アート

ワイヤーで等身大のボディをかたどるRichard Stainthorpのアート作品

イギリス人アーティストRichard Stainthorpさんのワイヤーアート作品をご紹介します。Richard Stainthorpさんは、等身大の人間の「ボディ」を作っちゃう人です(一部等身大ではない)。複雑に折り込まれたワイヤーにより、人の形を模した作品たち。他にも「Angels」といて、羽の生えた人間達もワイヤーで作り上げちゃいます。 複雑ながら、「肉体」をイメージできるワイヤーアート。何だか不思議な魅力があります。

アート

錯覚画像を見て脳をリフレッシュさせよう

人間の脳ってたまに騙されることがあります。よくあるのが目からの情報を得て混乱を招く「錯覚画像」なんかがそれにあたります。今回は、脳を思いっきり騙してくれる「錯覚画像」をいくつかご用意しましたので、ぜひ騙されてみてください! 僕もいくつか「錯覚画像」を見ていて、騙されてしまいました!コレはなかなか驚きを隠せない錯覚でしたよ!まさかこんなにも脳が騙されてしまうなんて…。 ちなみにこの上記の「何の変哲もないように見える」画像については、後ほどご紹介します。

アート

まるで「水のような炎」を表したアート作品

遥か昔、北京原人のいた頃から使っていたとされる「炎」。今では人間の科学がとても進歩し、「マッチ」や「ライター」、「着火マン」なんかで人間は簡単に火をおこすことが出来ます。 そんな「炎」を「水のような炎」に仕上げたアート作品をご紹介します。 今回ご紹介するアート作品を手がけたのは、ブラジルのリオ・デ・ジャネイロを拠点に活動をする、デザインスタジオPlatinum(プラチナ)によるものです。Platinumでは、主に3Dグラフィック、写真、イラスト等を手がけているデザインスタジオです。 「水のような炎」はとて ...

アート イラスト

2017年にディズニープリンセス達がいたらこんな感じ

あー、わかるはー、こういうのね。 アーティストFernanda Suarez(フェルナンダースアレス)によって描かれるディズニープリンセス達。まるで現代のファッションを身にまとったようなプリンセス達だ。 「デスパレートな妻達」や「セックスアンドザシティ」をイメージさせるようなクールビューティーでアダルティーに仕上がっている!!

アート イラスト

ディズニーのキャラクターがリアルの世界にいたら美男美女ぞろいだった

ディズニーキャラクターをリアル調に描いたイラストアートをご紹介します。 コチラのイラストを描いたのは、メルボルンで活動するグラフィックアートストJirka Väätäinenさん。現実世界にディズニーのキャラクター達がいたら、きっとそれはそれは美男美女ぞろいなのでしょう…。 実際にリアルに描かれたキャラクター達を見ていくと、やっぱ「恋」や「愛」などを題材にするだけ合って、美男美女は当たり前!それでも描かれたキャラクター達は「雰囲気」をしっかり残していて…いいな!いいなこれ!

エンタメ

アート 写真

2019/1/15

実践してみたくなる、プロによるスウィートな赤ちゃんの撮影アイディア:JustGaba Photography

赤ちゃんってそのままの姿でもめちゃくちゃ可愛いけど、どうせだったらすっごい良い感じに撮りたいですよね?そんなとき、プロの現場ではどういった撮影アイディアで新生児達を撮影しているかご紹介します。 今回紹介するのは、JustGaba PhotographyのGaba Svarbuさんが実際に撮影している赤ちゃん達の写真です。 構図としては、赤ちゃんを写真の中心に配置し、周りを花などの植物で素敵に飾るスウィートな写真アイディアです。 赤ちゃんの写真ってどうやって撮ったら良いか悩んでいる人とかにお勧めしたいです。 ...

音楽

2019/1/11

ジェレマイのDon't Tell 'Emをヒューマンビートボックスでカバー

カナダで活動するヒューマンビートボクサーKRNFXさんによるカバーパフォーマンス映像をご紹介します。 ヒューマンビートボックスは、口や鼻などを使い、楽器や音楽を作り出す手法です。例えば、レコードのスクラッチ音や、ベース音やドラムなどを使って作り上げていきます。プロの人が行えばまじでその楽器の音と疑ってしまうほどスゴイ事に…。 今回紹介するKRNFXさんは、そんなヒューマンビートボックスのプロフェッショナルの一人なのです。 カバーされたのはラジオやクラブで大ヒットしたJeremih(ジェレマイ)の『Don' ...

おもしろ動画

2019/1/11

パルクールしつつゾンビから逃げるムービー!

