プチプチ君の気泡にインクを注入してドットな肖像画を作るアート

プチプチ君の気泡にインクを注入してドットな肖像画を作るアート

郵送など、荷物を梱包する時に役に立つアイツ。気泡緩衝材、通称「プチプチ」をキャンバスに見立てたアート作品をご紹介します(Bubble Wrap Artというアートだそうです)。

プチプチ君の気泡一つ一つにインクを注入して、まるでドット絵アートの様に肖像画を作っていくものです。

プチプチ君で描かれるのは、アメリカ・アラバマ州出身の歌手ベス・ソーンリーの肖像画。段々とでき上がっていく彼女の肖像画が素晴らしいことになっています。作られていく映像はタイムラプスなのでその素早い動きが面白い。

※「プチプチ」は川上産業株式会社の登録商標です。この記事ではわかりやすくするために「プチプチ」という表現をさせていただきます。

プチプチ君に描かれるベス・ソーンリー

注射器にインクをそれぞれのカラーで入れ、プチプチ君に注入してくというアート。無数にあるプチプチに入れていくのはなかなか骨の折れる作業です。そして出来上がったのはニット帽をかぶったベス・ソーンリーの肖像画です。

この作業にいったいどれぐらいの時間をかけたのだろうか?映像の最後に出てくる注射器の量を見れば、どれほどの労力がかかったか良くわかるでしょう。

この作品を作ったMichael Fischlerさんは、他にもミュージシャンのローラ・ジャンセン (Laura Jansen)さんを同じようにBubble Wrap Artにした作品を公開しております、合わせてご覧下さい。

それにしても「プチプチ」君がこんな感じにアートになるなんて、何だか不思議ですね。

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です