音楽

ジェレマイのDon't Tell 'Emをヒューマンビートボックスでカバー

投稿日:

カナダで活動するヒューマンビートボクサーKRNFXさんによるカバーパフォーマンス映像をご紹介します。

ヒューマンビートボックスは、口や鼻などを使い、楽器や音楽を作り出す手法です。例えば、レコードのスクラッチ音や、ベース音やドラムなどを使って作り上げていきます。プロの人が行えばまじでその楽器の音と疑ってしまうほどスゴイ事に…。

今回紹介するKRNFXさんは、そんなヒューマンビートボックスのプロフェッショナルの一人なのです。

カバーされたのはラジオやクラブで大ヒットしたJeremih(ジェレマイ)の『Don't Tell 'Em』、とにかくめちゃくちゃカッコイイから是非とも見て欲しい。!

 

KRNFXさんのビートボックス


とってもアッパーな音楽『Don't Tell 'Em』をヒューマンビートボックスで華麗にカバー。撮影されているのはカナダの町トロントらしいのですが、楽曲とその町の風景映像がマジでカッコイイ。

それにしてもKRNFXさんのパフォーマンス自体もものすごいじゃないか…。

アレンジのセンスもそのクオリティも、いつまでも聞いていたくなるマジでステキな歌ですね。

KRNFXさんによる他パフォーマンス

KRNFXさんによるヒューマンビートボックスのパフォーマンス映像が公開されていたので合わせてご紹介します。

ルーパー(ループエフェクター)等を使い、自身の発する音を重ねていくのですが、だんだんと出来上がっていく様子がとにかくスゴイです。

こちらはカナダ出身の男性R&BシンガーThe Weeknd のメドレーをヒューマンビートボックスで行った映像です。言うまでも無く最高のパフォーマンス

KRNFXさんのパフォーマンスを見よう

ってことで、プロのヒューマンビートボクサーKRNFXさんによるビートボックスカバーでした。

KRNFXさんのパフォーマンスを見るには、YouTubeもしくはFacebookをオススメします。Facebookならすぐにタイムラインに表示されるので応援の意味も込めて「いいね」押しちゃうのもイイですよー!是非とも追っかけて下さい。

Terry 'krNfx' Im[Facebook]
KRNFX[YouTube]
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

xenontenter

ブログ「喫茶店の部屋」の中の人です。ハイパー難病人ながらよろず屋なフリーランスをやっています。ライティング、エディター、コーダー、写真、色々やってますー。

人気の記事

1

な、謎なストーリーだ…。 奇妙なキャラクターを使うアニメーターFelix Colgraveによる、奇妙なショートアニメをご紹介します。 ショートアニメーションの内容は、『とにかく王冠を欲するキャラクタ ...

2

とにかくこのデザインが気に入りました。 いや、それ以外も色々と魅力的な機能もあるんですけどね。 連続再生時間が6~8時間可能な、Senzerの完全ワイヤレスBluetoothイヤホン「Senzer Q ...

3

MacBookにハイレゾ機器をつないでみて、とあることにちょっと困りました。 「あれ?再生周波数がかわらなくね?」ってやつです。 そうです。ハイレゾ対応機器を指したのにもかかわらずハイレゾ音源を聴こう ...

4

これはアカンやつだ…。 あのかわいらしいフォルムでおなじみのポケモン達をめちゃくちゃこわいテイストで描くDavid Szilagyiさんのイラストアートをご紹介します。 もはや「ポケット」が外れて、た ...

5

韓国で活動するイラストレーターであり漫画家のソク・ジョンヒョン(석정현:別名Stone house)さんのアート作品をご紹介します。 赤ん坊から始まり、少女、大人、年輩の女性、最後には老婆・・・と一人 ...

-音楽
-, , , , ,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.