アート

こんな折り鶴は見たことない!折り鶴をカスタマイズする人Cristian Marianciuc

折り鶴って見たことあります?ほら、あの折り紙で作られた鶴のことです。幼少の頃に折り紙で作ったりしたことありませんか?おばーちゃんに折り方を教わったりさ。 今回ご紹介するのは、オリジナルの折り鶴を公開し続けるCristian Marianciucさんの作品です。折り鶴なんだけど、なんかものすごくカスタマイズされている折り鶴なのです。 ちょっとだけデザインされた物や、外見が全く違う物まで…、Cristian Marianciucさんによる折り鶴のカスタマイズがすごいことになっています。

アート イラスト

可愛すぎる!漫画調に描かれたディズニープリンセス達

なんてこった、何でこんなにカワイイ生き物になっちゃったんだろうか!? これは、パキスタンのアーティスト、マリヤム(Maryam)さんに描かれたディズニープリンセス達のイラストです。ディズニーのタッチとは全く異なる、漫画っぽい、それでいてカワイイイラストになっちゃいましたー! こんなん、恋しないほうがおかしいよ!かわいいよ! そんなディズニープリンセス達をご紹介!

LEGO アート

LEGOビルダーにより盆栽の作り方が公開されている

写真家でありLEGOビルダーのクリス·マクベイ(Chris McVeigh)さんが販売しているLEGOキット。その中にLEGOの盆栽が合ったのでご紹介したいと思います。 クリス·マクベイさんはFacebookやTumblr(タンブラー)でLEGOの作品をいくつか公開しており、キット販売されている物は無料で組み立て方法を公開しています。

アート

大理石が使われたとても贅沢なアナログ迷路:A MAZE

独創的な創作物を生み出すアーティストMarco Iannicelliによる贅沢な迷路をご紹介したい。 「A MAZE」と名付けられたそれは、大理石をベースに使われ、終わることの無い迷路を作り上げた。ジョイスティックを操作し、溝の掘られた円形の大理石を操作する。溝の中には鉄の玉が入っていて、大理石の溝の中をかけめるぐのだ。 タイトルは「迷路」だが、終わりはなく、自分で目標を設定しないと正直意味の無い迷路なのかも知れない。 それでも「大理石」という素材を使うことで、このアートに神秘性が増し、そのゴールをめぐれ ...

アート

細部まで作り込まれたミニチュアアート:kiyomi

とても小さい世界だけど、かなりステキだな。 ハンドメイド家具を趣味で作っているkiyomi(petipetit)さん。ハンドメイドでとても細かなミニチュアなアンティーク家具、ミニチュアなスイーツなどを作っている二児の主婦だそうだ。そんなkiyomiさんのInstaramに素晴らしい作品がたくさん公開されていたのでご紹介させていただきたい。 アンティーク好きな人、ミニチュア好きな人、どちらにも刺さるアート作品です。

ProCamera ちょっと古い

ProCameraでこれだけは覚えよう!「露出」「フォーカス」「露出補正」

投稿日:11月29日 更新日:

スマホ用カメラアプリ「ProCamera(プロカメラ)」のテスターをしている@kissatenです。世界中で使われている「ProCamera」を是非広めたくて、アプリの使い方を紹介したいなと思います。

今回は、ProCameraの基本中の基本である「露出」「フォーカス」「露出補正」機能について紹介します。ProCameraのこの3つを覚えておけば、今まで自動的にカメラアプリ任せに撮影していた人でも、自分が思った通りの写真が撮れちゃいます。

一歩進んだ写真を撮影するため、ProCameraの使い方を覚えましょう!

ProCameraを知ろう!

世界中にユーザーがいる写真アプリ「ProCamera(プロカメラ)」。ニューヨーク・タイムズ紙では「目の高いユーザーが賞賛するアプリ」と評価されているぐらいの素晴らしいアプリといえます。最近のアップデートで、HDR機能(アプリ内課金)が追加され、ProCameraの表現方法がさらに増えました。

※2104年現在

ProCameraのダウンロード

あのナショジオが推薦するぐらいです。様々なモバイルフォトグラファーにはかかせないカメラアプリといえるんじゃないかなと。
※この記事ではiOS8以降のProCameraについてです。

ProCameraマスターになろう!

