アート

ある角度から見ると作品が見えるようになるMichael Murphyのアート

Michael Murphyさんのアート作品。とある角度になって初めてその姿を現すアートとなっています。空間につるされた大小様々な黒いたま、とある一定の角度で、人の「目」が現れる空間を大きく使ったアートです。 Michael MurphyさんがYouTubeで公開されているいくつかのアート作品をご紹介します。その中には、バンクーバーで行われたTED開場に建設された物もあります。

アート 写真

「101匹わんちゃん」の公園シーンを再現した幸せなカップル

ディズニー映画「101匹わんちゃん」の最初のシーンを覚えているだろうか?作曲家であるロジャーが、ダルメシアンの愛犬ポンゴを連れ、公園を散歩しているシーンです。同じくダルメシアン(パーディタ)を飼っているファッションデザイナーのアニータが、ポンゴのちょっとした計画でロジャーと出会うとても素敵なシーン。 そんなディズニー映画「101匹わんちゃん」を再現してしまったカップルが居るのです。 さすがに、ダルメシアンと言うわけではありませんが、両者犬を連れ、ずぶ濡れになるシーンが何だかとってもほっこり出来ちゃう写真で ...

アート

こんなにたくさんいるの?世界にいるアルビノな動物達

こちらの亀さん。一匹だけ白いカメさんがいますよね?これは「アルビノ」な亀なのです。 アルビノとは アルビノ(albino)は、動物学においては、メラニンの生合成に係わる遺伝情報の欠損により 先天的にメラニンが欠乏する遺伝子疾患がある個体である。 この遺伝子疾患に起因する症状は先天性白皮症(せんてんせいはくひしょう)、先天性色素欠乏症、白子症などの呼称がある。また、この症状を伴う個体のことを白化個体、白子(しらこ・しろこ)などとも呼ぶ。さらに、アルビノの個体を生じることは白化(はくか・はっか)、あるいは白化 ...

アート 映画

大学生リア充風になったディズニーやドリームワークスのキャラクター達

Tumblr内でいろいろと投稿しているPunziellaで、まるで大学生リア充になったディズニー&ドリームワークスキャラクター達の様子が公開されています。 主に、ディズニーはPixar系の映画『塔の上のラプンツェル』や『アナと雪の女王』等の主要キャラクター、たとえば「ラプンツェル」や「メリダ」や「アナ雪姉妹」などが、リア充っぷりを公開されています。 もともとリア充な気もしますが、現実世界にいたら、キットこんな雰囲気だったのでしょうね。

おもしろグッズ アート

もしもあの企業がスニーカーを出したら?有りそうで無かったデザインコンバース

「あの企業がスニーカーをデザインしたらどんなものだろうか?」と、ちょっとした疑問に答えてくれたのが、イタリア人デザイナーAndrea Salaminoさんです。 コンバースのスニーカーを期に、色々なブランド、例えば、Google, Facebook, Virgin, マクドナルド等の有名ブランドをスニーカーにデザインしたものです。 上記はGoogleのスニーカーのようですね!こんな感じでスニーカーがデザインされます!

おもしろ動画

パルクールしつつゾンビから逃げるムービー!

投稿日:1月11日 更新日:

コレは超怖い!恐怖とどろくPOVアクションムービー!

今回は、ゲームアプリLast Empire-War Zのプロモーションビデオとして作られた「逃げる系」のアクションムービーをご紹介します。迫力ありすぎてまじですごい。

2017年に「一人称視点で繰り広げられるアクションムービー」として世の中に排出された映画「ハードコア」のように、全て一人称視点で行われるPOVアクションムービーになります。

その映像のストーリーは、とある施設、仲間の隊員を食べているゾンビ。そのゾンビを振り払い、隊員の装備を得ようとするも、先ほどのゾンビが復活!騒ぎを聞きつけた他のゾンビが追っかけてくる!逃げる生存者の二人!ゾンビはめっちゃ走ってくる!そして屋上に行き、パルクールで逃げる!それでもゾンビめっちゃ早い!なぜかあっちもパルクールで追っかけてくる…!っという…すごいハラハラモノの映像です。

POVムービーの特徴として、胃陳勝視点で繰り広げられる映像は、「まるで自分がそのゾンビから逃げている」かのように錯覚さえ起こしてしまう臨場感。

逃げる人のパルクール、迫り来るゾンビ達の恐怖、是非とも味わって欲しいです。

ちなみに、一人称視点でのパルクールでメチャクチャ動き回るので、ちょっと酔います。ご了承を。

パルクールゾンビからパルクールで逃げる!

一体どうしてそうなったのかは判らないですが、とにかく主人公達はゾンビから逃げまわります。

そして、よりによって走るタイプの善美達で、ゾンビ達もめちゃくちゃ早い!さらには、なぜかパルクール技術も持っていて、それ自体がすごい!

パルクールシーンについては、カメラ越しでもやっていることがスゴイと判るレベルのことをやってくれます。ビルからビルへの飛び写りなんかが…恐いねー。

Youtu be lQHlZoB1Yjw 1 800x450

最初に助けてくれた仲間の一人。この人はこの後どうなるってしまうのでしょうか?とりあえずゾンビの餌食になりました。

Youtu be lQHlZoB1Yjw 2 800x450

屋根の上をすご技パルクールで走り抜ける!そんな状態でもでもゾンビは追っかけてくる!

Youtu be lQHlZoB1Yjw 3 800x450

色々な障壁を飛び越えまくり!これぞ一人称視点で行われるパルクールの醍醐味ですね。

Youtu be lQHlZoB1Yjw 4 800x450

ふぉおおお!と鳴ってしまう恐いシーン。ビルとビルの間をジャンプで飛び越えます。

Youtu be lQHlZoB1Yjw 5 800x450

そして後半には何故かゾンビ達もパルクールで追っかけてくる始末!メチャクチャ恐い。

 

…ってことでゲームアプリとしてのプロモーション映像としてものすごく印象に残るモノが出来上がりました。ゲームアプリ自体はこんなアクションが無いらしいですが、この映像には度肝を抜かされましたね。



先に紹介した一人称支店で行われるパルクールアクション映画の「ハードコア」もそうですが、パルクール映画ってカッケーってなっちゃいます。個人的にパルクールでオススメな「ヤマカシ」って映画がありますので、是非ともそちらもご視聴下さいませ!








-おもしろ動画
-, , , ,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.