。見た目は重厚感があり、それでいてなめらかだ。素材は航空宇宙グレードのチタン製、それをCNCで削り出しているらしい。

二つのチタンからなるブロックはネジで固定されていて、iPhoneと接する面にはTPUの素材が使われている。

Titanium3 692d0a02 54b0 4ec0 a33f 351c4fa81bdb

つまりは、iPhoneを守ってくれる頑丈なバンパーであるってこと。それでいて優しく保持してくれるのだ。角からの衝撃には100%の安心度がある。

Titanium2 ebd8dcae 637b 4462 a31a a9f621c908f9

ALTER EGOは見て分かるようにオシャレ。航空宇宙グレードのチタン製を使っていて、その素材のせいなのかかなり値段が高めに設定されている。

ALTER EGO TITANIUMは、単品で1,465ドルだという。日本円でおよそ16万円もする。まさかのiPhone XSよりも高くなってしまった。

いや、逆に考えてiPhone XSという最高の機種を持つのだ。それぐらい出しても良いのでは無いだろうか?(いや、やっぱねーわ)

専用のディスプレイ、そして更に高いヤツも

Titanium8 1000x706

ちなみに、それ単品で飾れるように専用のディスプレイまで用意されている。もう、つまりこれ自体をアートとして、造形物として捉えていると言うことなのだろう。

そりゃ飾るよ。

これ、かっこいいもの。

更に言えば、ALTER EGO TITANIUMは、ALTER EGOシリーズでも最低価格だ。

あと3種類存在していて、それぞれがPVDコーティングなどがされているモノ。バリエーションとして、ブラックがシックを誘う「STEALTH」、圧倒的俺様感の「GOLD」、見るモノを魅了する「AURORA」(これは、ハンドトーチでグラデーションを付けたモノ)だ。

それぞれ値段が2116ドル(約24万円)、2520ドル(約28万円)、3025ドル(約34万円)と…。MacBookどころかiMacを変えてしまう価格になってしまった。

なんだか16万円のALTER EGO TITANIUMが安く感じるレベルだな。



ということで、最高の機種であろうiPhone XSを守るアイテムとして、ALTER EGOという選択を紹介してみた。側面はおそらく全く守れないだろうが、装着するアートで時々守ってくれる…と考えてみればアリなのかも?(いやーきついっす)








-iPhone
-, , , ,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.