アート

流木からドラゴンなどを作るJames Doran-Webbの流木アート

フィリピン島の海岸にはいくつかの流木が流れ着くことがあるそうです。アーティストのJames Doran-Webbさんは、その流木を組み合わせて、ものすごいレベルの様々な流木アート作品を作り上げている人です。 James Doran-Webbさんが作った流木の彫刻は、それはそれはまるで「生きている」かのような出来栄えで、そのすごさに目を奪われてしまうのではないでしょうか。とても良くできた造形物だと思います。 James Doran-Webbさんが製作したいくつかの流木アートが公開されていましたのでご紹介しま ...

アート 写真

ライトペインティングのプロによる美しい光の花:Hannu Huhtamo

『ライトニングペイント』と言うアートのジャンルをご存知だろうか?カメラの長時間露光機能を使って、そのシャッターを切っている間に色々な光を与えて、「光で色々と描く」ことでアートとする物だ。 カメラの設定を長時間露光で撮影するだけなので、割と誰でも簡単にチャレンジできるジャンルだったりする。 そんな『ライトニングペイント』のプロであるフィンランドのアーティストHannu Huhtamoさんが行うアートがかなりスゴイ。1枚の写真の中に、この世の物とは思えないほど美しい光で作られた花が登場している。 しかも、どう ...

アート 音楽

「雪だるまつくろ〜♪」映画『アナと雪の女王』の歌パートを実写で再現した素敵なやつ

2013年のディズニー映画(日本では2014年)『アナと雪の女王』に出てくる歌パートを実写で行ってみた素敵な動画をご紹介します。 かわいらしい「アナ」の歌う「雪だるまつくろう」(原題:Do You Want to Build a Snowman?)や、ハンスと共に歌う「とびら開けて」(原題:Love is an open door)などが実写になってとっても素晴らしくなっています。 『アナと雪の女王』ファンに是非ともご覧になって欲しいです。

アート イラスト

「父が7年かけた迷路」がすごすぎる!そしてその続編も…。

2013年ごろ、Twitterユーザーの@Kya7yさんによって投稿されたとある「迷路」。なんでも彼女の父 (野村一雄)さんによって「7年間かけて」作られたA1サイズの用紙びっしりの迷路があるという。 このすごく細かい迷路は瞬く間にTwitterの間で広がり、国内外の様々な差違とで取り上げられた事とでも有名です。また、「Spoon&Tamago」でこの迷路が販売されてい事も知っているでしょう。 さて、この話に続きが有るのをご存知だろうか?2014年ごろ、再び彼女の父が迷路を造っていることを…。

アート

影にメッセージが現れるワイヤーアート by Fred Eerdekens

一見するとぐちゃぐちゃに折り曲げられた金属のワイヤーのオブジェ。ところが、ワイヤーに光を投射し、壁に映し出されたワイヤーの影を見ると、とあるメッセージがあらわれるアート作品。この作品の製作者であるFred Eerdekensさんは、影を使ってメッセージを伝えるアート作品を作っているのです。 その一つ一のメッセージ自体も作品になっています。

レビュー

SoundPEATSのカナル型イヤホンB10は好みが分かれそうな気がする

投稿日:6月27日 更新日:

以前に2000円以下でコストパフォーマンスの良いSoundPEATSさんの有線イヤホン「M20」を紹介しました。今回も有線イヤホンのレビューとなります。

SoundPEATS(サウンドピーツ)さんのカナル型有線イヤホン「B10」のレビューです。実際に聞いてみたレビュー、またその他レビューなどを観て感じた事などを書きます。

このイヤホンは好みが分かれそうな気がします。

SoundPEATSのB10

これが今回ご紹介する製品。「Bluetoothより有線が良いぜ」と個人的に思っている僕なので、有線のイヤホンは何本かもっています。そんなボクからのレビューです。

まず、音について、値段を考えると「そんなに悪くない」と思えるもの。言い換えると「値段相応よりはいいかな」と言う感じです。決して悪いというものではなく、むしろこの値段で頑張っているなと思う。

M20との比較になると、M20はわりと性格に音を出しているなと思っていたのですが、B10はそれより更にちゃんと音を出せていると感じます。音についてはM20よりは良い。

外見は、細いまるケーブルで、コレまでSoundPEATSのフラットケーブル系を触ってきた身からすると「ちょっと怖いな」と思う。断線とかね。いや、でもイヤホンってコレが普通だったわ。

ちなみに、SoundPEATSロゴは端子付近に書いてあるだけで、ロゴが目立つなどはない。(M20はめっちゃロゴが目立っちゃう。)

写真で見るB10

B10soundpeatsreview IMG 8857

形状はスタイリッシュかな感じ。「ややこぶりかな?」と思った。ケーブルは細い。

コレのせいなのかAmazonのレビューで「断線」「壊れた」のレビューがいくつかあった。どんだけ乱暴に扱ってんだよ…とか思いましたが、SoundPEATSさんの製品は、物によっては壊れるというレビューがいくつか見えます。これは個体差なのではないかなと。

ただ、SoundPEATSの製品は交換をすぐしてくれるので、その当たりは強いなと思います。

B10soundpeatsreview IMG 8860

ドライバー口径10mmとM20に比べると一回りぐらい大きい。これが音が出ていると感じる要因だろうか。そのためか、イヤーチップの穴自体がデカイ。

B10soundpeatsreview IMG 8861

プラグは金メッキ。ちょっとポイント上がるね。一方、M20は銀メッキだ。うーむ、これも金メッキにならんかなー。

これなら良いんじゃね?

B10soundpeatsreview IMG 8862

こちらのイヤホン。入れ物がない。これは困ったという事で、Cheeroが出しているクリップを使う事にした。机が金属の柱を利用しているので、そのまま机の柱に付けれるのが良いよ。

これは、磁石と金属の板が入っているクリップで、これにより、かちっと挟めるし、カチッと壁とかに貼れる事が出来る。クレジットカードとかの磁気系には怖いけど、何かと重宝させてもらっているクリップさ。

大きさやマイクの有無で別れそう

B10は「小さいな」という印象を受けた。もちろんケーブルの長さは130cmあるし、イヤホン本体以外は普通だ。

このイヤホンは、M20と比べると「マイクの有無」が気になる。M20にはマイクが有り、ゲームとかで利用させてもらっている。B10にはマイクがない。純粋に音楽を聴くためだけのイヤホンなのだ。

そういった点「小さい」「マイクがない」によっては、スマートフォンが普及している時代からすると「うーむ」が居るのではないだろうか?

このね団体で、これだけ駆動しているんだったらコストパフォーマンスは高く、「あ、いいかも」と言えるものです。純粋に音楽を聴きたい、そしてお金をあんまり出したくないって人はこれどうよ?

同価格帯の日本製品にはメーカーによって負けているかも知れないけど、スタイリッシュなデザインはあんまり見かけないなー。








-レビュー
-, , , ,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.