アート イラスト

まさにバッドエンド!ディズニーキャラの悪役がもしも勝ってしまったら…。

とても見ていて胸を痛めてしまいます。いくつかのディズニー映画に登場する悪役(ヴィラン)が「もしも映画内で勝ってしまったら?」をイラスト化した、DeviantArtユーザーのjustin-mctwispさんの作品をご紹介します。 正直、イラストを拝見した時に「胸くそ悪い」と思ってしまうほど、映画に詰まっている愛をぶち壊すほどの内容です。まさに「バッドエンド」な結果になってしまった、ディズニーキャラクター達をご覧下さい。

LEGO アート

LEGOで作ったターンテーブルがしっかりとレコードを鳴らしている

LEGOって何でも出来ちゃうんですね!韓国人のLEGO愛好家であるHayarobiさんが、LEGOをつかったターンテーブル「The Planet」を作り上げました! タダ回転するだけでなく、しっかりと音まで鳴らせてしまうらしいです。カートリッジにはオーディオテクニカのものが使われているから、しっかりと鳴らせてくれるというものです。 いやー、LEGOって何でも出来る物だと思ってましたが、ターンテーブルまで作っちゃうとはすごいですね!それでは、HayarobiさんのLEGOターンテーブル「The Planet ...

アート

自室をバンクシー美術館に出来ちゃうウォールステッカー

イギリスのロンドンを中心に活動する覆面アーティスト「バンクシー」(Banksy)。彼の作品は、社会風刺的グラフィティアートなストリートアート作品を世界各地でゲリラ的に行っちゃう。有名美術館に自身の作品を勝手に置いちゃうなどのパフォーマンスで、「芸術テロリスト」なんて呼ばれ方もしている。 そんなバンクシーの作品にはどこか魅力的なとこが有り、ソレの価値を思う人もいるようです。2007年2月に行われたサザビーズ主催のオークションでは、バンクシーの作品計6点が総額37万2千ポンド(日本円で約8500万円以上)で落 ...

アート

細かい切り絵に惚れちゃうな。Suzy Taylorの切り絵アート

ネットを散策していたら、素敵な切り絵氏を見つけました。こちらのドクロの切り絵を作ったのはスージー・テイラー(Suzy Taylor)さん。Facebookページ(Folk Art Papercuts名で活動)やEtsyでこれらの作品を見ることが出来ます。 切り絵ってどこからがプロなのかわかりませんが、全ての切り絵を行う人を尊敬しています。良くこんな細かいことできちゃうなーと。ということで、スージーさんの作品をいくつかご紹介します。主にFacebookからのご紹介です。

アート

Processingで作成した美しいGIFアニメーション

Processingを使って作られた美しいGIFアニメーションを公開しているdave whyteさんの作品をご紹介します。規則正しく動くアニメーションは半永久的に観測したくなってきます。 Processingとは Processing(プロセシング)は、キャセイ・レアス(英語版)(Casey Reas)とベンジャミン・フライ(英語版)(Benjamin Fry)によるオープンソースプロジェクトであり、かつてはMITメディアラボで開発されていた。電子アートとビジュアルデザインのためのプログラミング言語であり ...

ゲーム

惑星を植民地化していく戦略シミュレーションゲーム:Poly Universe

投稿日:

過去には市長になって街を作っていく「シムシティ」やアリたちを見ていく「シムアント」など様々な戦略シミュレーションゲームが存在していました。そしてボクはそれにハマってきた側の人間です。

PCゲーム、PCソフトウェアのプラットフォームであるSteam(スチーム)にて、面白そうな戦略シミュレーションゲームを見つけたのでご紹介します。

ひとつの惑星を植民地化していく戦略シミュレーションゲーム「Poly Universe」は、惑星にある資源を活用して、だんだんと成長させていったり見ていくゲームです。こういうの「コロニーシム」って言うらしい。

遂に惑星までも…と思いましたが、どうやら惑星の大きさはそんなに大きくない様子。それでもあのめまぐるしく動く住人達を見て微笑ましいのは、やっぱり戦略シミュレーションゲームが好きなんだなーと改めて実感しました。

ってことで、ゲーム「Poly Universe」をご紹介!

惑星植民地化ゲーム「Poly Universe「

まずは、「Poly Universe」のコンセプト映像をご覧あれ。映像自体は大分前に公開されたモノです。

惑星に不時着したロケットから何人かのキャラクターが現れ、惑星の資源という資源を集めるシーンがあります。資源を集め、建物を建設。このあたりは戦略シミュレーションゲームにあるあるな展開です。

そうしているうちに、別のロケットが現れ、その中のキャラクターと闘うシーンもあります。

そしてキャラクター達は戦いに勝ち、相手のロケットから別の資源を受け取る。

シーンは移り変わり、ロケットを発射させるシーン。どうやら別の惑星に行けるらしく、そこでも資源を集めていけるようだ。

Poly Universe Steam Trailer 0 17 screenshot 1000x562

これが資源を集めているシーン。めまぐるしく動くキャラクター達。どうやら倍速設定などがあるようだ。

Poly Universe Steam Trailer 0 29 screenshot 1000x562

住居を確保したりすると、惑星の住人達の人数が増えていくみたい。

Poly Universe Steam Trailer 0 47 screenshot 1000x562

なぞのロケットから敵が現れ闘うことに。そして勝利するとロケットから資源を得れる…と。もしも負けてしまったらどうなるのだろうか?

Poly Universe Steam Trailer 1 4 screenshot 1000x562

おそらく、惑星を発展させまくったら飛ばせるであろうロケット。このロケットを飛ばして別の惑星に飛んでいけるみたい。

説明によると、惑星には資源が「限られて」いるらしく、他の資源を得ていくために惑星を飛び回るのだろうと思われる。そして惑星間で貿易をし、さらに惑星を発展させていくのだろう。

住人達にはそれぞれパラメーターがアリ、健康、幸福、教育と、シムシティっぽい要素が入っている。これも建物を発展させたりすれば変わるのだろうかな。

すでにプレイしている人が入る

とあるユーザーが実際に「Poly Universe」をプレイしている様子を紹介している。先のコンセプト映像とは違い、とても細かくその様子が紹介されている。

コチラの映像では、惑星の大きさの違いや季節があることが分かった。さらには、惑星の資源を生成する(耕す)様子もうかがえることから、タダ単に資源を消費するだけ以外の遊びも存在するみたいだ。

そしてこちらがそのパート2の映像。

20分以上有るこの映像の後半に、敵のロケットが多量に表れるという恐ろしいシーンが存在する。それによって、惑星の住人は全滅…どうなってしまうかはその目で見て欲しい。



惑星植民地化ゲーム「Poly Universe」は、日本語対応していませんが、Steam内で1,010円で購入可能。Windows、Mac、Linuxで動作するので、こういったゲームに興味あるなら是非ともやってみよう!!








-ゲーム
-,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.