コレは超怖い!恐怖とどろくPOVアクションムービー! 今回は、ゲームアプリLast Empire-War Zのプロモーションビデオとして作られた「逃げる系」のアクションムービーをご紹介します。迫力ありすぎてまじですごい。 2017年に「一人称視点で繰り広げられるアクションムービー」として世の中に排出された映画「ハードコア」のように、全て一人称視点で行われるPOVアクションムービーになります。 その映像のストーリーは、とある施設、仲間の隊員を食べているゾンビ。そのゾンビを振り払い、隊員の装備を得ようとするも ...

おもしろ動画

2019/1/6

圧倒的工作!ダンボールでフェラーリ F1を作っちゃう!

ダンボール工作でここまで出来てしまうのはスゴイ! 子供の頃、夏休みの工作でダンボールを使った家を作った記憶があります。それでも「けっこうスゴくない?」って思っていたのですが、やっぱりプロが作る作品は度肝を抜いていますね…。 ・ ・ ・ 主にダンボールを使ったクラフトでお馴染みのYouTubeチャンネル「The Q」が、ダンボールを使った1.3:1スケールのフェラーリ F1を作り上げてしまいました。 実は以前にもコカコーラの缶を使ったフェーリを作り上げていたのですが、1年も経たないうちに新たなデカイ作品を作 ...

アニメ 映画

2019/1/2

アニメ映画の美しいシーンの歴史:Beautiful Shots in Animation History

この中に含まれている全ての作品がわかりますかね? 美しい映像を見ると、心のリフレッシュに繋がると信じています。だからボクは、美しかったり綺麗なシーンがある映像作品を心の中にもっていて、いつでもその映画を見れるようにDVDなどでストックさせています。 そんなステキで美しい映画をコンピレーションさせたショートムービーをご紹介したいです。 アニメーション映画における美しいショットの数々。目の保養に、そしてこれからの人生に関わる映画としても、ぜひともご観覧を推薦したいです。

おもしろ動画 ゲーム

2018/12/28

まるでグランツーリスモ!!NISSAN GT-RをPS4のコントローラーで遠隔操作!!

スペイン・マドリード出身のレーシングドライバーであるルーカス・オルドネスが、まさかの操作方法でNISSAN GT-Rを操作してしまいました。 それは、SONYのゲーム機であるPlayStation4のコントローラーを使っての遠隔操作!! そう、これではまるで、リアルライフのグランツーリスモみたいになってしまったのだ!! どういう仕組みでコントローラーと車を連動させているかは分からないけど、まじでPS4のコントローラーで車を操作してしまっている映像があるのでご紹介させて頂きます。

おもしろグッズ

2018/12/21

ぶつかっても痛くない、岩のデザインをしたクッション:livingstones

危険そうだけどメッチャ安全!このクッションはガチで欲しい! 見た目はどう見ても大きな岩。しかも結構デカくてどうやって運んだの?って思ってしまうレベル。 でもそこに飛びこんでも痛くない! 何故ならこれは「メッチャデカイ岩っぽい」大きなクッションだから!だから飛び込んでも痛くないというわけだ! 岩という固いイメージのものが柔らかいとなんだか不思議。それが今回ご紹介する「livingstones」です。 コンセプトアートとかじゃなくて、実際に売られている岩っぽいソファーとクッションをご紹介します。

おもしろグッズ

2018/12/16

おいしいコーヒーを正確に淹れられるウォータータンク付きコーヒーメーカー

こんにちは、美味しい珈琲生活をしたい人達ですか? 珈琲を淹れるとき、豆の分量や熱湯の分量によって味が変わることは既知の事実です。できれば「この味だ!」と決めた分量で毎回淹れてみたいですよね? そういったことが可能になり、手軽に本格的なドリップコーヒーを体験できるアイテムをご紹介します。 ペンシルバニアにあるOXO(オクソー)という会社はキッチン周りのプロダクトを様々に持っています。そんなOXOによるウォータータンク付きのコーヒーメーカー「Pour-Over Coffee Maker with Water ...

おもしろ動画 キャンペーン

2018/12/3

クリスマス限定ドラマをルミネが製作、脚本は「セトウツミ」の此元和津也

ルミネが『HAPPY HAPPY HAPPY END LUMINE CHRISTMAS 2018』キャンペーンのスペシャルコンテンツとして、クリスマス限定ドラマ「マッチガールズ(MATCH girls)」を製作しました。公開は12月10日で、それに先駆け予告編をYouTubeで公開しています。 「マッチガールズ」は、アンデルセン童話の「マッチ売りの少女」を現代の東京を舞台にリメイクしたものです。クリスマスキャンペーンのメッセージである「ハッピーエンドにしませんか。」をテーマに、わりと悲しい ...

