アート

流木からドラゴンなどを作るJames Doran-Webbの流木アート

フィリピン島の海岸にはいくつかの流木が流れ着くことがあるそうです。アーティストのJames Doran-Webbさんは、その流木を組み合わせて、ものすごいレベルの様々な流木アート作品を作り上げている人です。 James Doran-Webbさんが作った流木の彫刻は、それはそれはまるで「生きている」かのような出来栄えで、そのすごさに目を奪われてしまうのではないでしょうか。とても良くできた造形物だと思います。 James Doran-Webbさんが製作したいくつかの流木アートが公開されていましたのでご紹介しま ...

アート 写真

ライトペインティングのプロによる美しい光の花:Hannu Huhtamo

『ライトニングペイント』と言うアートのジャンルをご存知だろうか?カメラの長時間露光機能を使って、そのシャッターを切っている間に色々な光を与えて、「光で色々と描く」ことでアートとする物だ。 カメラの設定を長時間露光で撮影するだけなので、割と誰でも簡単にチャレンジできるジャンルだったりする。 そんな『ライトニングペイント』のプロであるフィンランドのアーティストHannu Huhtamoさんが行うアートがかなりスゴイ。1枚の写真の中に、この世の物とは思えないほど美しい光で作られた花が登場している。 しかも、どう ...

アート 音楽

「雪だるまつくろ〜♪」映画『アナと雪の女王』の歌パートを実写で再現した素敵なやつ

2013年のディズニー映画(日本では2014年)『アナと雪の女王』に出てくる歌パートを実写で行ってみた素敵な動画をご紹介します。 かわいらしい「アナ」の歌う「雪だるまつくろう」(原題:Do You Want to Build a Snowman?)や、ハンスと共に歌う「とびら開けて」(原題:Love is an open door)などが実写になってとっても素晴らしくなっています。 『アナと雪の女王』ファンに是非ともご覧になって欲しいです。

アート イラスト

「父が7年かけた迷路」がすごすぎる!そしてその続編も…。

2013年ごろ、Twitterユーザーの@Kya7yさんによって投稿されたとある「迷路」。なんでも彼女の父 (野村一雄)さんによって「7年間かけて」作られたA1サイズの用紙びっしりの迷路があるという。 このすごく細かい迷路は瞬く間にTwitterの間で広がり、国内外の様々な差違とで取り上げられた事とでも有名です。また、「Spoon&Tamago」でこの迷路が販売されてい事も知っているでしょう。 さて、この話に続きが有るのをご存知だろうか?2014年ごろ、再び彼女の父が迷路を造っていることを…。

アート

影にメッセージが現れるワイヤーアート by Fred Eerdekens

一見するとぐちゃぐちゃに折り曲げられた金属のワイヤーのオブジェ。ところが、ワイヤーに光を投射し、壁に映し出されたワイヤーの影を見ると、とあるメッセージがあらわれるアート作品。この作品の製作者であるFred Eerdekensさんは、影を使ってメッセージを伝えるアート作品を作っているのです。 その一つ一のメッセージ自体も作品になっています。

おもしろグッズ

ウイスキーを守るためだけの金庫:WHISKY VAULT

投稿日:

ウイスキーという飲み物の中には、1本数百万円もしてしまうものまで存在するのをご存じだろうか。ヴィンテージや限定品によっては1千万円を超えるモノだって存在する。そういったウイスキーを集めるコレクターもどうようにいるのだ。

そういった人達のために、台湾よりWHISKY VAULTという金庫が存在する。

ウイスキーをより安全に、よりカッコよく飾ってくれるための金庫なのだ。

電子ロック付きの金庫だぜ?ウイスキーのために使ってみないかい?

ウイスキー のための 金庫 WHISKY VAULT

S2 1000x562

WHISKY VAULTは、金庫とキャビネットがセットになった一つの製品だ。キャビネットにはもちろん入るのだが、やはり注目すべきは上段に存在する金庫では無いだろうか?

この金庫、中が透けていて、一見すぐに突破できそうな金庫ではある。

しかし、このガラス部分には防弾ガラスが使われており、金庫のボディ部分については鋼が利用されている。つまりマジで強いって事だ。

さらにさらに、この金庫を開けるためのドアには、電子ロックがついていて、気分を高めてくれる金属製のどでかいハンドルまでついているのだ。

ウイスキーをよりカッコよく見せてくれる

04 1000x562

キャビネットにも十分ウイスキーを格納できそう。

Home 3 1 1000x562

見た目がかなりカッコよすぎる。中を見ると、段差があって、後ろのウイスキーまでしっかり見れるようになっている。

そしてやはり注目したいのがこのサイドにあるどでかいハンドルと電子ロックだろう。

ちなみに電子ロックにはUL規格のLA GARD Electronic による電子ロックが採用されている。

ウイスキーを出すだけの作業なのに、これはだいぶアガること間違いなし。

飾る楽しみ、見る楽しみ

01 1000x562

筆者的には、まだウイスキーを楽しめる段階にはなっていないものの、こういう感じで飾られていたらキットそれは魅力的に感じてしまうに違いない。

それにしてもなんてかっこいいんだ。

ちょっと「そのまま盗めば良いのでは?」とおもったけど、よく調べたら金庫部分だけで90kg有るらしい。これは盗めないや。

超高価なウイスキーをコレクトする人、こういう専用の金庫があると安心ですね。

ちなみにお値段は6,000ドル(大体678万円)だそうです。

高価なウイスキーを守るなら十分な出費なのかな?


-おもしろグッズ
-

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.