アート イラスト

まさにバッドエンド!ディズニーキャラの悪役がもしも勝ってしまったら…。

とても見ていて胸を痛めてしまいます。いくつかのディズニー映画に登場する悪役(ヴィラン)が「もしも映画内で勝ってしまったら?」をイラスト化した、DeviantArtユーザーのjustin-mctwispさんの作品をご紹介します。 正直、イラストを拝見した時に「胸くそ悪い」と思ってしまうほど、映画に詰まっている愛をぶち壊すほどの内容です。まさに「バッドエンド」な結果になってしまった、ディズニーキャラクター達をご覧下さい。

LEGO アート

LEGOで作ったターンテーブルがしっかりとレコードを鳴らしている

LEGOって何でも出来ちゃうんですね!韓国人のLEGO愛好家であるHayarobiさんが、LEGOをつかったターンテーブル「The Planet」を作り上げました! タダ回転するだけでなく、しっかりと音まで鳴らせてしまうらしいです。カートリッジにはオーディオテクニカのものが使われているから、しっかりと鳴らせてくれるというものです。 いやー、LEGOって何でも出来る物だと思ってましたが、ターンテーブルまで作っちゃうとはすごいですね!それでは、HayarobiさんのLEGOターンテーブル「The Planet ...

アート

自室をバンクシー美術館に出来ちゃうウォールステッカー

イギリスのロンドンを中心に活動する覆面アーティスト「バンクシー」(Banksy)。彼の作品は、社会風刺的グラフィティアートなストリートアート作品を世界各地でゲリラ的に行っちゃう。有名美術館に自身の作品を勝手に置いちゃうなどのパフォーマンスで、「芸術テロリスト」なんて呼ばれ方もしている。 そんなバンクシーの作品にはどこか魅力的なとこが有り、ソレの価値を思う人もいるようです。2007年2月に行われたサザビーズ主催のオークションでは、バンクシーの作品計6点が総額37万2千ポンド(日本円で約8500万円以上)で落 ...

アート

細かい切り絵に惚れちゃうな。Suzy Taylorの切り絵アート

ネットを散策していたら、素敵な切り絵氏を見つけました。こちらのドクロの切り絵を作ったのはスージー・テイラー(Suzy Taylor)さん。Facebookページ(Folk Art Papercuts名で活動)やEtsyでこれらの作品を見ることが出来ます。 切り絵ってどこからがプロなのかわかりませんが、全ての切り絵を行う人を尊敬しています。良くこんな細かいことできちゃうなーと。ということで、スージーさんの作品をいくつかご紹介します。主にFacebookからのご紹介です。

アート

Processingで作成した美しいGIFアニメーション

Processingを使って作られた美しいGIFアニメーションを公開しているdave whyteさんの作品をご紹介します。規則正しく動くアニメーションは半永久的に観測したくなってきます。 Processingとは Processing(プロセシング)は、キャセイ・レアス(英語版)(Casey Reas)とベンジャミン・フライ(英語版)(Benjamin Fry)によるオープンソースプロジェクトであり、かつてはMITメディアラボで開発されていた。電子アートとビジュアルデザインのためのプログラミング言語であり ...

ガジェット

インスタ映えするビールの泡を造れるマシン:Beer Ripples

投稿日:

ラテアートのように、泡に絵を描いてくれるマシーンが登場。名前をBeer Ripplesという。

実は、ラテアートを作れるマシーンである「Coffee Ripples」、それを作ったのと同じ会社がコチラのマシンを作り上げた。ラテの泡に描くようにビールの泡にもアートを施す。

こんな素敵なビールがあれば、確実にインスタ映えするだろう。そんなマシーンをご紹介。

ビールの泡で映える、Beer Ripples


とりあえず、コチラがBeer Ripplesがどういった動きをするかの影像。ビールを泡が載るように注ぎ、マシンに入れ、設定すれば泡に描かれるという。

DE1A3391 Can I buy you another drink nn9k31fwc4gwyhai7gl6b1umn6qqj5hgaqwjreu254

DE1A3544 I love beer 768x512

イラストやフレーズなどを描けることから、お店を宣伝したり、何かの記念日のサプライズにも使える。描くモノがオシャレなら、それはやはりSNS映え間違い無しのビールだと言えよう。

イベント会場なんかに置けば、そのイベントでしか拝めない泡を描くなど、とにかく色々な使い方を想像できる。

Ripples I Love Beer 01 2 768x512

価格は3,000ドル(だいたい31万円)し、それにくわえて年間使用料(なのか?)みたいなモノを支払うのでコストは高いかも知れない。

それでも、ラテアートで実績があるし、おそらく今後のアップデートで更に細かい文字などもイケるだろうから、オシャレなバーなどは導入しても良い製品ではないだろうか?








-ガジェット
-, , , ,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.