アート イラスト

可愛すぎる!漫画調に描かれたディズニープリンセス達

なんてこった、何でこんなにカワイイ生き物になっちゃったんだろうか!? これは、パキスタンのアーティスト、マリヤム(Maryam)さんに描かれたディズニープリンセス達のイラストです。ディズニーのタッチとは全く異なる、漫画っぽい、それでいてカワイイイラストになっちゃいましたー! こんなん、恋しないほうがおかしいよ!かわいいよ! そんなディズニープリンセス達をご紹介!

アート イラスト

どこかで歪んだ人生を歩んでしまったディズニープリンセス達のイラスト

なんということだ、いったいプリンセスに何があったのか…!? 様々な作品が公開されるDeviantArtのユーザーであるジェフリー・トーマス(Jeffrey Thomas:jeftoon01)さん。彼はDeviantArt内で「Twisted Princess」というディズニープリンセス達を使ったシリーズを公開しています。 このシリーズは、ディズニープリンセス達が、何とも言えない変貌を遂げているイラストです。例えば、あの「不思議の国のアリス」のアリスが、かなりダークな雰囲気になっていたりします…。

アート

ワイヤーで等身大のボディをかたどるRichard Stainthorpのアート作品

イギリス人アーティストRichard Stainthorpさんのワイヤーアート作品をご紹介します。Richard Stainthorpさんは、等身大の人間の「ボディ」を作っちゃう人です(一部等身大ではない)。複雑に折り込まれたワイヤーにより、人の形を模した作品たち。他にも「Angels」といて、羽の生えた人間達もワイヤーで作り上げちゃいます。 複雑ながら、「肉体」をイメージできるワイヤーアート。何だか不思議な魅力があります。

アート

【ムシ注意】世界的な有名絵画と昆虫をまぜたデジタルート作品

写真家でありデザイナーのAntonia Korchevaさん、がBehanceで公開してるデジタルアートがキモスゴイ。 ルネ・マグリットの「人の子」(The Son of Man)やエドヴァルド・ムンクの「叫び」(he Scream)などの有名絵画と、「ムシ」の顔を組み合わせたとんでもデジタルアートです。 いやはや、良く知られている絵画だけあって、これだけ変化があるととても奇妙な物です。 ※ムシが苦手な人は注意してください

アート

とっても迫力のあるポケモンファンアート:CHOBI-PHO

デジタルアーティストのCHOBI-PHO(Toni Hoang Nguyen)さんが描いたポケモンファンアートが、とっても迫力のある塗りかたをされている。上記写真は、ポケットモンスターのリザードンを描いた物の一部です。この全体像を是非見て欲しい。CHOBI-PHO(Toni Hoang Nguyen)さんの塗りに魅了されてほしい。

ガジェット

Appleお馴染みレインボーカラー仕様のAirPods

投稿日:

ようこそAppleフリークさん。この記事にたどり着いたってことは、レインボーカラーのAirPodsに何かしら興味があるからだと思われる。

おそらく、Apple信者さんだからココにたどり着いたのだろう。

Appleの以前のカラーであるレインボーな林檎マーク。それが宿ったようなAirPodsのカスタムカラー「AirPods Retro」を出している会社があったので紹介したい。

「AirPods Retro」は、名前の通り、80年代のAppleを思わせるようなデザインをしている。通気口のようなスリットのデザインがあり(あくまで塗装)、カラーも当時のモノを再現している。

なにより、本来ならばAirPodsのセットアップやリセットをするためのあの丸いボタンがレインボーカラーなのが良いよね。

そんな「AirPods Retro」を紹介したい。

80年代のAppleが宿るAirPods Retro

1000AirPods Retro 2

今回紹介するのは「カスタムカラー」として、Xbox ONEのコントローラーやNintendo Switchをカスタマイズする「ColorWare」による仕事の一つ。「カスタムスキン」的な物だと思って欲しい。

すでに金色や光沢のあるパープルなど色々なAirPodsも存在する中、今回出た「AirPods Retro」は、ひときわその存在感がある。

他のカラーと違い、「俺、Appleのファンなんだ」感がかなりアピールできる。

80年代を過ごしてきた人なら(ボクは過ごしてない)、キットこの当時のAppleっぽいカラーを知っているはずだ。そして、Appleファンなら、このカラーに絶対注目しちゃうはずだ。

それぐらい、「AirPods Retro」はThe Appleなカラーなのだ。

こんなカスタムカラーのAirPodsを持っていたら、Appleファンの中でもかなり目立てるだろう。

「AirPods Retro」のお値段が...

1000AirPods Retro 1AirPodsのお値段が159ドルに対して、このカスタムカラー「AirPods Retro」」の値段が…。

399ドル(およそ4万5千円)



Appleファン達よ、試されようとしているぞ。

ちなみに、ColorWareでは、スペースグレイなAirPodsも同様の値段だった。

公式から「ProductRed仕様とか出るんじゃないの?」とか思ってるので、それ待ちってのもアリだ。

でも…これは欲しい(ちなみに熱狂的なファンではない)














-ガジェット
-, , ,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.