おもしろ動画 アート 映画

引くぐらい似ている「ドク博士」のフィギュアを作っていく様子

いやはや、コレは脱帽だ!! 彫刻家Juliana Lepineが作り出す粘土のフィギュア。彼女は、映画『バック・トゥー・ザ・フューチャー』(1985年、ユニバーサルスタジオ)に出てくるキャラクター、ドク博士(エメット・ブラウン、役クリストファー・ロイド)を粘土で作り上げる。 Juliana Lepineのフィギュアの作り方は、まず頭蓋骨を取り出し…、ちょっとグロテスクであるが、そのくみ上げ方が面白いので観て欲しい。

アート

ポケモンが現実世界に居たらこうなる?Joshua Dunlopの描くアート

2019年にリアルにポケモンを表現した『ポケモン 名探偵ピカチュウ』がハリウッドからやってこようとしているが、それの前にリアルなポケモン達を見て少しならしておこう。 ポケモンってゲームやアニメで可愛らしい印象を持っていたのに…まさかのリアルテイストバージョンですからね。 すこしだけ「グロイ」ようにも見えてしまいますが、実際にポケモンが居たら、きっとこんな容姿なんだろうなーというイラストアートを紹介。 このアートを作ったのは、ロンドンを拠点に活動するJoshua Dunlopさん。彼は様々な3Dモデルを作っ ...

アート フィギュア

LEGOで作られた『機械生物』に一目ぼれした!!めっちゃメカめかしい生き物達だ!!!

完全に一目ぼれだ!!LEGOで作られた「機械生物」がかなりメカメカしくて気に入った! アクションフィギュア・ドール用のミニチュア・ルーズパーツを販売しているToyForce (トイフォース)さんのTwitterアカウント@uran120で公開されている"LEGO 機械生物図鑑"がものすごく好みな形状をしている。様々な生き物をLEGOで再現しているシリーズなのだが、その「メカっぽく」表現されているのがめちゃくちゃ「ぐっと」きちゃう。 なにこれ、めっちゃ好きなんだけど、個人(@kissaten)的に気に入っち ...

アート イラスト

カラフルなキャラクターたちのカクテルを描くイラストアート!:Nashi

色彩がめちゃくちゃカラフルできれい!!これは結構好きなイラストだ!一目惚れしたのでご紹介します。 ポケモンやディズニーキャラクターがカクテルに入っているかわいいイラスト描くNashiさんのアート作品。デフォルメされたキャラクターたちがめちゃくちゃかわいいのだ!ディズニーキャラクターはプリンセスたちがめちゃくちゃ良い感じだぞ!!!!! NashiさんはDeviantArtやInstagramでかわいいイラストを公開しています。めちゃくちゃいっぱいイラストがあるよ!

アート

自然で幾何学的な彫刻のアート作品 JaeHyo Lee

韓国人アーティストJaeHyo Leeさんによる彫刻アート作品をご紹介します。木という自然な素材をっ組み合わせて、その自然を保ちつつも、ドコか幾何学的なデザインに魅せる木の彫刻。それは家具のようなものからアレば、とても印象的なオブジェのようなものまで有ります。 JaeHyo Leeさんのインタビュー動画が有りました。そこではコチラのアート作品が制作されていく様子が伺えます。木を組み合わせて、そして焦がしてまた削る。かなり労力を費やしている作品に思えます。

ガジェット

スマホ用の電子スライダーやパノラマタイムラプスヘッドがセットになったガジェット:Grip Gear

投稿日:

たまたま映像機材を調べていた時にであった製品をご紹介します。

スマートフォンだけで映像制作を楽しめるような製品「Grip Gear」。電子スライダーや360°タイムラプスヘッドがセットになったムービーメーカー製品です。

コレ一つあれば、結構こだわった映像を作成できるんじゃないかな!?「Grip Gear」のコンセプトムービーを見てもらえれば、そのすごさがわかるぞ!!!

いまではスマホは割と高画質な時代。アプリとかも合ってそれだけでもこだわれちゃう!!!そこで映像系のガジェットを入れることでさらに進んだ映像を撮影できちゃうぜ!!!

ムービーメーカーGrip Gear


こちらが映像制作の手助けをしてくれるセット「Grip Gear」のコンセプト映像「The Movie Maker」。おそらくこちらの映像も「Grip Gear」を使って作られたと思う。

スムースな移動しながらの撮影が可能な電子スライダーやタイムラプスに最適な360°パンのタイムラプスヘッドがセットになっている。

 

813KZjb9lSL._SL1500_

いったいどれぐらいのインターバルかわからないけど、リモコン操作でのスライダー操作が出来る。レールがあるから安定したスライド撮影が可能っぽい。映像を見る限り、重い機種でなければがたつきもなさそう。

 

81S1VTUhJGL._SL1500_

 

そしてこれが360°パノラマタイムラプスヘッドだ。これってさっきのレールと組み合わせること可能なのかな?可能だったらかなりGoodなガジェットだ。いやいや、これだけでMochaなりお得な感じがする。セットになってるからね。

 

今回ご紹介した「Grip Gear」が提供するコンセプト映像。ちょっと、映像の技術的に「Grip Gear」が出来ることをあんまり表現できていないコンセプト映像なのが残念。なので、他のユーザーさん達が「Grip Gear」を使うとどんな映像を作っちゃうのかご紹介しよう。

Grip Gearを使った映像


こちらはOlympus Tough TG-870やGoProをGrip Gearに載せて撮影された映像「Backyard Sunrise/sunset」。庭で撮影したようだが、ここまで幻想的な感じになるとは…。

こちらはGrip Gearと大きめのカメラを使ったタイムラプス映像「Melting Away - by Beatrice」。子の大きさのカメラが行けるってのは割と驚きだ。

スライダーさせるだけで結構グッドな映像になる。この映像「After the ice storm」もGrip Gearを使って撮影されたのだ。

一歩先の映像を!

つまるところ、「Grip Gear」が撮影できるのは、スライダーとタイムラプス映像。でも、それを撮るだけでも、かなり魅力的な映像になっちゃってるのがよくわかる。

実は、「Grip Gear」は、日本のAmazonでも入手可能なのだ。ちょっと手を出してみたい気になるなー。GoProとかマウントさせて撮っちゃう?

キット素敵な映像を撮ることが出来ちゃうだろうな!!

Home[関連]
Grip Gear[Facebook]








-ガジェット
-, , , , ,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.