アート

2Dで動くOverwatchのキャラクター達:Kyle Bunk

アメリカのFiraxis Games社で働く3DアニメーターKyle Bunkさんの2Dアート作品を紹介します。ピクセルで描かれたキャラクター達が結構動いてくれます。 Kyle Bunkさんが描く2Dアニメーションは、ブリザード・エンターテイメントの世界的に人気のアクションFPSゲーム「Overwatch(オーバーウォッチ)」の各キャラクター達です。いろいろなキャラクターがまるで格ゲーのように動いてくれます。 元々3Dのゲームだけ当てt、2Dになるとなんだか不思議な見え方もしちゃいます。古き良きゲームにに ...

アート

フルーツを素敵に擬人化したイラストアート:Marija Tiurina

これは素敵な擬人化だ! ロンドンを拠点に活動するアーティストMarija Tiurinaさんのイラストアートをこの記事では紹介します。どうやらMarija Tiurinaさんの住んでいる町には、特別な青果店が存在するらしく、日本ではあんまり見ないような果物や野菜が取り扱われているようです。 そんな色々な野菜や果物をいい感じに「擬人化」したイラストアートをさんは描いています。「え?この果物ってなんて言うの?」と、思っちゃいそうなものばかりですが、彼女が水彩画を使って表現するキャラクターはどれも素敵なものばか ...

アート イラスト

侍になったドラゴンボールキャラクター:Guillem Daudén

スペインバルセロナで活動するコンセプトアーティストGuillem Daudénさんによるイラストアートを紹介します。Guillem Daudénさんは「もしも侍になったら?」を思わせるように、鳥山明さんのドラゴンボールを「侍風イラスト」に描いてくれます。ちなみにそのときの名義は「kenji_893」です。 侍風になった孫悟空やベジータ、トランクスなど、「え、めっちゃサムライに合うじゃん」と思わせてくれるようなイラストなど。ドラゴンボールキャラクターがサムライになったらこうなるぞというイラストを紹介します。 ...

アート イラスト

ディズニーキャラクターがリアルの世界にいたらこんな感じ、ヴィラン編

これはなかなかカッコいいじゃないか・・・。 以前にも当ブログで紹介した、メルボルンで活動するグラフィックアートストJirka Väätäinenさんイラストを再び紹介したいです。ディズニーキャラクターを美男美女化するあのアーティストさんです。 前回の記事では、主にJirka さんによってリアル化された、ディズニーの主人降格のキャラクターを紹介しました。そのシリーズは「#RealLifeDisneyCharacters」や「#RealLifeDisneyGirls」なんかでタグ付けされています。 その記事の ...

アート 写真

実践してみたくなる、プロによるスウィートな赤ちゃんの撮影アイディア:JustGaba Photography

赤ちゃんってそのままの姿でもめちゃくちゃ可愛いけど、どうせだったらすっごい良い感じに撮りたいですよね?そんなとき、プロの現場ではどういった撮影アイディアで新生児達を撮影しているかご紹介します。 今回紹介するのは、JustGaba PhotographyのGaba Svarbuさんが実際に撮影している赤ちゃん達の写真です。 構図としては、赤ちゃんを写真の中心に配置し、周りを花などの植物で素敵に飾るスウィートな写真アイディアです。 赤ちゃんの写真ってどうやって撮ったら良いか悩んでいる人とかにお勧めしたいです。 ...

おもしろ動画

主材料はダンボールなロボットアームっぽい工作

投稿日:

過去にはNHKでやっていた番組「つくってあそぼ」で、ワクワクさん(久保田雅人さん)とゴロリにより、常にモノづくりの楽しさを体感させて頂いていました。現在でもそういったモノづくりに興味があり、いろいろな「How to Make」に目を通してはその童心の心を呼び起こされています。

そんな私にとてもときめいたとある「アーム」の作り方をご紹介します。

ダンボールが主体となった「ロボットアーム風」な工作物の作り方が紹介されていました。使う材料も少ないのですが「あれ?ちょっといいかも」と思わせるようなステキな工作物の作り方です。

ロボットアーム風な工作物


内容はかなり単純ながらも、アームの指が「動く」を簡単に制作できる代物です。ちょっとした「アイアンマン」的な物を作ったと思えば、それはそれはすごい発明をした気分にも浸れます。

作り方のおさらい

armyoutu.be-R7TnonEDG6E

材料として必要な物は「ダンボール(ボール板)」「糸」「ストロー」「輪ゴム」「カッター」「グルーがン(糊)」という本当にすぐにでも用意できてしまう物です。あと、塗装用のスプレーがあれば完璧!

armyoutu.be-R7TnonEDG6E (1)

ダンボールを手の形に線を引き。

armyoutu.be-R7TnonEDG6E (2)

線に沿ってそれをカッターで取り出す。

armyoutu.be-R7TnonEDG6E (3)

そして腕を通す部分を糊で取りつける。ココまで全てダンボール。

armyoutu.be-R7TnonEDG6E (4)

次の作業はスプレーで塗装。ココで自分好みの色に仕立て上げるのが「つくってあそぼ」な雰囲気。

armyoutu.be-R7TnonEDG6E (5)

同じぐらいの大きさのストローのパーツをたくさん用意して。

armyoutu.be-R7TnonEDG6E (6)

それを「指」の間接ごとに取り付ける。その時、ダンボールで「間接」を演出。

armyoutu.be-R7TnonEDG6E (7)

背面には、指が開くように輪ゴムを取り付けます。

armyoutu.be-R7TnonEDG6E (9)

あとは、紐を通して、その先を自分の指に当たるようにする。

まさに「つくってあそぼ」

「なんだそんなことか」なんて思ってないで、ちょっと作ってみようとオススメしたいです。お子さんなんかがいれば、きっと「パパは発明家だ!」「ママはマシーンを作れるぞ!」なんて思われるかも知れません。

たまには童心に帰って、こう言った物を作れる気持ちをいつまでも持っていきたいです。








-おもしろ動画
-, ,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.