iPhone XSを守る、およそ16万円するチタン製のバンパー:ALTER EGO

iPhone XSを守る、およそ16万円するチタン製のバンパー:ALTER EGO

最低でも12万円、最大容量で15万円ほどする iPhone XS を守るのにふさわしい バンパー は何だろうか?それはきっと「ALTER EGO」がそれにあたるのだろうと思う。

iPhone はそれ自体が完成した デザイン と言われていて、そのデザインに惹かれ、 ケース を付けないまま運用する人も居る。しかし、いつしかi Phone 達は、単品で10万円を超す機種へとなっている。ほぼPCが買えてしまえるような値段になってしまった スマートフォン を裸で運用するのはちょっとビクビクしてしまうところがある。

だからケースやバンパーの存在がやはり不可欠になっていて、できればそれらはカッコイイモノが良いなと思っている。

そこで見つけた、ALTER EGO。

航空宇宙グレードのチタン製のアーティスティックなバンパーだ。iPhone X/XS/XS MAXに対応しているとても強そうなバンパー。お値段はビックリするほど高価。

アート名航空宇宙グレードのチタン製バンパー

Titanium9 1000x706

見るからにオシャレ、見るからにカッコイイiPhone用のバンパー。幾何学的な、他面系をしていて、きらびやかに光るエッジがカッコイイ。見た目は重厚感があり、それでいてなめらかだ。素材は航空宇宙グレードのチタン製、それをCNCで削り出しているらしい。

二つのチタンからなるブロックはネジで固定されていて、iPhoneと接する面にはTPUの素材が使われている。

Titanium3 692d0a02 54b0 4ec0 a33f 351c4fa81bdb

つまりは、iPhoneを守ってくれる頑丈なバンパーであるってこと。それでいて優しく保持してくれるのだ。角からの衝撃には100%の安心度がある。

Titanium2 ebd8dcae 637b 4462 a31a a9f621c908f9

ALTER EGOは見て分かるようにオシャレ。航空宇宙グレードのチタン製を使っていて、その素材のせいなのかかなり値段が高めに設定されている。

ALTER EGO TITANIUMは、単品で1,465ドルだという。日本円でおよそ16万円もする。まさかのiPhone XSよりも高くなってしまった。

いや、逆に考えてiPhone XSという最高の機種を持つのだ。それぐらい出しても良いのでは無いだろうか?(いや、やっぱねーわ)

専用のディスプレイ、そして更に高いヤツも

Titanium8 1000x706

ちなみに、それ単品で飾れるように専用のディスプレイまで用意されている。もう、つまりこれ自体をアートとして、造形物として捉えていると言うことなのだろう。

そりゃ飾るよ。

これ、かっこいいもの。

更に言えば、ALTER EGO TITANIUMは、ALTER EGOシリーズでも最低価格だ。

あと3種類存在していて、それぞれがPVDコーティングなどがされているモノ。バリエーションとして、ブラックがシックを誘う「STEALTH」、圧倒的俺様感の「GOLD」、見るモノを魅了する「AURORA」(これは、ハンドトーチでグラデーションを付けたモノ)だ。

それぞれ値段が2116ドル(約24万円)、2520ドル(約28万円)、3025ドル(約34万円)と…。MacBookどころかiMacを変えてしまう価格になってしまった。

なんだか16万円のALTER EGO TITANIUMが安く感じるレベルだな。



ということで、最高の機種であろうiPhone XSを守るアイテムとして、ALTER EGOという選択を紹介してみた。側面はおそらく全く守れないだろうが、装着するアートで時々守ってくれる…と考えてみればアリなのかも?(いやーきついっす)

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です