回転すると大きさが変わるテーブル:Capstan Table

回転すると大きさが変わるテーブル:Capstan Table

何度も動画なので見てきたのですが、この回転させると大きくなるテーブルの名前がやっとわかりました。「The Fletcher Capstan Table」というテーブルは、特殊な構造になっていて、テーブルが開いていく様子がかなり素敵なのです。

テーブルを回転させると、テーブルが割れ、テーブルの下から別のパーツが現れます。そしてそのパーツが上昇していき、テーブルの上板のパーツと合致して大きなテーブルへと変わっていくのです。

The Fletcher Capstan Table


The Fletcher Capstan Table

小さいテーブルから、大きなテーブルへと変わっていく様子がとにかく素敵!この構造!考えた人すごいなー!

turning-tables-expanding-capstan-table-02

turning-tables-expanding-capstan-table-03

turning-tables-expanding-capstan-table-04

このテーブル「The Fletcher Capstan Table」は、テーブルをだいたい75%拡張するようです。中サイズで1.9mから2.5mに拡張出来るテーブル、大サイズで2.28mから3mまで拡張できるテーブルがあるようです。

やっと名前も知れて、このテーブルを作ったFletcher Burwell-Taylor社も知れました。そしてHPをのぞくと、たくさんのギャラリーやテーブルについて詳しく書かれている資料もありました。是非このテーブルに興味を持っちゃったヒトはサイトをご覧下さい!

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です