おもしろグッズ

2018/12/2

究極にオシャレな輝くティッシュボックス:MIRRO LED+

ティッシュボックスにこだわってみたい。 そう言う人にうってつけなオシャレなティッシュボックスをご紹介します。 デコレーションや機能、デザインに特化したインテリアを作り上げる「mordeco」。 「more than décor」のコンセプトを持つことだけあり、実用的でスタイリッシュなアイテムを作り上げるのです。 そんな「mordeco」が作り上げた「ティッシュ箱ケース」である「MIRRO LED+」。めっちゃピカピカボディでさらに光ります。 まじで光るティッシュ箱なんです。

おもしろ動画

2018/11/30

台湾マジシャンによる、信じられない「消えるマジック」:Eric Chien

2018年にて。 マジック界では、FISM(フィズム)という、世界中のマジシャンがマジックで闘う、マジック界でのオリンピックがあります。その2018年に韓国釜山で行われた「FISM 2018」の「クロースアップ部門」でグランプリを獲得した台湾人マジシャン「Eric Chien」のマジック映像をご紹介します。 クロースアップとは、大がかりなステージとは違い、観客が間近にいてこじんまりとやるモノ。そんなクロースアップで、度肝を抜く、スゴすぎて「影像編集じゃ無いの?」と信じられないレベルの消失マジックをEric ...

おもしろ動画

2018/11/26

SNSにアップされる写真の裏側を描いたショートムービー

コレは身に覚えのある人も居るのでは無いだろうか? ショートムービー「Are You Living an Insta Lie? Social Media Vs. Reality」を今回紹介したい。この映像は、SNSにアップされるステキな写真の裏側、そこにフォーカスを置いて表現している映像だ。その写真に嘘は無いだろうか?「Insta Lie」という嘘と現実、それらを映像としているモノです。 Instagramで自分をいかにイイカンジに見せるか、色々と調整したりデコったり、そういった「自分を良く魅せよう」と頑張 ...

おもしろグッズ

2018/11/22

デロリアンっぽいホバークラフト、およそ500万円

あれ?ドク居た? いやいや居ない居ない。 世界的なインターネットオークションであるebayにて、「バック・トゥ・ザ・フューチャーシリーズ」(BTTF)でお馴染みの「デロリアン」を模した「ホバークラフト」が出品されている。 「デロリアン」といえば、エメット・ブラウン博士によってタイムマシンとして改造された車として有名。シリーズの1作目終盤には、未来の技術を使い空を飛ぶデロリアンも登場した。 そんな「デロリアン」なホバークラフト。お値段は日本円にして500万円ほどするようだ。

おもしろグッズ

2018/11/15

Game Boy Advance SPっぽいマルチコンソールエミュレーター:Pixel Vision

形状に一目惚れする。 多少の既視感はあるものの、この大きさにゲームが詰め込めると思うととても魅力的に思う。 ハンドメイドでゲームのコンソールエミュレーターを作っている「LoveHultén」が、任天堂の珠玉のゲーム機「Game Boy Advance SP」っぽいゲーム機を作り上げた。 しかも、それはSNES, Megadrive, NES, GBAといったいくつかのゲームコンソールに対応したエミュレーターが入っているというのだ。 Game Boy Advance SPの用に折りたため、なおかつポケットに ...

おもしろグッズ

2018/11/7

絶対に無くしたくない真鍮製のライター:THE LIGHTER by KNNOX

喫煙者の知り合いがいるのだが、よくライターを無くすそうだ。なので彼は安価に入手できるガスライターをよく持っていた。それでも無くしてしまうから困ったモノだ。 今回は、イングランドに拠点を置くKNNOXのカッコいいライター「THE LIGHTER」を紹介します。真鍮製で、見るからにカッコよく、ハイセンス。そして機能美が素晴らしい。 ボクは喫煙者では無いので、そんなにライターは必要ないんだけど、このカッコイイ形から心ときめくモノを感じさせてくれる。 例の彼にコレを教えてあげたい。「きっともうライターを無くすこと ...

おもしろグッズ

2018/11/3

この発想はなかった!旧Mac G5を使ったベンチ:Mac G5 Bench

Apple社が2003年から発売していたPower Mac G5をご存じだろうか。 全体がアルミニウム合金で作られたタワー型のデスクトップで、前面がメッシュになっているのがデザインとしてカッコイイPCだ。 そんなPower Mac G5をまさかの使い方した企業がいる。 イギリスに拠点を置くGTOは、デザインを主体としたアイテムを手がけるメーカーです。そんなGTOがApple社のPower Mac G5を使い…作ったのは「ベンチ」だ。 まさかのまさか、Power Mac G5をただのベンチの脚として捉えてし ...

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.