アート イラスト

まさにバッドエンド!ディズニーキャラの悪役がもしも勝ってしまったら…。

とても見ていて胸を痛めてしまいます。いくつかのディズニー映画に登場する悪役(ヴィラン)が「もしも映画内で勝ってしまったら?」をイラスト化した、DeviantArtユーザーのjustin-mctwispさんの作品をご紹介します。 正直、イラストを拝見した時に「胸くそ悪い」と思ってしまうほど、映画に詰まっている愛をぶち壊すほどの内容です。まさに「バッドエンド」な結果になってしまった、ディズニーキャラクター達をご覧下さい。

LEGO アート

LEGOで作ったターンテーブルがしっかりとレコードを鳴らしている

LEGOって何でも出来ちゃうんですね!韓国人のLEGO愛好家であるHayarobiさんが、LEGOをつかったターンテーブル「The Planet」を作り上げました! タダ回転するだけでなく、しっかりと音まで鳴らせてしまうらしいです。カートリッジにはオーディオテクニカのものが使われているから、しっかりと鳴らせてくれるというものです。 いやー、LEGOって何でも出来る物だと思ってましたが、ターンテーブルまで作っちゃうとはすごいですね!それでは、HayarobiさんのLEGOターンテーブル「The Planet ...

アート

自室をバンクシー美術館に出来ちゃうウォールステッカー

イギリスのロンドンを中心に活動する覆面アーティスト「バンクシー」(Banksy)。彼の作品は、社会風刺的グラフィティアートなストリートアート作品を世界各地でゲリラ的に行っちゃう。有名美術館に自身の作品を勝手に置いちゃうなどのパフォーマンスで、「芸術テロリスト」なんて呼ばれ方もしている。 そんなバンクシーの作品にはどこか魅力的なとこが有り、ソレの価値を思う人もいるようです。2007年2月に行われたサザビーズ主催のオークションでは、バンクシーの作品計6点が総額37万2千ポンド(日本円で約8500万円以上)で落 ...

アート

細かい切り絵に惚れちゃうな。Suzy Taylorの切り絵アート

ネットを散策していたら、素敵な切り絵氏を見つけました。こちらのドクロの切り絵を作ったのはスージー・テイラー(Suzy Taylor)さん。Facebookページ(Folk Art Papercuts名で活動)やEtsyでこれらの作品を見ることが出来ます。 切り絵ってどこからがプロなのかわかりませんが、全ての切り絵を行う人を尊敬しています。良くこんな細かいことできちゃうなーと。ということで、スージーさんの作品をいくつかご紹介します。主にFacebookからのご紹介です。

アート

Processingで作成した美しいGIFアニメーション

Processingを使って作られた美しいGIFアニメーションを公開しているdave whyteさんの作品をご紹介します。規則正しく動くアニメーションは半永久的に観測したくなってきます。 Processingとは Processing(プロセシング)は、キャセイ・レアス(英語版)(Casey Reas)とベンジャミン・フライ(英語版)(Benjamin Fry)によるオープンソースプロジェクトであり、かつてはMITメディアラボで開発されていた。電子アートとビジュアルデザインのためのプログラミング言語であり ...

ゲーム

今、MGSVを見るならこのチャンネルを見れば良い:Yasu Dini

投稿日:

ボクが楽しみにしているゲーム系YouTubeチャンネルを紹介したい。

2015年に発売したKOJIMA PRODUCTIONのゲーム『メタルギアソリッドV』(METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN、MGSV)を2018年の今もなおやり続けてくれている素晴らしいYouTubeチャンネル「Yasu Dini」。

「潜入は変わった」を合い言葉に、MGSVを素晴らしく、最高に、華麗にプレイしてくれるYouTubeチャンネルだ。

その言葉の通り、通常のMGSVのプレイヤーからは考えられないような奇抜なプレイを毎度お届けしてくれる素晴らしいゲームプレイ映像なのだ。

今回は、そんなYasu DiniさんがやってくれるいくつかのヤバイMGSVのプレイ映像を見て欲しい。「こんなスネーク見たことねえ」って言わせます。

Yasu Diniにより、素晴らしいMGSVのプレイ映像

MGSVといえば、これまでのメタルギアソリッドシリーズと同様に「スニーキング」して隠密行動をしながらミッションをクリアしていくゲーム。ところが、オープンワールド化したことにより、用意されたミッションを「どんな形でも良い」からクリアしたら良いというモノ。

つまり、クリアのルートは無限にあり、ユーザーによってプレイスタイルが全く違うのだ。

たとえば、ひたすら敵を殺傷して、ドンパチでクリアしていく人や、今回紹介する映像のようにスネーク(隠密に行動)してクリアするなど、マジで様々。(Yasu Diniさんについては特異だけどね)

ゲームシステムとしては一級品だが、KONAMIとKOJIMA PRODUCTIONの関係などで「未完成なのでは?」なんて言われているゲームでもある。

個人的には最高峰のゲームだと思っているので是非ともやったこと無い人はプレイして欲しい。


「ホワイトマンバ」が完全に敗北。

子供兵がいるミッションで、一切殺傷を許さないミッション。わざと子供達に見つかって、こかして腹ばいにさせたり、フルトン自体をおとりに使ったり色々とやる。

極めつけには、このミッションのボスである「イーライ」を赤子の手をひねるごとくボコボコにする。

見ていて分かるとおり、Yasu Diniさんは、全てのキャラクターの行動パターンや位置を把握している。なので恐ろしくも冷静にスネークしてしまうのだ。

もちろんSランク。

映像後半でもあるように、ジャッキー・チェンばりのNG集が用意されている(NG集については最近になってからだけどね)。そう言うお茶目なところも良いよね。


MGSVの長ったらしいチュートリアルを終え、初めてのミッション「幻肢」。重要人物、カズヒラ・ミラーを救出するミッションなのだが…。

救出後に、4体の「スカルズ」と闘うシーンがあるが、まさかの方法で撃退してしまう。

しっかりその解説もされていて、NGもちゃんと用意されています。


ミッション「漆黒の下」のプレイ映像。殺傷はしてしまったモノの、敵の動きを把握しすぎていておちょくりまくっているのがスゴイ。「なんで見つからないんだ!?」って思う。

NG集は無し。


積み荷を回収するミッション「売国の車列」。

正直、割とめんどくさいミッションなのだが…まさかのスカルズ戦をあるいみスルーするとは…。

こんな攻略方法見たことねえよ。


本作ヒロイン「クワイエット」と初対峙するミッション「静かなる暗殺者」とその後には「プラットフォーム奪還」の2本のクリア映像がセットになっているヤツ。

「静かなる暗殺者」で初めにマーキングしたのは、クライエットの場所を視聴者にわかりやすくするためにマーキングしたとか。

ノーマルバージョンだと移動するルートが固定されていて、移動中のクワイエットにグレネードを当てるというエクストリームな攻略方法を行うという。こんなことをされてはクワイエットも涙目だろう。

これからも「潜入は変わった」を

ご覧のようにYasu Diniさんのプレイ映像は、少々特殊だ。いや、これが真のBIG BOSSなのかも知れない。敵の動きを完全把握し、おちょくり、華麗にプレイする。

とにかく素晴らしいプレイがたくさんあるのだ。

しかも1ヶ月に数本、かならずMGSVの映像を挙げてくれる。

いったい、このYouTubeの映像がいつまで続くか分からないが、それまで楽しませてもらおうと思う。

ちなみに、ボクはMGSVについているMGO3(Metal Gear online)を未だにやっている。もしネットで出逢ったら闘おうじゃないか。

Yasu Dini[YouTube]








-ゲーム
-

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.