ふたつのアイコンを表示

ここをタップします

ProCameraは普通のカメラアプリ同様に自動でフォーカや露出を合わせてくれます。そのままシャッターボタンを押せば写真撮影がすぐにできます。ただ、ほかのカメラアプリもそうですが、あくまで「自動」なので、「本当に撮りたい写真の雰囲気」を撮影したいときには画面の真ん中あたりを押してください。

二つのアイコンが登場

真ん中の十字をタップ(もしくはスライド)すると、二つのアイコンが現れます。「黄色い○」と「青い□」が現れたと思います。このアイコンの意味を理解すれば、ProCameraをつかって自分の撮りたいように撮影できます。

ProCameraで露出を変えよう!

露出を変える

黄色い丸いアイコンは「露出」を意味しています。「露出」とは、「写真の明るさ」と考えてください。実際に黄色いアイコンを動かせばどうなるかわかると思います。黄色い丸いアイコンに適正になるように全体の明るさが変わります。

暗さが変わる

これは「明るいところに合わせれば、写真全体が暗くなる(写真左)」「暗いところに合わせれば、写真全体が明るくなる(写真右)」と思っていただければよいです。実際にProCameraアプリで黄色い丸いアイコンを操作すれば明るさが変わることを確認できます。

つまり、ProCameraの黄色い丸いアイコンは、測光のためのアイコンで、「適性露出」にできるってことです。

 

黄色いアイコンを触ればわかります。

ProCameraでフォーカスを変えよう!

フォーカス=ピント

青い四角いアイコンは、「フォーカス」を変えるために使います。「フォーカス」とは、分かりやすい言葉で言うと「ピント」のことです。「ここにピントを合わせたい!」という場所にアイコンを持っていけばピントが合います。

ピントの遠近を変える

実際にアイコンを動かしてみると、手前のダンボーさんにピント(青いアイコン)を合わせると、背景がぼけます(写真左)。少し離れた奥にピント(青いアイコン)を合わせると、ダンボーさんがぼけて、背景がくっきりしたことがわかります。フォーカスが実際に動いていることを確認できます。

フォーカスを任意の場所に移動できるので、思ったボケを突っ繰り出せるって事です。

青いアイコンを触ればわかります。

「露出補正」で明るさを!

露出はここあり

「露出補正」として、ProCameraの下にあるバー(iOS8以降のProCamera)をスライドさせると写真全体の明るさを変えられます。これは、黄色いアイコンの「露出」と違い、写真全体を意図して変更ができます。めちゃくちゃ明るかったりめちゃくちゃ暗かったり、といった極端なことも可能です。

暗い場所で、明るさを一気にあげての撮影ができるので非常に重宝します。その際はシャッタースピードやISO値なども変わってしまいます。

もちろん、触ればわかります。



補足をするならば、さらに「マニュアル」での撮影もProCameraなら簡単に行えます。もう自動で撮りたくない…なんて人は、ProCameraでマニュアル撮影をすることも可能です。

ProCameraで露出、フォーカス、露出補正を操ろう

今回はProCameraの基本的操作である「露出」「フォーカス」「露出補正」のご紹介でした。実際に「触ればわかる」というアプリなので、是非一度ProCameraを触ってその有用性を理解して欲しいですね。有料アプリですけど、けっこうオススメしたいです。

ProCameraがあれば、アプリ内の写真編集機能で、ガッツリと写真編集も写真投稿もできちゃいます。なので、ProCamera以外のほかのアプリをアンインストールしてもいいぐらいに便利なのです。すべて使ってみて、一歩進んだモバイルフォトグラフィーを目指しましょう!

ProCameraのダウンロード

LIFE and iPhone iPhoneでセンスがいいねといわれる写真を撮る方法

LIFE and iPhone iPhoneでセンスがいいねといわれる写真を撮る方法

彦根 明, 彦根 藍矢
1,728円(06/26 13:46時点)
発売日: 2016/05/26
Amazonの情報を掲載しています








-ProCamera, ちょっと古い
-, ,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.