アート

2Dで動くOverwatchのキャラクター達:Kyle Bunk

アメリカのFiraxis Games社で働く3DアニメーターKyle Bunkさんの2Dアート作品を紹介します。ピクセルで描かれたキャラクター達が結構動いてくれます。 Kyle Bunkさんが描く2Dアニメーションは、ブリザード・エンターテイメントの世界的に人気のアクションFPSゲーム「Overwatch(オーバーウォッチ)」の各キャラクター達です。いろいろなキャラクターがまるで格ゲーのように動いてくれます。 元々3Dのゲームだけ当てt、2Dになるとなんだか不思議な見え方もしちゃいます。古き良きゲームにに ...

アート

フルーツを素敵に擬人化したイラストアート:Marija Tiurina

これは素敵な擬人化だ! ロンドンを拠点に活動するアーティストMarija Tiurinaさんのイラストアートをこの記事では紹介します。どうやらMarija Tiurinaさんの住んでいる町には、特別な青果店が存在するらしく、日本ではあんまり見ないような果物や野菜が取り扱われているようです。 そんな色々な野菜や果物をいい感じに「擬人化」したイラストアートをさんは描いています。「え?この果物ってなんて言うの?」と、思っちゃいそうなものばかりですが、彼女が水彩画を使って表現するキャラクターはどれも素敵なものばか ...

アート イラスト

侍になったドラゴンボールキャラクター:Guillem Daudén

スペインバルセロナで活動するコンセプトアーティストGuillem Daudénさんによるイラストアートを紹介します。Guillem Daudénさんは「もしも侍になったら?」を思わせるように、鳥山明さんのドラゴンボールを「侍風イラスト」に描いてくれます。ちなみにそのときの名義は「kenji_893」です。 侍風になった孫悟空やベジータ、トランクスなど、「え、めっちゃサムライに合うじゃん」と思わせてくれるようなイラストなど。ドラゴンボールキャラクターがサムライになったらこうなるぞというイラストを紹介します。 ...

アート イラスト

ディズニーキャラクターがリアルの世界にいたらこんな感じ、ヴィラン編

これはなかなかカッコいいじゃないか・・・。 以前にも当ブログで紹介した、メルボルンで活動するグラフィックアートストJirka Väätäinenさんイラストを再び紹介したいです。ディズニーキャラクターを美男美女化するあのアーティストさんです。 前回の記事では、主にJirka さんによってリアル化された、ディズニーの主人降格のキャラクターを紹介しました。そのシリーズは「#RealLifeDisneyCharacters」や「#RealLifeDisneyGirls」なんかでタグ付けされています。 その記事の ...

アート 写真

実践してみたくなる、プロによるスウィートな赤ちゃんの撮影アイディア:JustGaba Photography

赤ちゃんってそのままの姿でもめちゃくちゃ可愛いけど、どうせだったらすっごい良い感じに撮りたいですよね?そんなとき、プロの現場ではどういった撮影アイディアで新生児達を撮影しているかご紹介します。 今回紹介するのは、JustGaba PhotographyのGaba Svarbuさんが実際に撮影している赤ちゃん達の写真です。 構図としては、赤ちゃんを写真の中心に配置し、周りを花などの植物で素敵に飾るスウィートな写真アイディアです。 赤ちゃんの写真ってどうやって撮ったら良いか悩んでいる人とかにお勧めしたいです。 ...

ProCamera アップデート

ProCamera + HDR バージョン 9.4のアップデート情報 機能追加やHDRの改善など

投稿日:6月3日 更新日:

iOSのカメラアプリとしてとってもオススメしたいProCameraが2016年6月1日のバージョンアップで9.4になった。

ProCameraのバージョンアップにより、いくつかの機能が追加されます。その中には、このカメラのお勧めポイントの一つでもあるHDRモードの改善などが含まれます。

僕はProCameraの公式テスターです。ProCameraの使い方などならだいたいわかります。

ProCameraアップデート情報

ProCameraは高機能なカメラ撮影機能の外に、高機能な写真編集機能、柔軟な写真シェア機能などがあります。

高機能なカメラ撮影機能とは、露出やフォーカスを決めるのはもちろん、WB(ホワイトバランス)や各種グリッド、撮影比率、傾斜計、ヒストグラム、いくつかの写真撮影モードなどがあります。とにかく高機能。

