アート

2Dで動くOverwatchのキャラクター達:Kyle Bunk

アメリカのFiraxis Games社で働く3DアニメーターKyle Bunkさんの2Dアート作品を紹介します。ピクセルで描かれたキャラクター達が結構動いてくれます。 Kyle Bunkさんが描く2Dアニメーションは、ブリザード・エンターテイメントの世界的に人気のアクションFPSゲーム「Overwatch(オーバーウォッチ)」の各キャラクター達です。いろいろなキャラクターがまるで格ゲーのように動いてくれます。 元々3Dのゲームだけあって、2Dになるとなんだか不思議な見え方もしちゃいます。古き良きゲームにに ...

アート

フルーツを素敵に擬人化したイラストアート:Marija Tiurina

これは素敵な擬人化だ! ロンドンを拠点に活動するアーティストMarija Tiurinaさんのイラストアートをこの記事では紹介します。どうやらMarija Tiurinaさんの住んでいる町には、特別な青果店が存在するらしく、日本ではあんまり見ないような果物や野菜が取り扱われているようです。 そんな色々な野菜や果物をいい感じに「擬人化」したイラストアートをさんは描いています。「え?この果物ってなんて言うの?」と、思っちゃいそうなものばかりですが、彼女が水彩画を使って表現するキャラクターはどれも素敵なものばか ...

アート イラスト

侍になったドラゴンボールキャラクター:Guillem Daudén

スペインバルセロナで活動するコンセプトアーティストGuillem Daudénさんによるイラストアートを紹介します。Guillem Daudénさんは「もしも侍になったら?」を思わせるように、鳥山明さんのドラゴンボールを「侍風イラスト」に描いてくれます。ちなみにそのときの名義は「kenji_893」です。 侍風になった孫悟空やベジータ、トランクスなど、「え、めっちゃサムライに合うじゃん」と思わせてくれるようなイラストなど。ドラゴンボールキャラクターがサムライになったらこうなるぞというイラストを紹介します。 ...

アート イラスト

ディズニーキャラクターがリアルの世界にいたらこんな感じ、ヴィラン編

これはなかなかカッコいいじゃないか・・・。 以前にも当ブログで紹介した、メルボルンで活動するグラフィックアートストJirka Väätäinenさんイラストを再び紹介したいです。ディズニーキャラクターを美男美女化するあのアーティストさんです。 前回の記事では、主にJirka さんによってリアル化された、ディズニーの主人降格のキャラクターを紹介しました。そのシリーズは「#RealLifeDisneyCharacters」や「#RealLifeDisneyGirls」なんかでタグ付けされています。 その記事の ...

アート 写真

実践してみたくなる、プロによるスウィートな赤ちゃんの撮影アイディア:JustGaba Photography

赤ちゃんってそのままの姿でもめちゃくちゃ可愛いけど、どうせだったらすっごい良い感じに撮りたいですよね?そんなとき、プロの現場ではどういった撮影アイディアで新生児達を撮影しているかご紹介します。 今回紹介するのは、JustGaba PhotographyのGaba Svarbuさんが実際に撮影している赤ちゃん達の写真です。 構図としては、赤ちゃんを写真の中心に配置し、周りを花などの植物で素敵に飾るスウィートな写真アイディアです。 赤ちゃんの写真ってどうやって撮ったら良いか悩んでいる人とかにお勧めしたいです。 ...

iPhone ProCamera アップデート 写真

ProCameraのアップデートで「LOWLIGHT+」解禁!ノイズの少ない高感度撮影が実現する!

投稿日:2月4日 更新日:

毎度利用させてもらっているカメラアプリProCameraがアップデートで、新たなアプリ内装置「LOWLIGHT+」(高感度+モード)が増えました。

これにより、高感度撮影を可能にするだけでなく、ノイズを低減して撮影することが出来るのです。いままでノイズタップリだった暗い写真からおさらば!

アップデートされたProCameraやLOWLIGHT+をご紹介します!

