アート

様々なキャラクターをホットプレートでパンケーキにするアート

ホットプレートで様々なキャラクターをパンケーキアートにしちゃうTigerTomatoをご紹介します。TigerTomatoのYouTubeチャンネルでは、すでにたくさんのキャラクターがパンケーキで再現されています。「ソニック」「スヌーピー」「ドラえもん」「カービィ」など、有名なキャラクター達のパンケーキ! TigerTomatoによりキャラクター達がパンケーキにされていく過程をじっくり見ることが出来るので、パンケーキ制作工程を見ていけば実際にトライできそうな気がします。

アート

大きな収納、北欧デザインがすてきな多機能ワークスペース:Köllen Eget

やっぱりワークスペースもオシャレな方が良いと思う。だから今回紹介するような製品を知って欲しいなと思います。 Paula Terra BoschがデザインしたKöllenEgetデスク。様々な多機能で、ユーザー個々にパーソナライズされた雰囲気を作り出すワークスペースです。ヨーロッパ北部のスカンディナヴィア地方のデザインスタイルと美しく調和したデスク。ユニークで革新的な様々な機能が用意されている。 ただ、テーブルとして使うより、色々な機能が付いていた方がやっぱり良いよね…!!って感じのテーブルです。デザインも ...

アート イラスト 映画

アイアンマンVSジャスピオン!?いったいこれからどうなるのこの漫画!

こ、この展開は予測できないぜ!いったいこれからどうなってしまうのだ! キセノンテンターで過去に紹介した日本のヒーロー達とアメリカのヒーロー達を戦わせているファンアートを描くkikomaurizさんが新たにファンアートを書いている。 イラストなどは、随時記事に追加しているのですが、今度のはイラストじゃない!なんとコミックとして新たに始めるようだ! 最初のコミックの1ページ目は、なんとアイアンマンとジャスピオンが何かやらかす!?どうなっちゃうのこの先!いったい何があったの?

アート イラスト

2017年にディズニープリンセス達がいたらこんな感じ

あー、わかるはー、こういうのね。 アーティストFernanda Suarez(フェルナンダースアレス)によって描かれるディズニープリンセス達。まるで現代のファッションを身にまとったようなプリンセス達だ。 「デスパレートな妻達」や「セックスアンドザシティ」をイメージさせるようなクールビューティーでアダルティーに仕上がっている!!

アート

他人の写真をピクサーっぽい3Dモデルにするアーティスト:Lance Phan

いやいや、こう言うアートマジで好きだよ。 色々な人物の写真をまるでPixar(ピクサー)映画のキャラクターのような3Dモデルに変換するアーティストLance Phanをご紹介します。写真から3Dモデルを構築し、そして同じ構図、同じ服装で写真家。それがなんともステキなアートだ。 Instagramの@lance_phanというアカウントで様々な人物が3D化されているのをみれる。今回はそんな中からいくつかご紹介させて頂きます。

アプリ

ハイクオリティなスプラトゥーンのスマホゲーム、エイプリルフールネタ

投稿日:

4月1日と言えば様々な企業がエイプリルフールネタを投稿してネット界を賑わせてくれます。そんななか、個人的にヒットしたエイプリルフールネタを紹介します。



任天堂のゲーム「スプラトゥーン」シリーズのエイプリルフールネタを海外ユーザーが作ってくれました。それは「Splatoon Island」と名付けられ、まるで「スプラトゥーン」のスマホゲームがあるかの用に作られたプロモーションムービーです。(※もちろんエイプリルフールネタです)

架空のスマホアプリの紹介映像なのですが、ゲーム内容のクオリティがすごくて「え、出してくれないの?」とすら思える「やりたい感」がめっちゃあるプロモーションムービーになってました。

できれば任天堂公式に作って欲しいレベルのスマホアプリの紹介映像をお楽しみください。

スプラトゥーンのスマホゲームがあったらこんな感じ

エイプリルフールネタ「Splatoon Island」は、どうやらイカしたリゾート地を部隊にしたアクティビティを楽しむ内容のようです。存在しないにもかかわらずiOSやAndroidにも対応しているという点にも驚きです。

映像ではいくつかのみにゲームの紹介や、リゾート地で着替えられるであろう水着の変更要素も公開されていました。

またゲーム内時間設定があるのか夜のステージなんかもあってなにげにゲームとして素敵な雰囲気です。

舞台はリゾート地

Splatoon Island

始まりはシークルーズをするシーンかな。なんだかセレブな雰囲気があります。

ここが「Splatoon Island」の舞台です。イカやタコのように見える島ですね。

スマホ表示はこんな感じ

スプラトゥーンのようにキャラクターを身近に見る視点や、見下ろして広くキャラクターを操作できるようです。またUIも「ありそう感」がかなり出ていますね。

スプラトゥーンらしいミニゲームも存在

ミニゲームには、プールに浮かんだ浮き輪をおたがいで塗っていくモードや、クルーザーに色を塗っていくものもあるようです。映像を見る限りすでにゲームは完成の域に達しています。

なんとゲーム内にはアオリちゃんやホタルちゃんもいるようです。敵プレイヤーか何かでしょうかね?それにしても水着が「それっぽい」と言うのもステキです。

昼と夜で雰囲気が変わる

夜のステージもそれはそれは素敵な雰囲気。

ライブをするのはこの二人。君たちは一体!!?

さらに大人な雰囲気も!?

制作者のMike Inelさん

あくまでエイプリルフールネタと言うことで少し残念な気持ちもありますが、制作者のMike Inelさんについてご紹介させていただきたいです。

2018年のエイプリルフールにも、スプラトゥーンのPV風アニメーションを作っていたMike Inelさん。アドベンチャータイムやズートピアなどいくつかのパロディを作ってきた人物でもあります。

グラビティフォールズもこんなステキに作られてしまうなんて・・・。

そういうスキルが積み重なって今回の「Splatoon Island」が作られたのでしょうね。

DLCは3020年

「Splatoon Island」の話に戻りますが、映像の最後には「3020年にDLC出るよ」と書いてありました。そもそも「Splatoon Island」すらジョークなので存在しないのですが、遠い未来「過去にこんなことあったぜ」とギークやナード達がこぞって「実際に動くSplatoon Island」を作ってくれるかもしれませんね!

まぁ、その時代だったらスマホ自体が違う形になっているのでしょうけども・・・。

Mike Inelを見に行く

ハイカラウォーカー バイ スプラトゥーン2

ハイカラウォーカー バイ スプラトゥーン2

2,376円(04/18 16:53時点)
発売日: 2018/12/28
Amazonの情報を掲載しています

 








-アプリ
-, , ,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.