PC版MGS5:GZは小島監督でゲームをプレイ可能!?

PC版MGS5:GZは小島監督でゲームをプレイ可能!?

なんてこった、とある海外サイトを見ていたら、MGS5のOP画面に小島監督の顔が!これはPC版のMGS5:GZのプレイ動画なのですが、いったいどういうことなのだろうか…。でも動画とその真相についてご紹介したい。

小島監督でプレイ!?

この映像に映っている人物、これはどう見てもMGSを作った男、小島秀夫(こじまひでお)監督です。これは考えればとっても簡単なことです。実はMGS5:GZには小島英男監督を救出するサブミッションがあります。そのデータとスネークのデータを入れ替えたと考えればいいのです。

実際に動画を見てみれば、本来呼吸するはずの無いキャラクターなので顔の膨らみが奇妙な感じです。スネークが呼吸するたびに小島監督の顔がいように膨らむのはその性でもあります(動画最後らへん)。

実際にプレイしている動画

実際に小島監督が動き回っている状態をご紹介。ちゃんと動いていることがわかります。

キャラクター入れ換え

敵兵が雷電だったりスカルフェイスがスネークだったりスネークがスカルフェイスだったり何でもアリなMAD的なものが完成。最後はえげつない。

一応やりかたメモ

一応メモとしてPC版MGS5:GZのキャラクター入れ換え方法を公開している動画をご紹介します。ぶっちゃけ、ゲームのデータが壊れるかも知れないので全く推薦しませんし、やったらやったでMGSと言う作品に対してどう思っているのかを良ーく考えて欲しいものです。

それにしても、MGSのムービーシーンがそのままキャラクターを使って作られているのはすごいですね。MGS2でもシーンのキャラクターを入れ替えれちゃうモードがありましたから、それっぽい感じもします。

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です