ゲーム

今、MGSVを見るならこのチャンネルを見れば良い:Yasu Dini

投稿日:

ボクが楽しみにしているゲーム系YouTubeチャンネルを紹介したい。

2015年に発売したKOJIMA PRODUCTIONのゲーム『メタルギアソリッドV』(METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN、MGSV)を2018年の今もなおやり続けてくれている素晴らしいYouTubeチャンネル「Yasu Dini」。

「潜入は変わった」を合い言葉に、MGSVを素晴らしく、最高に、華麗にプレイしてくれるYouTubeチャンネルだ。

その言葉の通り、通常のMGSVのプレイヤーからは考えられないような奇抜なプレイを毎度お届けしてくれる素晴らしいゲームプレイ映像なのだ。

今回は、そんなYasu DiniさんがやってくれるいくつかのヤバイMGSVのプレイ映像を見て欲しい。「こんなスネーク見たことねえ」って言わせます。

Yasu Diniにより、素晴らしいMGSVのプレイ映像

MGSVといえば、これまでのメタルギアソリッドシリーズと同様に「スニーキング」して隠密行動をしながらミッションをクリアしていくゲーム。ところが、オープンワールド化したことにより、用意されたミッションを「どんな形でも良い」からクリアしたら良いというモノ。

つまり、クリアのルートは無限にあり、ユーザーによってプレイスタイルが全く違うのだ。

たとえば、ひたすら敵を殺傷して、ドンパチでクリアしていく人や、今回紹介する映像のようにスネーク(隠密に行動)してクリアするなど、マジで様々。(Yasu Diniさんについては特異だけどね)

ゲームシステムとしては一級品だが、KONAMIとKOJIMA PRODUCTIONの関係などで「未完成なのでは?」なんて言われているゲームでもある。

個人的には最高峰のゲームだと思っているので是非ともやったこと無い人はプレイして欲しい。


「ホワイトマンバ」が完全に敗北。

子供兵がいるミッションで、一切殺傷を許さないミッション。わざと子供達に見つかって、こかして腹ばいにさせたり、フルトン自体をおとりに使ったり色々とやる。

極めつけには、このミッションのボスである「イーライ」を赤子の手をひねるごとくボコボコにする。

見ていて分かるとおり、Yasu Diniさんは、全てのキャラクターの行動パターンや位置を把握している。なので恐ろしくも冷静にスネークしてしまうのだ。

もちろんSランク。

映像後半でもあるように、ジャッキー・チェンばりのNG集が用意されている(NG集については最近になってからだけどね)。そう言うお茶目なところも良いよね。


MGSVの長ったらしいチュートリアルを終え、初めてのミッション「幻肢」。重要人物、カズヒラ・ミラーを救出するミッションなのだが…。

救出後に、4体の「スカルズ」と闘うシーンがあるが、まさかの方法で撃退してしまう。

しっかりその解説もされていて、NGもちゃんと用意されています。


ミッション「漆黒の下」のプレイ映像。殺傷はしてしまったモノの、敵の動きを把握しすぎていておちょくりまくっているのがスゴイ。「なんで見つからないんだ!?」って思う。

NG集は無し。


積み荷を回収するミッション「売国の車列」。

正直、割とめんどくさいミッションなのだが…まさかのスカルズ戦をあるいみスルーするとは…。

こんな攻略方法見たことねえよ。


本作ヒロイン「クワイエット」と初対峙するミッション「静かなる暗殺者」とその後には「プラットフォーム奪還」の2本のクリア映像がセットになっているヤツ。

「静かなる暗殺者」で初めにマーキングしたのは、クライエットの場所を視聴者にわかりやすくするためにマーキングしたとか。

ノーマルバージョンだと移動するルートが固定されていて、移動中のクワイエットにグレネードを当てるというエクストリームな攻略方法を行うという。こんなことをされてはクワイエットも涙目だろう。

これからも「潜入は変わった」を

ご覧のようにYasu Diniさんのプレイ映像は、少々特殊だ。いや、これが真のBIG BOSSなのかも知れない。敵の動きを完全把握し、おちょくり、華麗にプレイする。

とにかく素晴らしいプレイがたくさんあるのだ。

しかも1ヶ月に数本、かならずMGSVの映像を挙げてくれる。

いったい、このYouTubeの映像がいつまで続くか分からないが、それまで楽しませてもらおうと思う。

ちなみに、ボクはMGSVについているMGO3(Metal Gear online)を未だにやっている。もしネットで出逢ったら闘おうじゃないか。

Yasu Dini[YouTube]
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

xenontenter

ブログ「喫茶店の部屋」の中の人です。ハイパー難病人ながらよろず屋なフリーランスをやっています。ライティング、エディター、コーダー、写真、色々やってますー。

人気の記事

1

なんてこった、何でこんなにカワイイ生き物になっちゃったんだろうか!? これは、パキスタンのアーティスト、マリヤム(Maryam)さんに描かれたディズニープリンセス達のイラストです。ディズニーのタッチと ...

2

クラウドファンディングKickstarterに出ていたLumapodって三脚を紹介します。 こいつの特徴としては、非常にコンパクトで軽量な本体なのですが、大きいサイズの「Lumapod Go120」が ...

3

タブレットやiPhoneでキーボードを使いたい時、Bluetoothキーボードが割といい感じだ。今回は、iCleverというモバイル製品のプロダクトをたくさん出している会社の「iClever IC-B ...

4

外でキーボードを使うんだったら小さい方が良いんだなって最近気づいた。これまで、「打ち込みやすさ」ばかり求めていて、ガジェットのミニマムかを考えてなかったけど、薄型、小さい、コンパクトっていいね。外で使 ...

5

もしチュン・リーが実際に居たら、きっとこれぐらいの脚を持っているのだろう・・・。 フィットネスで鍛えまくったNatascha Encinosaさんそのドレス姿が、ゲーム『ストリートファイター』のキャラ ...

-ゲーム
-

Copyright© キセノンテンター , 2018 All Rights Reserved.