アート イラスト

すげー!立体的コップのリアルイラストが作られていく様子!

絵を三次元的に描くことに憧れを持っていたのですが、それを更にリアルさを増すと、まるでそこに有るかのように見えてしまうのですね。 アーティストであるPortraitmaler Pabstさんによって描かれていく立体的なコップ。かなりリアルに描かれており、本当にそこに有るかのように見えます。Portraitmaler Pabstさんがそれらを描いていく過程をご覧になれます。

アート

ある角度から見ると作品が見えるようになるMichael Murphyのアート

Michael Murphyさんのアート作品。とある角度になって初めてその姿を現すアートとなっています。空間につるされた大小様々な黒いたま、とある一定の角度で、人の「目」が現れる空間を大きく使ったアートです。 Michael MurphyさんがYouTubeで公開されているいくつかのアート作品をご紹介します。その中には、バンクーバーで行われたTED開場に建設された物もあります。

アート

ファンによって作られたMGSの3Dポリゴン!

ファンの力ってすごいなーって思います! 3Dモデルを公開できるWEBサービスSketchfabにメタルギアソリッドの3Dモデルが投稿されていた! その3D内には、デフォルメされたメタルギアソリッドのキャラクターたちが存在していて、キャラクターごとにしっかりと特徴を生かされています。 今回ファンによって公開された3Dモデルは、PlayStationで販売された「METAL GEAR SOLID」の3Dモデルで、メタルギア「REX」やゲームの舞台となっている「シャドー・モセス島」がしっかりと再現されております ...

アート 映画

大学生リア充風になったディズニーやドリームワークスのキャラクター達

Tumblr内でいろいろと投稿しているPunziellaで、まるで大学生リア充になったディズニー&ドリームワークスキャラクター達の様子が公開されています。 主に、ディズニーはPixar系の映画『塔の上のラプンツェル』や『アナと雪の女王』等の主要キャラクター、たとえば「ラプンツェル」や「メリダ」や「アナ雪姉妹」などが、リア充っぷりを公開されています。 もともとリア充な気もしますが、現実世界にいたら、キットこんな雰囲気だったのでしょうね。

アニメ アート 映画

有名俳優達をコミック風にデザインするアーティスト、トニースタークやドクターストレンジ等

フェイスデザイナーXi Dingさんによる、有名俳優のキャラクターをコミック風に変えちゃうアートをご紹介。「アイアンマン」のトニースタークや、ドクターストレンジなど、主にMarvel(マーベル)系のキャラクターを良い感じにトゥーンしてくれる。 とにかくできあがったモノが良い感じ!! どこかディズニーっぽいのも良い感じ。 もちろん、マーベル以外の作品もあるんだけど、それらすべて、特徴をよく捉えている。

アプリ

ハイクオリティなスプラトゥーンのスマホゲーム、エイプリルフールネタ

投稿日:

4月1日と言えば様々な企業がエイプリルフールネタを投稿してネット界を賑わせてくれます。そんななか、個人的にヒットしたエイプリルフールネタを紹介します。



任天堂のゲーム「スプラトゥーン」シリーズのエイプリルフールネタを海外ユーザーが作ってくれました。それは「Splatoon Island」と名付けられ、まるで「スプラトゥーン」のスマホゲームがあるかの用に作られたプロモーションムービーです。(※もちろんエイプリルフールネタです)

架空のスマホアプリの紹介映像なのですが、ゲーム内容のクオリティがすごくて「え、出してくれないの?」とすら思える「やりたい感」がめっちゃあるプロモーションムービーになってました。

できれば任天堂公式に作って欲しいレベルのスマホアプリの紹介映像をお楽しみください。

スプラトゥーンのスマホゲームがあったらこんな感じ

エイプリルフールネタ「Splatoon Island」は、どうやらイカしたリゾート地を部隊にしたアクティビティを楽しむ内容のようです。存在しないにもかかわらずiOSやAndroidにも対応しているという点にも驚きです。

映像ではいくつかのみにゲームの紹介や、リゾート地で着替えられるであろう水着の変更要素も公開されていました。

またゲーム内時間設定があるのか夜のステージなんかもあってなにげにゲームとして素敵な雰囲気です。

舞台はリゾート地

Splatoon Island

始まりはシークルーズをするシーンかな。なんだかセレブな雰囲気があります。

ここが「Splatoon Island」の舞台です。イカやタコのように見える島ですね。

スマホ表示はこんな感じ

スプラトゥーンのようにキャラクターを身近に見る視点や、見下ろして広くキャラクターを操作できるようです。またUIも「ありそう感」がかなり出ていますね。

スプラトゥーンらしいミニゲームも存在

ミニゲームには、プールに浮かんだ浮き輪をおたがいで塗っていくモードや、クルーザーに色を塗っていくものもあるようです。映像を見る限りすでにゲームは完成の域に達しています。

なんとゲーム内にはアオリちゃんやホタルちゃんもいるようです。敵プレイヤーか何かでしょうかね?それにしても水着が「それっぽい」と言うのもステキです。

昼と夜で雰囲気が変わる

夜のステージもそれはそれは素敵な雰囲気。

ライブをするのはこの二人。君たちは一体!!?

さらに大人な雰囲気も!?

制作者のMike Inelさん

あくまでエイプリルフールネタと言うことで少し残念な気持ちもありますが、制作者のMike Inelさんについてご紹介させていただきたいです。

2018年のエイプリルフールにも、スプラトゥーンのPV風アニメーションを作っていたMike Inelさん。アドベンチャータイムやズートピアなどいくつかのパロディを作ってきた人物でもあります。

グラビティフォールズもこんなステキに作られてしまうなんて・・・。

そういうスキルが積み重なって今回の「Splatoon Island」が作られたのでしょうね。

DLCは3020年

「Splatoon Island」の話に戻りますが、映像の最後には「3020年にDLC出るよ」と書いてありました。そもそも「Splatoon Island」すらジョークなので存在しないのですが、遠い未来「過去にこんなことあったぜ」とギークやナード達がこぞって「実際に動くSplatoon Island」を作ってくれるかもしれませんね!

まぁ、その時代だったらスマホ自体が違う形になっているのでしょうけども・・・。

Mike Inelを見に行く

ハイカラウォーカー バイ スプラトゥーン2

ハイカラウォーカー バイ スプラトゥーン2

2,376円(06/16 20:06時点)
発売日: 2018/12/28
Amazonの情報を掲載しています

 








-アプリ
-, , ,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.