アニメ アート イラスト

アニメキャラが暴れ、アニメーターのパソコンが破壊されまくるAlan Beckerのスゴイムービー!

アニメアイディアがピカ一なAlan Beckerによるアニメをご紹介します。 彼の作るアニメは、「すごい」「なんじゃこりゃ」を思わせる作品です。 パソコンの中で生きていたアニメキャラ(棒人間)が、フレームの枠を超えて、暴れまわる!それに気づいたアニメーターが、それらを削除しようとするも、仲間を殺されたアニメキャラは怒り、パソコンの中を破壊しまくっちゃう! Alan Beckerさんの4作目の動画なのですが、その脅威のアイディア、生きたアニメにきっと驚くでしょう。それでは13分ちょっとありますが、惹きこまれ ...

アート フィギュア

LEGOで作られた『機械生物』に一目ぼれした!!めっちゃメカめかしい生き物達だ!!!

完全に一目ぼれだ!!LEGOで作られた「機械生物」がかなりメカメカしくて気に入った! アクションフィギュア・ドール用のミニチュア・ルーズパーツを販売しているToyForce (トイフォース)さんのTwitterアカウント@uran120で公開されている"LEGO 機械生物図鑑"がものすごく好みな形状をしている。様々な生き物をLEGOで再現しているシリーズなのだが、その「メカっぽく」表現されているのがめちゃくちゃ「ぐっと」きちゃう。 なにこれ、めっちゃ好きなんだけど、個人(@kissaten)的に気に入っち ...

アニメ アート 映画

有名俳優達をコミック風にデザインするアーティスト、トニースタークやドクターストレンジ等

フェイスデザイナーXi Dingさんによる、有名俳優のキャラクターをコミック風に変えちゃうアートをご紹介。「アイアンマン」のトニースタークや、ドクターストレンジなど、主にMarvel(マーベル)系のキャラクターを良い感じにトゥーンしてくれる。 とにかくできあがったモノが良い感じ!! どこかディズニーっぽいのも良い感じ。 もちろん、マーベル以外の作品もあるんだけど、それらすべて、特徴をよく捉えている。

iPhone アート

様々な映画にみる構図、結構決まっているみたい:Composition Cam

様々な構図がわかるアプリ「Composition Cam」のInstagramアカウントでは、アプリの特性にちなんで、「映画の中にある構図」を色々と知ることができます。様々な映画の中には構図のパターンが有り、どういった映画の構図がアルカをわかりやすく紹介しています。 「あの有名な映画にも構図が使われているなんて」を思わず感心できる映画の構図集です。 「Composition Cam」のアプリ自体は、正直たいしたことないのですが、様々な映画の中の構図に隠された「グリッド」や「サークル」を知っておくだけでも映 ...

アート イラスト

すげー!立体的コップのリアルイラストが作られていく様子!

絵を三次元的に描くことに憧れを持っていたのですが、それを更にリアルさを増すと、まるでそこに有るかのように見えてしまうのですね。 アーティストであるPortraitmaler Pabstさんによって描かれていく立体的なコップ。かなりリアルに描かれており、本当にそこに有るかのように見えます。Portraitmaler Pabstさんがそれらを描いていく過程をご覧になれます。

Apple

Keynoteを使ってiMovieの合成用素材を作る!

投稿日:11月6日 更新日:

前回、KeynoteでiMovie用の動画のOPを作るTIPSをご紹介しました。今回は、Keynoteを使って、同様の手順でiMovieの「合成用素材」を作る方法をご紹介します。まずは例のごとく、作った動画を見ていただいて、そこから解説に入りたいと思います。

今回はほぼiMovie側がやってくれるので、ユーザーは特に考えることなく「配置」をしていけばiMovieで合成ができます。

ちなみに、@kissatenはiMovie3日目なのでそこらへんはよろしくお願いします。それでは、Keynoteを使って、iMovie用の合成素材の作り方TIPSです。

※現在はFinal Cut Proを使っています

KeynoteとiMovieの組み合わせ!

まずはこちらが実際にKeynoteを使って合成素材を作成し、iMovieに埋め込んだ動画です。

ダンボーさんを動かしているのがメイン動画で、文字の出現がKeynoteで作成しました。前回の記事では、Keynoteを使っての動画のOPの作成方法でしたが、今回は「合成素材」の作成方法です。

AdobeのAfter Effectsとかがあれば、もっと簡単にできるんでしょうけど、KeynoteとiMovieがあれば、こういうことも可能なのです。手間はそんなにかかりませんでした。

背景を緑にするだけ

先にネタバレしますと、前回の記事で紹介した、Keynoteの「アニメーション」を使います。

前回とちょっと違いのは、「背景」を緑色で塗りつぶしています。つまり、グリーンバック合成をやってみたわけです。iMovieでできるということが分かったので試してみました。

背景を緑にする(Keynote)

背景を緑に塗る

図形の「スタイル」より「塗りつぶし」で緑色を選択します。最背面に置きたい場合は、「スタイル」の右にある「配置」より最背面に持ってきます。

あとは前回の記事同様に、「アニメーション」を適応させてあげて、動画で「書き出し」を行います。

Keynoteを使えばiMovieで凝った映像が作れます
Keynoteを使えばiMovieで凝った映像が作れます

iMovieのOP作成にKeynoteを使う手法をご紹介します。Keynoteの「アニメーション」を使えば、なかなか凝った動画OPを作ることができます。実際に作ったOP動画とKeynoteでの動画作成 ...

続きを見る

グリーン/ブルースクリーン(iMovie)

メイン動画に重ねる

次はiMovie側で、書き出されたKeynoteをメイン動画の上に持ってきます。動画の上にドロップしてあげる感じにすると動画の上の帯に、のっかります。このままだと、緑の画面が写っちゃいますので、それを今から消します。

アイコンが増えます

動画を重ねると、アイコンが一つ増えます。そのアイコンを押すと、「グリーン/ブルースクリーン」の項目が選択でき、それを押せば緑色が自動的に消されます。

まとめ

たったこれだけの作業であっけにとられるかもしれませんが、この合成を使えば、例えばKeynoteで吹き出しを作って主人公に吹き出しをあてがうこともできます。つまり、「合成」が使えるということで色々と利用価値があるということになります。

  • Keynoteで背景を緑に塗る
  • iMovieに動画を重ねると項目が増える
  • 増えた項目の「グリーン/ブルースクリーン」を選択

たったこれだけで、動画の合成ができました。KeynoteとiMovieを所持している人は、ぜひ動画の合成を楽しんでください!

Final Cut Pro Xガイドブック[第4版]

Final Cut Pro Xガイドブック[第4版]

加納 真
3,456円(06/17 21:05時点)
発売日: 2018/11/16
Amazonの情報を掲載しています














-Apple
-, ,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.