ProCameraアップデート

テスターもさせてもらっているカメラアプリProCameraに付いて書いちゃうよ。

LOWLIGHT+はすごいのだ

LowLightPlus-in-ProCamera_Example-sheet_NoiseRemoval_freehand_1950x1500px-1024x788
なぜか公式では「高感度+モード」と表示されているアプリ内課金で実装される機能ことLOWLIGHT+は、以前から表示されていたLOLIGHT(旧ナイトモード)の強化版です。HDRモード(これもアプリ内課金)のように、複数枚撮影することで、高感度撮影&ノイズ低減を実現したものです。

上記写真右のように、ノイズが消えちゃってくれるのだー。しかもコレは手持ちで実現可能。

LowLightPlus-in-ProCamera_Example-sheet_NoiseRemoval_1950x1500px-1024x788

手持ちでもいいのですが、三脚用のLOWLIGHT+もあります。固定できるのならもっと固定してみよう!

さらにさらに、三脚必須なLOWLIGHT+の機能LUX+というものが有ります。「LUX+」は64枚の写真を取り込み、暗い場所でもけっこう明るく取れてしまう。ゆえに三脚が必須ということです。LOWLIGHT+でも複数撮影する枚数が変わるのだ。

お試しも有るから試してみて欲しい。

ちなみに以下の動画を参照するのもよいと思います

HDRモードの強化

procamerahdrmode

今までのProCameraは、HDRモードは自動的に3~5枚の写真を撮影してそれらを合成していた。その撮影枚数を選べるようになった。ProCamera右下の3本線より上記画面を開き、HDRモードのボタンをタップしていけば「自動」「手動」「手動+」「Auto 3」「Auto 5」「LowLight HDR」と選べるわけだ

  • 自動 … そのまま自動でHDR撮影が出来る、何も考えたくないならコレ
  • 手動 … HDRモードの露出の幅を選択できる撮影枚数はどうやら自動と一緒のようです
  • 手動+ … HDRモードでの露出のトップとアンダーをいじれる。結構うれしい。
  • Auto 3 … HDRモードでの撮影枚数が3枚
  • Auto 5 … HDRモードでの撮影枚数が5枚
  • LowLight HDR  … 三脚が必要なHDRモード

それぞれのモードの違いをまとめるとこんな感じです。思ったように撮りたいのなら「手動+」で美しさを求めるのなら「LowLight HDR」を推薦させていただきます。それでもHDRモードは「自動」で十分な効果を発揮するものと思っています。

強化された「Today」ウィジェット

ProCamera_TodayWidget_TimeDisplay

通知センターに表示される内容がカメラアイコンと日の入り/日の出時間/ブルーアワー/次の満月も表示できるようになりました。

ブルーアワーとは
日の出前、日の入り後に空が青色に染まる時間帯。ほんの一時楽しめる時間帯

エクスポートのサイズ変更

Export_Menu_Gif_4-1

ProCameraってTIFF形式(現像前の生データ)で保存できるんだけど、それをエクスポート(シェアとかメール)してたらシェアされた側はたまったもんじゃありません。だって、かなりのデータ量になりますからね。なのでエクスポートメニューとして、画像の大きさやJPEGへの変換、ジオタグの削除などに対応しました。めっちゃうれしい機能です。

ProTimerのアップグレード

procamera8_62_ProTimer_dark

インターバル撮影が強化され、さいだい500枚まで撮影可能になりました。インターバル撮影の表示方法は、コントロールパネル(左下に有る3本線)からセルフタイマーを有効にし、シャッターボタン横に有るセルフタイマーボタンを長押し。「ProTimerを開く」と表示され、「撮影開始遅延時間」「撮影間隔」「写真枚数」を選択でいるようになります。

やっぱりProCameraはいいな

出来ることが多すぎて、全部使いきれてないですが、ProCameraはカメラアプリとして非常に重宝させてもらっています。

そして今回のアップデートで追加されたアプリ課金「LOWLIGHT+」(高感度+モード)は、テスターの時からスゲースゲーといわせていただいた素晴らしい機能です。是非ともアプリ内課金で使ってみよう(もちろんボクもアプリ内課金しました)

あー、あとApple Watchでもボタンが増えたとかね…。Apple Watchを持ってないからわかんないです!

ProCameraのダウンロード








-iPhone, ProCamera, アップデート, 写真
-, , , , ,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.