アート

2Dで動くOverwatchのキャラクター達:Kyle Bunk

アメリカのFiraxis Games社で働く3DアニメーターKyle Bunkさんの2Dアート作品を紹介します。ピクセルで描かれたキャラクター達が結構動いてくれます。 Kyle Bunkさんが描く2Dアニメーションは、ブリザード・エンターテイメントの世界的に人気のアクションFPSゲーム「Overwatch(オーバーウォッチ)」の各キャラクター達です。いろいろなキャラクターがまるで格ゲーのように動いてくれます。 元々3Dのゲームだけあって、2Dになるとなんだか不思議な見え方もしちゃいます。古き良きゲームにに ...

アート

フルーツを素敵に擬人化したイラストアート:Marija Tiurina

これは素敵な擬人化だ! ロンドンを拠点に活動するアーティストMarija Tiurinaさんのイラストアートをこの記事では紹介します。どうやらMarija Tiurinaさんの住んでいる町には、特別な青果店が存在するらしく、日本ではあんまり見ないような果物や野菜が取り扱われているようです。 そんな色々な野菜や果物をいい感じに「擬人化」したイラストアートをさんは描いています。「え?この果物ってなんて言うの?」と、思っちゃいそうなものばかりですが、彼女が水彩画を使って表現するキャラクターはどれも素敵なものばか ...

アート イラスト

侍になったドラゴンボールキャラクター:Guillem Daudén

スペインバルセロナで活動するコンセプトアーティストGuillem Daudénさんによるイラストアートを紹介します。Guillem Daudénさんは「もしも侍になったら?」を思わせるように、鳥山明さんのドラゴンボールを「侍風イラスト」に描いてくれます。ちなみにそのときの名義は「kenji_893」です。 侍風になった孫悟空やベジータ、トランクスなど、「え、めっちゃサムライに合うじゃん」と思わせてくれるようなイラストなど。ドラゴンボールキャラクターがサムライになったらこうなるぞというイラストを紹介します。 ...

アート イラスト

ディズニーキャラクターがリアルの世界にいたらこんな感じ、ヴィラン編

これはなかなかカッコいいじゃないか・・・。 以前にも当ブログで紹介した、メルボルンで活動するグラフィックアートストJirka Väätäinenさんイラストを再び紹介したいです。ディズニーキャラクターを美男美女化するあのアーティストさんです。 前回の記事では、主にJirka さんによってリアル化された、ディズニーの主人降格のキャラクターを紹介しました。そのシリーズは「#RealLifeDisneyCharacters」や「#RealLifeDisneyGirls」なんかでタグ付けされています。 その記事の ...

アート 写真

実践してみたくなる、プロによるスウィートな赤ちゃんの撮影アイディア:JustGaba Photography

赤ちゃんってそのままの姿でもめちゃくちゃ可愛いけど、どうせだったらすっごい良い感じに撮りたいですよね?そんなとき、プロの現場ではどういった撮影アイディアで新生児達を撮影しているかご紹介します。 今回紹介するのは、JustGaba PhotographyのGaba Svarbuさんが実際に撮影している赤ちゃん達の写真です。 構図としては、赤ちゃんを写真の中心に配置し、周りを花などの植物で素敵に飾るスウィートな写真アイディアです。 赤ちゃんの写真ってどうやって撮ったら良いか悩んでいる人とかにお勧めしたいです。 ...

ガジェット

Appleお馴染みレインボーカラー仕様のAirPods

投稿日:

ようこそAppleフリークさん。この記事にたどり着いたってことは、レインボーカラーのAirPodsに何かしら興味があるからだと思われる。

おそらく、Apple信者さんだからココにたどり着いたのだろう。

Appleの以前のカラーであるレインボーな林檎マーク。それが宿ったようなAirPodsのカスタムカラー「AirPods Retro」を出している会社があったので紹介したい。

「AirPods Retro」は、名前の通り、80年代のAppleを思わせるようなデザインをしている。通気口のようなスリットのデザインがあり(あくまで塗装)、カラーも当時のモノを再現している。

なにより、本来ならばAirPodsのセットアップやリセットをするためのあの丸いボタンがレインボーカラーなのが良いよね。

そんな「AirPods Retro」を紹介したい。

80年代のAppleが宿るAirPods Retro

1000AirPods Retro 2

今回紹介するのは「カスタムカラー」として、Xbox ONEのコントローラーやNintendo Switchをカスタマイズする「ColorWare」による仕事の一つ。「カスタムスキン」的な物だと思って欲しい。

すでに金色や光沢のあるパープルなど色々なAirPodsも存在する中、今回出た「AirPods Retro」は、ひときわその存在感がある。

他のカラーと違い、「俺、Appleのファンなんだ」感がかなりアピールできる。

80年代を過ごしてきた人なら(ボクは過ごしてない)、キットこの当時のAppleっぽいカラーを知っているはずだ。そして、Appleファンなら、このカラーに絶対注目しちゃうはずだ。

それぐらい、「AirPods Retro」はThe Appleなカラーなのだ。

こんなカスタムカラーのAirPodsを持っていたら、Appleファンの中でもかなり目立てるだろう。

「AirPods Retro」のお値段が...

1000AirPods Retro 1AirPodsのお値段が159ドルに対して、このカスタムカラー「AirPods Retro」」の値段が…。

399ドル(およそ4万5千円)



Appleファン達よ、試されようとしているぞ。

ちなみに、ColorWareでは、スペースグレイなAirPodsも同様の値段だった。

公式から「ProductRed仕様とか出るんじゃないの?」とか思ってるので、それ待ちってのもアリだ。

でも…これは欲しい(ちなみに熱狂的なファンではない)








-ガジェット
-, , ,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.