アニメ アート イラスト

アニメキャラが暴れ、アニメーターのパソコンが破壊されまくるAlan Beckerのスゴイムービー!

アニメアイディアがピカ一なAlan Beckerによるアニメをご紹介します。 彼の作るアニメは、「すごい」「なんじゃこりゃ」を思わせる作品です。 パソコンの中で生きていたアニメキャラ(棒人間)が、フレームの枠を超えて、暴れまわる!それに気づいたアニメーターが、それらを削除しようとするも、仲間を殺されたアニメキャラは怒り、パソコンの中を破壊しまくっちゃう! Alan Beckerさんの4作目の動画なのですが、その脅威のアイディア、生きたアニメにきっと驚くでしょう。それでは13分ちょっとありますが、惹きこまれ ...

アート フィギュア

LEGOで作られた『機械生物』に一目ぼれした!!めっちゃメカめかしい生き物達だ!!!

完全に一目ぼれだ!!LEGOで作られた「機械生物」がかなりメカメカしくて気に入った! アクションフィギュア・ドール用のミニチュア・ルーズパーツを販売しているToyForce (トイフォース)さんのTwitterアカウント@uran120で公開されている"LEGO 機械生物図鑑"がものすごく好みな形状をしている。様々な生き物をLEGOで再現しているシリーズなのだが、その「メカっぽく」表現されているのがめちゃくちゃ「ぐっと」きちゃう。 なにこれ、めっちゃ好きなんだけど、個人(@kissaten)的に気に入っち ...

アニメ アート 映画

有名俳優達をコミック風にデザインするアーティスト、トニースタークやドクターストレンジ等

フェイスデザイナーXi Dingさんによる、有名俳優のキャラクターをコミック風に変えちゃうアートをご紹介。「アイアンマン」のトニースタークや、ドクターストレンジなど、主にMarvel(マーベル)系のキャラクターを良い感じにトゥーンしてくれる。 とにかくできあがったモノが良い感じ!! どこかディズニーっぽいのも良い感じ。 もちろん、マーベル以外の作品もあるんだけど、それらすべて、特徴をよく捉えている。

iPhone アート

様々な映画にみる構図、結構決まっているみたい:Composition Cam

様々な構図がわかるアプリ「Composition Cam」のInstagramアカウントでは、アプリの特性にちなんで、「映画の中にある構図」を色々と知ることができます。様々な映画の中には構図のパターンが有り、どういった映画の構図がアルカをわかりやすく紹介しています。 「あの有名な映画にも構図が使われているなんて」を思わず感心できる映画の構図集です。 「Composition Cam」のアプリ自体は、正直たいしたことないのですが、様々な映画の中の構図に隠された「グリッド」や「サークル」を知っておくだけでも映 ...

アート イラスト

すげー!立体的コップのリアルイラストが作られていく様子!

絵を三次元的に描くことに憧れを持っていたのですが、それを更にリアルさを増すと、まるでそこに有るかのように見えてしまうのですね。 アーティストであるPortraitmaler Pabstさんによって描かれていく立体的なコップ。かなりリアルに描かれており、本当にそこに有るかのように見えます。Portraitmaler Pabstさんがそれらを描いていく過程をご覧になれます。

アート 写真

ライトペインティングのプロによる美しい光の花:Hannu Huhtamo

投稿日:

『ライトニングペイント』と言うアートのジャンルをご存知だろうか?カメラの長時間露光機能を使って、そのシャッターを切っている間に色々な光を与えて、「光で色々と描く」ことでアートとする物だ。

カメラの設定を長時間露光で撮影するだけなので、割と誰でも簡単にチャレンジできるジャンルだったりする。

そんな『ライトニングペイント』のプロであるフィンランドのアーティストHannu Huhtamoさんが行うアートがかなりスゴイ。1枚の写真の中に、この世の物とは思えないほど美しい光で作られた花が登場している。

しかも、どうやらPhotoshopをいっさい使ってないとか!?すごいぞそれ!!

ライトニングペイントのプロ、Hannu Huhtamo

Light 1 1 800x533Light 2 1 800x533Light 3 1 800x533Light 4 800x533Light 5 800x533Light 6 800x533Light 7 800x533

多重露光を使って作られた光の花。そのどれもが美しく、写真の世界に咲いている。ライトの色によって、周りが照らされているのもなんだか美しい。

さて、いったいこの写真をどうやって作ったのだろうか?Great Big StoryのYouTubeチャンネルにて、Hannu Huhtamoさんがこれらの作品を作るために行っている手法なんかがわかる。

Hannu Huhtamoさんによるライトペインティング


基本的にHannu Huhtamoさんは懐中電灯やその他ツールで絵を描いている。カメラの多重露光の間、それらの光で描いているのだ。流れるように光が描かれているのは、弱めの光を点灯させ続けているということだ。

なるほど、これはライトペインティングの参考になる。多重露光なので、暗闇で撮影したにも関わらず最終的にでき上がった物は割と明るい写真になっている。

これをPhotoshop無しで、カメラの機能だけで仕上げているのが本当に素晴らしい事だ。

さて、今回ご紹介したHannu Huhtamoさんの作品以外にも、モチロン様々なライトペインティングがWEB上で公開されている。コレ系のアート作品が好きなら、きっとHannu Huhtamoさんの世界に惚れてしまうだろう。

下記はHannu Huhtamoさん関連のリンクです。興味があれば、ぜひそれらを覗いて行きましょう!














-アート, 写真
-, , , , , ,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.