アニメ アート イラスト

アニメキャラが暴れ、アニメーターのパソコンが破壊されまくるAlan Beckerのスゴイムービー!

アニメアイディアがピカ一なAlan Beckerによるアニメをご紹介します。 彼の作るアニメは、「すごい」「なんじゃこりゃ」を思わせる作品です。 パソコンの中で生きていたアニメキャラ(棒人間)が、フレームの枠を超えて、暴れまわる!それに気づいたアニメーターが、それらを削除しようとするも、仲間を殺されたアニメキャラは怒り、パソコンの中を破壊しまくっちゃう! Alan Beckerさんの4作目の動画なのですが、その脅威のアイディア、生きたアニメにきっと驚くでしょう。それでは13分ちょっとありますが、惹きこまれ ...

アート フィギュア

LEGOで作られた『機械生物』に一目ぼれした!!めっちゃメカめかしい生き物達だ!!!

完全に一目ぼれだ!!LEGOで作られた「機械生物」がかなりメカメカしくて気に入った! アクションフィギュア・ドール用のミニチュア・ルーズパーツを販売しているToyForce (トイフォース)さんのTwitterアカウント@uran120で公開されている"LEGO 機械生物図鑑"がものすごく好みな形状をしている。様々な生き物をLEGOで再現しているシリーズなのだが、その「メカっぽく」表現されているのがめちゃくちゃ「ぐっと」きちゃう。 なにこれ、めっちゃ好きなんだけど、個人(@kissaten)的に気に入っち ...

アニメ アート 映画

有名俳優達をコミック風にデザインするアーティスト、トニースタークやドクターストレンジ等

フェイスデザイナーXi Dingさんによる、有名俳優のキャラクターをコミック風に変えちゃうアートをご紹介。「アイアンマン」のトニースタークや、ドクターストレンジなど、主にMarvel(マーベル)系のキャラクターを良い感じにトゥーンしてくれる。 とにかくできあがったモノが良い感じ!! どこかディズニーっぽいのも良い感じ。 もちろん、マーベル以外の作品もあるんだけど、それらすべて、特徴をよく捉えている。

iPhone アート

様々な映画にみる構図、結構決まっているみたい:Composition Cam

様々な構図がわかるアプリ「Composition Cam」のInstagramアカウントでは、アプリの特性にちなんで、「映画の中にある構図」を色々と知ることができます。様々な映画の中には構図のパターンが有り、どういった映画の構図がアルカをわかりやすく紹介しています。 「あの有名な映画にも構図が使われているなんて」を思わず感心できる映画の構図集です。 「Composition Cam」のアプリ自体は、正直たいしたことないのですが、様々な映画の中の構図に隠された「グリッド」や「サークル」を知っておくだけでも映 ...

アート イラスト

すげー!立体的コップのリアルイラストが作られていく様子!

絵を三次元的に描くことに憧れを持っていたのですが、それを更にリアルさを増すと、まるでそこに有るかのように見えてしまうのですね。 アーティストであるPortraitmaler Pabstさんによって描かれていく立体的なコップ。かなりリアルに描かれており、本当にそこに有るかのように見えます。Portraitmaler Pabstさんがそれらを描いていく過程をご覧になれます。

ガジェット

インスタ映えするビールの泡を造れるマシン:Beer Ripples

投稿日:

ラテアートのように、泡に絵を描いてくれるマシーンが登場。名前をBeer Ripplesという。

実は、ラテアートを作れるマシーンである「Coffee Ripples」、それを作ったのと同じ会社がコチラのマシンを作り上げた。ラテの泡に描くようにビールの泡にもアートを施す。

こんな素敵なビールがあれば、確実にインスタ映えするだろう。そんなマシーンをご紹介。

ビールの泡で映える、Beer Ripples


とりあえず、コチラがBeer Ripplesがどういった動きをするかの影像。ビールを泡が載るように注ぎ、マシンに入れ、設定すれば泡に描かれるという。

DE1A3391 Can I buy you another drink nn9k31fwc4gwyhai7gl6b1umn6qqj5hgaqwjreu254

DE1A3544 I love beer 768x512

イラストやフレーズなどを描けることから、お店を宣伝したり、何かの記念日のサプライズにも使える。描くモノがオシャレなら、それはやはりSNS映え間違い無しのビールだと言えよう。

イベント会場なんかに置けば、そのイベントでしか拝めない泡を描くなど、とにかく色々な使い方を想像できる。

Ripples I Love Beer 01 2 768x512

価格は3,000ドル(だいたい31万円)し、それにくわえて年間使用料(なのか?)みたいなモノを支払うのでコストは高いかも知れない。

それでも、ラテアートで実績があるし、おそらく今後のアップデートで更に細かい文字などもイケるだろうから、オシャレなバーなどは導入しても良い製品ではないだろうか?














-ガジェット
-, , , ,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.