アート イラスト

侍になったドラゴンボールキャラクター:Guillem Daudén

スペインバルセロナで活動するコンセプトアーティストGuillem Daudénさんによるイラストアートを紹介します。Guillem Daudénさんは「もしも侍になったら?」を思わせるように、鳥山明さんのドラゴンボールを「侍風イラスト」に描いてくれます。ちなみにそのときの名義は「kenji_893」です。

侍風になった孫悟空やベジータ、トランクスなど、「え、めっちゃサムライに合うじゃん」と思わせてくれるようなイラストなど。ドラゴンボールキャラクターがサムライになったらこうなるぞというイラストを紹介します。

サムライの世界にきたドラゴンボールのキャラクター

サムライ風孫悟空

まずはやっぱり主人公の孫悟空です。元々胴着が似合ってるだけ合って、こういったサムライ風の姿でも決まっちゃってます。刀のほかに、四星球(すーしんちゅう)や如意棒なんてアイテムも見れます。足袋をはいても結構似合うんだなーって感じですね。

そしてこちらは孫悟空のライバル、ベジータです。あの戦闘服が「甲冑」と捉えているあたり、いい感じですね。髷姿も結構似合ってます。

そしてこちらはフュージョンした姿のベジットとゴジータですね。雰囲気はそれぞれ違えど、「強い」感はめっちゃ出ています。

The野生児でもあるブロリーはこんな姿になってます。太刀を使うあたり「っぽい」ですね。

孫悟飯とトランクスのおちゃらけているような戦い。トレーニング的なシーンでしょうか。なんか微笑ましいですね。

っと思いきや、スーパーサイヤジンになって本気モードの戦いに一変。表情ってやっぱり大切ですね。

ソロバージョンの大人トランクス。サムライと言うより、忍者っぽい雰囲気があります。尻尾も生えていますね。

こちらはドラゴンボールヒロインのブルマ。巻物を持って何か良からぬことを考えていそう。

まるで弁慶のような服装をしたピッコロ。槍に魔貫光殺砲など、遠距離攻撃は強そう。

そしてこちらの姿は悟空の父であるバーダック。これはもしや、フリーザと対峙する前の姿なのか?

まだまだドラゴンボールシリーズは書かれそう?

サムライシリーズ以外にも、ドラゴンボールのキャラクターを描いているGuillem Daudénさん。現在はこれぐらいのサムライドラゴンボールシリーズしかありませんが、まだまだ魅力的なキャラクターやこれまでGuillem Daudénさんが描いていたキャラクター達ももしかしたらサムライ化するのではないかなと思っています。

個人的にはセルや人造人間シリーズを描いてほしいですね。

Guillem DaudénさんのinstagramやTwitterなどを追っかけておけば、新たな作品にいち早くであるかも?

以下にいくつかのリンクを置いておきます。

Instagram

作品プリントサービスInPrint

DeviantArt

Twitter














-アート, イラスト
-, , ,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.