高機能な写真編集機能とは、ProCameraに内蔵されている写真編集機能で、トリミングなどの基本的な写真編集からフィルターや写真エフェクトなど、色々と写真編集を楽しめます。

また、写真をシェアするさいに、「ジオタグの削除」「JPEGに変換」「サイズの変更」などを一気に出来る機能があります。写真をよくシェアする人にとっては非常に助かるものです。

これで600円(定価、2016/06/02現在)なら安いんじゃね?と思っていただけると思います。

ProCameraのダウンロード

アプリ内課金で増える写真モード

また、少し高額だなとは思いましたが、アプリ内課金で「HDRモード」「LOWLIGHT+モード」の写真撮影機能はかなり強力な撮影が出来ます。

HDRモードとは、その名の通りHDRの写真を撮影するモードです。HDR計の写真アプリで有名なvividHDRと協力しており、すばらしいHDR画撮れる事を約束できます。(僕個人も普段から常用している)

IMG_5857_LDR_HDR_Comparison-1024x595_800x464

 

アプリ内課金は250円。今回のアップデートでHDR機能が改善されたようです。普段から使うからうれしい!

(※今回のアップデートの後、値上がりする可能性が有るようっす)

1603_illuminated-Landscape_063_MakingOf3_pano-croped_LUXPlus_800x279

そして、「LOWLIGHT+モード」は、暗い場所で撮影するときに素晴らしい写真モードです。多重で撮影して、暗い場所でも写真noiseを少なく撮影できます。ぶっちゃけこの機能で撮影するときは三脚などでiPhoneを固定しないと真価を発揮できませんが、その撮影はちゃんとnoiseなしで撮れるのが凄い。

LUXplus_Exposure_Boost_Adjustment_Slider_800x685

ちまにみ、「LOWLIGHT+モード」は今回のアップデートで、撮影後の露出を選べるようになりました。「LOWLIGHT+モード」の「LUX+」(三脚がないととても撮影できないモード)で撮影する事で、撮影後にスライダーが出現。それを使えば、好きな明るさを選べます。

LowLightPlus_ExposureBoost_Slider_Screencapture_300px

このような感じで、撮影後に明るさを選べます。

「LOWLIGHT+モード」は何も暗いものだけを撮影するモードではないです。明るい環境でもかなりノイズを減らして撮影できます。風景などを撮影するときには良く使っているモードです。今回の「LUX+」でももちろん良い感じに撮影できます(やはり三脚は必要)

アプリ内課金は360円とちょっと高額。でもその価値は僕には合った。

その他のアップデート情報

Swipe_To_Select_450px_800x1155

ProCamera内蔵のカメラロールにて、写真を指をスライドする事で選択できるようになりました。コレはちょうどiOSの写真選択と一緒です。たくさんの写真を同時にFacebookなどにシェアするときに役立ちます。

Street_Filter_Pack_Free_SunsetStreet_800x536

写真編集機能に有る大人気のモノクロフィルターセット「ストリート」が無料になりました!これはマジで良い感じの写真になる奴です!

 

13248972_1599616320351236_286216665_n

Instagramで良い感じに使える5:4撮影フォーマットが追加!正方形が主流だったInstagramでしたが、比率を変えて撮影できるようになりました。それを踏まえてこの比率が使える。よくInstagramに投稿する人で、正方形じゃない写真を撮影する人はこれを使いましょう!

 

他にアップデートされたのは、TIFFファイルの改善とカメラロールにてGIFアニメーションが見れるようになった事です。これより詳しい情報は公式サイトのアプリのアップデートをご覧になってください。

 

アプリ内課金は是非使ってほしい

正直、アプリ+アプリ内課金の総額は、結構な値段です。(アプリ本体600円、HDR250円、LOWLIGHT+360円、つまりは1210円)それでも、僕個人として大変満足させていただいているカメラアプリです。特にHDRはかなり使います。

iPhonegrapher(iPhoneで写真を撮る人)は是非ともProCameraを使ってみてほしい。そう思います。

あと、アプリの機能要望などは割と対応してくれているようです。

ProCameraのダウンロード








-ProCamera, アップデート
-, , , , , , ,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.