フリスビー射出装置をDIYしちゃった人

フリスビー射出装置をDIYしちゃった人

フリスビーって円板状の飛び道具。映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズでもマーティーはフリスビーを使って色々な局面から脱出しちゃうぐらい、実は重要アイテムになってるとかいう話し知ってた?

そんなフリスビー射出装置をDIYしちゃった人をご紹介!いったいどうやって出来ているのか?フリスビー射出装置を作っていく過程が公開されていた。

Making a frisbee launcher

Project : Making a frisbee launcher

動画冒頭、フリスビーを飛ばす装置を紹介して、そこから数分の制作過程が有る。もうちょっと動画を短く出来たのではないかと思います。動画の3分15秒当たりから、やっと飛ばす装置の秘密もわかり、実際にフリスビーを飛ばすシーンへと移る。

youtu.be-0rFILFGE1TU

木製の土台。フリスビーの軌道の枠をこの土台に取り付ける。

youtu.be-0rFILFGE1TU (1)

フリスビー射出装置の要となる部分はどうやら自転車のタイヤのようだ。

youtu.be-0rFILFGE1TU (2)

ソレを取りつけ、実際にフリスビーを転がしてみる。

youtu.be-0rFILFGE1TU (3)

なんと動力は電動ドライバー!まじかよ、めっちゃ簡単な仕組みだった。

フリスビーって何だか気軽に遊ぶものだと思ってたけど、ここまでこだわって射出装置作っちゃうのがスゴイな。なんか尊敬する。

マーティーもこれぐらいの威力があったらビフをノックアウトできていただろうな。

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です