アート

流木からドラゴンなどを作るJames Doran-Webbの流木アート

フィリピン島の海岸にはいくつかの流木が流れ着くことがあるそうです。アーティストのJames Doran-Webbさんは、その流木を組み合わせて、ものすごいレベルの様々な流木アート作品を作り上げている人です。 James Doran-Webbさんが作った流木の彫刻は、それはそれはまるで「生きている」かのような出来栄えで、そのすごさに目を奪われてしまうのではないでしょうか。とても良くできた造形物だと思います。 James Doran-Webbさんが製作したいくつかの流木アートが公開されていましたのでご紹介しま ...

アート 写真

ライトペインティングのプロによる美しい光の花:Hannu Huhtamo

『ライトニングペイント』と言うアートのジャンルをご存知だろうか?カメラの長時間露光機能を使って、そのシャッターを切っている間に色々な光を与えて、「光で色々と描く」ことでアートとする物だ。 カメラの設定を長時間露光で撮影するだけなので、割と誰でも簡単にチャレンジできるジャンルだったりする。 そんな『ライトニングペイント』のプロであるフィンランドのアーティストHannu Huhtamoさんが行うアートがかなりスゴイ。1枚の写真の中に、この世の物とは思えないほど美しい光で作られた花が登場している。 しかも、どう ...

アート 音楽

「雪だるまつくろ〜♪」映画『アナと雪の女王』の歌パートを実写で再現した素敵なやつ

2013年のディズニー映画(日本では2014年)『アナと雪の女王』に出てくる歌パートを実写で行ってみた素敵な動画をご紹介します。 かわいらしい「アナ」の歌う「雪だるまつくろう」(原題:Do You Want to Build a Snowman?)や、ハンスと共に歌う「とびら開けて」(原題:Love is an open door)などが実写になってとっても素晴らしくなっています。 『アナと雪の女王』ファンに是非ともご覧になって欲しいです。

アート イラスト

「父が7年かけた迷路」がすごすぎる!そしてその続編も…。

2013年ごろ、Twitterユーザーの@Kya7yさんによって投稿されたとある「迷路」。なんでも彼女の父 (野村一雄)さんによって「7年間かけて」作られたA1サイズの用紙びっしりの迷路があるという。 このすごく細かい迷路は瞬く間にTwitterの間で広がり、国内外の様々な差違とで取り上げられた事とでも有名です。また、「Spoon&Tamago」でこの迷路が販売されてい事も知っているでしょう。 さて、この話に続きが有るのをご存知だろうか?2014年ごろ、再び彼女の父が迷路を造っていることを…。

アート

影にメッセージが現れるワイヤーアート by Fred Eerdekens

一見するとぐちゃぐちゃに折り曲げられた金属のワイヤーのオブジェ。ところが、ワイヤーに光を投射し、壁に映し出されたワイヤーの影を見ると、とあるメッセージがあらわれるアート作品。この作品の製作者であるFred Eerdekensさんは、影を使ってメッセージを伝えるアート作品を作っているのです。 その一つ一のメッセージ自体も作品になっています。

アート イラスト

侍になったドラゴンボールキャラクター:Guillem Daudén

投稿日:

スペインバルセロナで活動するコンセプトアーティストGuillem Daudénさんによるイラストアートを紹介します。Guillem Daudénさんは「もしも侍になったら?」を思わせるように、鳥山明さんのドラゴンボールを「侍風イラスト」に描いてくれます。ちなみにそのときの名義は「kenji_893」です。

侍風になった孫悟空やベジータ、トランクスなど、「え、めっちゃサムライに合うじゃん」と思わせてくれるようなイラストなど。ドラゴンボールキャラクターがサムライになったらこうなるぞというイラストを紹介します。

サムライの世界にきたドラゴンボールのキャラクター

サムライ風孫悟空

まずはやっぱり主人公の孫悟空です。元々胴着が似合ってるだけ合って、こういったサムライ風の姿でも決まっちゃってます。刀のほかに、四星球(すーしんちゅう)や如意棒なんてアイテムも見れます。足袋をはいても結構似合うんだなーって感じですね。

そしてこちらは孫悟空のライバル、ベジータです。あの戦闘服が「甲冑」と捉えているあたり、いい感じですね。髷姿も結構似合ってます。

そしてこちらはフュージョンした姿のベジットとゴジータですね。雰囲気はそれぞれ違えど、「強い」感はめっちゃ出ています。

The野生児でもあるブロリーはこんな姿になってます。太刀を使うあたり「っぽい」ですね。

孫悟飯とトランクスのおちゃらけているような戦い。トレーニング的なシーンでしょうか。なんか微笑ましいですね。

っと思いきや、スーパーサイヤジンになって本気モードの戦いに一変。表情ってやっぱり大切ですね。

ソロバージョンの大人トランクス。サムライと言うより、忍者っぽい雰囲気があります。尻尾も生えていますね。

こちらはドラゴンボールヒロインのブルマ。巻物を持って何か良からぬことを考えていそう。

まるで弁慶のような服装をしたピッコロ。槍に魔貫光殺砲など、遠距離攻撃は強そう。

そしてこちらの姿は悟空の父であるバーダック。これはもしや、フリーザと対峙する前の姿なのか?

まだまだドラゴンボールシリーズは書かれそう?

サムライシリーズ以外にも、ドラゴンボールのキャラクターを描いているGuillem Daudénさん。現在はこれぐらいのサムライドラゴンボールシリーズしかありませんが、まだまだ魅力的なキャラクターやこれまでGuillem Daudénさんが描いていたキャラクター達ももしかしたらサムライ化するのではないかなと思っています。

個人的にはセルや人造人間シリーズを描いてほしいですね。

Guillem DaudénさんのinstagramやTwitterなどを追っかけておけば、新たな作品にいち早くであるかも?

以下にいくつかのリンクを置いておきます。

Instagram

作品プリントサービスInPrint

DeviantArt

Twitter








-アート, イラスト
-, , ,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.