まだデータがありません。

Microsoftのスキャナーアプリ「Office Lens」は使えるかも

Microsoftのスキャナーアプリ「Office Lens」は使えるかも

MicrosoftがiOS向けにスキャナーアプリ「Office Lens」をリリースしました。数あるスキャナーアプリを利用してきた結果、この「Office Lens」は使える物だと言いたいです。

実際に「Office Lens」アプリを使い、どれぐらいの制度なのかを試してみました。また、その結果どう「使える」のかをご紹介します。アプリ自体は無料なので、是非ダウンロードを。

Microsoft「Office Lens」

こちらがMicrosoftより提供されているiOS向けスキャナーアプリ「Office Lens」です。無料だから問答無用でダウンロードしました。実際に使用した感じを下記します。

実際にスキャンしてみた

officelenslens2

こちらが実際にスキャンしてみた画面です。適当に置かれた紙(ドキュメント)を撮影してもしっかりと撮影が出来ていることに注目。色味を調整できればなお良かったですが、これでも十分撮影できています。

もっとテキトーにスキャン

officelenslens
さらに「テキトー」にスキャンしてみました。こんな角度から撮影する機会なんかめったにないですが、横幅が縮小されるものの、ちゃんとスキャンできてることがわかります。

「使える」と言える点

ガイドがイイ

実際に使ってみるとワカルのですが、「この領域が保存されますよー」というガイドが、ドキュメントのスキャン時にとっても役立ちます。今まで見たことあるアプリは、どの領域が撮影されるかわかってませんでした(僕が使ったヤツで)

「ガイド」がいい!

保存先

「Office Lens」の保存先として以下の物が用意されています。

  • OneNote
  • OneDrive
  • Word
  • PowerPoint
  • PDF
  • メール
  • 写真ライブラリ

お分かりの通り、MicrosoftのOffice関連のアプリの他、PDFファイルに保存できます。画像やPDFなどはその他スキャナーアプリにあったのですが、直接Officeに送れるのはいいですね!(Microsoftのアカウントが必要な物もある)

OCR機能

さて、ここで改めて「Office Lens」の機能をご紹介しましょう。

活用方法の例:

  • ホワイトボードや黒板の内容を撮影し、トリミングし、会議用のメモとして同僚と共有できます。
  • 印刷された書類、名刺、ポスターのデジタル コピーを作成し、正確にトリミングできます。
  • 印刷された文字は自動的に認識されるため (OCR を使用)、画像内の文字を検索したり、コピーして編集したりできます。

機能:

  • ホワイトボード モードでは、トリミングと強い光や影の調整が行われます。
  • ドキュメント モードでは、トリミングと完全な色の調整が行われます。
  • 画像は、OneNote、OneDrive、またはいつも使っているクラウド上の記憶領域に保存できます。
  • 画像は、Word 文書 (.docx)、PowerPoint プレゼンテーション (.pptx)、または PDF (.pdf) に変換できます。変換したファイルは、OneDrive に自動的に保存されます。

おわかりいただけたでしょうか?「印刷された文字は自動的に認識されるため (OCR を使用)」と言う部分。これです。なんとOCR機能がついているのです。つまり、資料をスキャンして、文字認識をそのまましてくれる!

素晴らしい機能だ!

使ってみよう

MicrosoftのOffieに渡せて、OCRもつかえて、無料なスキャナーアプリ。それが「Office Lens」です。是非ともこの機会にご利用なさってください。

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です