アート イラスト

まさにバッドエンド!ディズニーキャラの悪役がもしも勝ってしまったら…。

とても見ていて胸を痛めてしまいます。いくつかのディズニー映画に登場する悪役(ヴィラン)が「もしも映画内で勝ってしまったら?」をイラスト化した、DeviantArtユーザーのjustin-mctwispさんの作品をご紹介します。 正直、イラストを拝見した時に「胸くそ悪い」と思ってしまうほど、映画に詰まっている愛をぶち壊すほどの内容です。まさに「バッドエンド」な結果になってしまった、ディズニーキャラクター達をご覧下さい。

LEGO アート

LEGOで作ったターンテーブルがしっかりとレコードを鳴らしている

LEGOって何でも出来ちゃうんですね!韓国人のLEGO愛好家であるHayarobiさんが、LEGOをつかったターンテーブル「The Planet」を作り上げました! タダ回転するだけでなく、しっかりと音まで鳴らせてしまうらしいです。カートリッジにはオーディオテクニカのものが使われているから、しっかりと鳴らせてくれるというものです。 いやー、LEGOって何でも出来る物だと思ってましたが、ターンテーブルまで作っちゃうとはすごいですね!それでは、HayarobiさんのLEGOターンテーブル「The Planet ...

アート

自室をバンクシー美術館に出来ちゃうウォールステッカー

イギリスのロンドンを中心に活動する覆面アーティスト「バンクシー」(Banksy)。彼の作品は、社会風刺的グラフィティアートなストリートアート作品を世界各地でゲリラ的に行っちゃう。有名美術館に自身の作品を勝手に置いちゃうなどのパフォーマンスで、「芸術テロリスト」なんて呼ばれ方もしている。 そんなバンクシーの作品にはどこか魅力的なとこが有り、ソレの価値を思う人もいるようです。2007年2月に行われたサザビーズ主催のオークションでは、バンクシーの作品計6点が総額37万2千ポンド(日本円で約8500万円以上)で落 ...

アート

細かい切り絵に惚れちゃうな。Suzy Taylorの切り絵アート

ネットを散策していたら、素敵な切り絵氏を見つけました。こちらのドクロの切り絵を作ったのはスージー・テイラー(Suzy Taylor)さん。Facebookページ(Folk Art Papercuts名で活動)やEtsyでこれらの作品を見ることが出来ます。 切り絵ってどこからがプロなのかわかりませんが、全ての切り絵を行う人を尊敬しています。良くこんな細かいことできちゃうなーと。ということで、スージーさんの作品をいくつかご紹介します。主にFacebookからのご紹介です。

アート

Processingで作成した美しいGIFアニメーション

Processingを使って作られた美しいGIFアニメーションを公開しているdave whyteさんの作品をご紹介します。規則正しく動くアニメーションは半永久的に観測したくなってきます。 Processingとは Processing(プロセシング)は、キャセイ・レアス(英語版)(Casey Reas)とベンジャミン・フライ(英語版)(Benjamin Fry)によるオープンソースプロジェクトであり、かつてはMITメディアラボで開発されていた。電子アートとビジュアルデザインのためのプログラミング言語であり ...

Apple

Keynoteを使ってiMovieの合成用素材を作る!

投稿日:11月6日 更新日:

前回、KeynoteでiMovie用の動画のOPを作るTIPSをご紹介しました。今回は、Keynoteを使って、同様の手順でiMovieの「合成用素材」を作る方法をご紹介します。まずは例のごとく、作った動画を見ていただいて、そこから解説に入りたいと思います。

今回はほぼiMovie側がやってくれるので、ユーザーは特に考えることなく「配置」をしていけばiMovieで合成ができます。

ちなみに、@kissatenはiMovie3日目なのでそこらへんはよろしくお願いします。それでは、Keynoteを使って、iMovie用の合成素材の作り方TIPSです。

※現在はFinal Cut Proを使っています

KeynoteとiMovieの組み合わせ!

まずはこちらが実際にKeynoteを使って合成素材を作成し、iMovieに埋め込んだ動画です。

ダンボーさんを動かしているのがメイン動画で、文字の出現がKeynoteで作成しました。前回の記事では、Keynoteを使っての動画のOPの作成方法でしたが、今回は「合成素材」の作成方法です。

AdobeのAfter Effectsとかがあれば、もっと簡単にできるんでしょうけど、KeynoteとiMovieがあれば、こういうことも可能なのです。手間はそんなにかかりませんでした。

背景を緑にするだけ

先にネタバレしますと、前回の記事で紹介した、Keynoteの「アニメーション」を使います。

前回とちょっと違いのは、「背景」を緑色で塗りつぶしています。つまり、グリーンバック合成をやってみたわけです。iMovieでできるということが分かったので試してみました。

背景を緑にする(Keynote)

背景を緑に塗る

図形の「スタイル」より「塗りつぶし」で緑色を選択します。最背面に置きたい場合は、「スタイル」の右にある「配置」より最背面に持ってきます。

あとは前回の記事同様に、「アニメーション」を適応させてあげて、動画で「書き出し」を行います。

Keynoteを使えばiMovieで凝った映像が作れます
Keynoteを使えばiMovieで凝った映像が作れます

iMovieのOP作成にKeynoteを使う手法をご紹介します。Keynoteの「アニメーション」を使えば、なかなか凝った動画OPを作ることができます。実際に作ったOP動画とKeynoteでの動画作成 ...

続きを見る

グリーン/ブルースクリーン(iMovie)

メイン動画に重ねる

次はiMovie側で、書き出されたKeynoteをメイン動画の上に持ってきます。動画の上にドロップしてあげる感じにすると動画の上の帯に、のっかります。このままだと、緑の画面が写っちゃいますので、それを今から消します。

アイコンが増えます

動画を重ねると、アイコンが一つ増えます。そのアイコンを押すと、「グリーン/ブルースクリーン」の項目が選択でき、それを押せば緑色が自動的に消されます。

まとめ

たったこれだけの作業であっけにとられるかもしれませんが、この合成を使えば、例えばKeynoteで吹き出しを作って主人公に吹き出しをあてがうこともできます。つまり、「合成」が使えるということで色々と利用価値があるということになります。

  • Keynoteで背景を緑に塗る
  • iMovieに動画を重ねると項目が増える
  • 増えた項目の「グリーン/ブルースクリーン」を選択

たったこれだけで、動画の合成ができました。KeynoteとiMovieを所持している人は、ぜひ動画の合成を楽しんでください!

Final Cut Pro Xガイドブック[第4版]

Final Cut Pro Xガイドブック[第4版]

加納 真
3,456円(04/22 01:55時点)
発売日: 2018/11/16
Amazonの情報を掲載しています








-Apple
-, ,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.