オートトラッキングがスゴすぎるスタビライザー

オートトラッキングがスゴすぎるスタビライザー

え、ナニコレスゴすぎるじゃん!

様々なスタビライザーがあるなか、コイツのトラッキング機能はおそらくスゴいぞ!!

クラウドファンディングKickstarterに出ているTaroというスタビライザーのオートトラッキング機能は、専用のタグ(装着するタイプ)を目印にしてトラッキングするので取りこぼしがほぼないようだ。

人混みの中なんかでもタグを目印にするので、マジで自動的に追尾してカメラに収めてくれる。今まで現存するスタビライザーのオートトラッキング機能はもう過去の物になってしまうのか…。

オートトラッキングがすごいTaro

コチラの映像はTaroの紹介映像。この映像を見るだけでもTaroのスゴさが分かる。既存のジンバルはもうスタビライズ機能がスゴイのは分かっている。ぶっちゃけこれ以上”スタビライザースゴイ!!””って思えることはないだろう。なのでTaroの今回のトラッキング機能はマジでスゴイと思った。

通常、トラッキング機能と言えば、「対象」があってトラッキングするんだけど、この映像を見てもらえば更にスゴイと感じる。

スケートボードのとあるシーン。柱の中に入ってしまってもTaroはトラッキングしてくれる。これは、人物がつけた赤外線タグを赤外線カメラを使って追尾していき、写されない内に位置を瞬時に把握するまて追尾できるそうだ。

もちろん、柱の後ろで方向転換されてしまったらソレは無理なのだが、位置を予測するかのように動いてくれるのでトラッキングが出来るのだ。

つまり、すごい。いや、アイディア自体はおそらく色んな人が考えていたあろうから、ソレを実現したのがってことね。

衣服の下でもいけるタグ

コチラの映像は衣服の下に赤外線タグを仕込んでのテスト映像。やばくね?これだけでもヤバイ。

ということで、これがTaroだ。ほしい。マジで欲しい。

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です