カメラアプリProCamera 8がバージョン 6.2でApple Watchに対応、その他機能追加

カメラアプリProCamera 8がバージョン 6.2でApple Watchに対応、その他機能追加

iOSカメラアプリとして非常にオススメしたい「ProCamera(プロカメラ)」が、バージョン6.2になりApple Watchに対応しました。

また、その他の有力な機能が追加され、iOS用カメラアプリとして、「ProCamera(プロカメラ)」は更にオススメできるアプリへとなりました。

ProCamera 8 ver.6.2

※値段は記事掲載時の物です

ProCameraがアップデート!オススメカメラアプリだよ!

Apple Watchでリモート撮影

ProCamera(プロカメラ)はApple Watchからリモート撮影が出来る
まず、Apple Watchに対応したProCamera(プロカメラ)は、Apple Watchを使って「リモート」で撮影できるようです。iPhone上のProCamera(プロカメラ)のシャッターを切れるということですね。この機能を使えば「手ブレ」とかがなくなるんじゃないでしょうか?

Apple Watchは、ProCameraのファインダーとしても利用できる

また、Apple Watchが『リモートビューファインダー』の役割を果たし、Apple Watchの画面を見ながらタップで撮影が出来るそうです。

これなら集合写真とかを撮影する時、iPhoneを立て掛け、Apple Watchを使って確認し、そのまま撮影とかが出来ますね。

新たに追加されたProTimer機能

ProCamera(プロカメラ)バージョン6.2で追加された機能「ProTimer」

新たにProCamera(プロカメラ)に追加された機能で「ProTimer」というものがあります。これは、セルフタイマーを細かく設定できる機能です。

上記写真の3列のメーターを説明すると、

  • それぞれの写真撮影間隔
  • 写真を撮影する枚数
  • 最初のシャッターが切られる時間

通常のタイマーボタンを「長押し」することで現れるこの機能。写真撮影間隔を設定できるのは地味にうれしいです。現在確認してみたところ写真間隔を0.5sまで絞ることが出来ました。これなら連続して撮影してGIFアニメーションなどを作るのに使えるかも知れません。

ProTimer中は表記が変わる

ProTimerと通常のセルフタイマーはアイコンで判断できます。ProTimer設定直後は「ProTimer」用のアイコンになっているはず。もう一度アイコンを長押しして、設定し直せば元のセルフタイマーに戻ります。

ただ、ProTimerを使えてしまえば、セルフタイマーに戻りたくなくなるかも知れません。

動画撮影でHFRが使える

ProCamera(プロカメラ)はHQ,HDに加え、iPhone 6/6Plusに対応したHFR撮影が可能となった

ProCamera(プロカメラ)の動画撮影といえば、いくつかの選択肢が有りました。今回より高フレーとな「HFR」が付き、FPSを24、25、30、48、50、60、96、100、120、192、200、240 FPSまで設定可能です(iPhone 6/6Plusは最大まで対応)

FPSを48以上にあげていけば、より滑らかな動画撮影が可能になります。

ちなみに1280×720の解像度で240FPSで撮影すると、3秒で14MB程になります。

カメラボタンの順番を入れ替えれる

ProCamera(プロカメラ)のカメラボタンは入れ替えれる

非常に地味な機能なのですが、非常にうれしい機能。ProCameraには「ビデオ」「カメラ」「HDR」「ナイト(夜間)」「QR」というカメラが有ります。そのなかでも「HDR」は有料アプリ内課金の機能なので「HDRのアイコンが邪魔だ」と言われているようです。

そこでProCamera(プロカメラ)は、カメラアイコンの移動が可能になりました。

上記では、カメラ一覧よりアプリの移動が可能になったということです。また、アイコンの非表示も可能になったため、「HDR」を全く使わない人はアイコンをオフにしちゃえばいいのです。

(でも、HDRで撮影してみたらわかるとおもうけど、結構キレイな写真がとれて、個人的にはオススメです。)

アイコン長押しでも入れ替え可能

また、カメラアイコン長押しでも入れ替えが可能でした。iOSのホーム画面に有るアイコンを移動させる間隔です。アイコンを消したい時だけ、先のやり方をやればいいと思います。

より良いカメラアプリへ

※値段は記事掲載時の物です

Apple Watchに対応したことにより、ProCamera(プロカメラ)はより使いやすいアプリになったはずです。「ビューファインダー」とか近未来過ぎる!

また、いくつかの追加された機能。「かゆいところに手が届く」アプリとなりました。やはり世界中の人が使っているカメラアプリだけ有りますね。

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です