アート

2Dで動くOverwatchのキャラクター達:Kyle Bunk

アメリカのFiraxis Games社で働く3DアニメーターKyle Bunkさんの2Dアート作品を紹介します。ピクセルで描かれたキャラクター達が結構動いてくれます。 Kyle Bunkさんが描く2Dアニメーションは、ブリザード・エンターテイメントの世界的に人気のアクションFPSゲーム「Overwatch(オーバーウォッチ)」の各キャラクター達です。いろいろなキャラクターがまるで格ゲーのように動いてくれます。 元々3Dのゲームだけあって、2Dになるとなんだか不思議な見え方もしちゃいます。古き良きゲームにに ...

アート

フルーツを素敵に擬人化したイラストアート:Marija Tiurina

これは素敵な擬人化だ! ロンドンを拠点に活動するアーティストMarija Tiurinaさんのイラストアートをこの記事では紹介します。どうやらMarija Tiurinaさんの住んでいる町には、特別な青果店が存在するらしく、日本ではあんまり見ないような果物や野菜が取り扱われているようです。 そんな色々な野菜や果物をいい感じに「擬人化」したイラストアートをさんは描いています。「え?この果物ってなんて言うの?」と、思っちゃいそうなものばかりですが、彼女が水彩画を使って表現するキャラクターはどれも素敵なものばか ...

アート イラスト

侍になったドラゴンボールキャラクター:Guillem Daudén

スペインバルセロナで活動するコンセプトアーティストGuillem Daudénさんによるイラストアートを紹介します。Guillem Daudénさんは「もしも侍になったら?」を思わせるように、鳥山明さんのドラゴンボールを「侍風イラスト」に描いてくれます。ちなみにそのときの名義は「kenji_893」です。 侍風になった孫悟空やベジータ、トランクスなど、「え、めっちゃサムライに合うじゃん」と思わせてくれるようなイラストなど。ドラゴンボールキャラクターがサムライになったらこうなるぞというイラストを紹介します。 ...

アート イラスト

ディズニーキャラクターがリアルの世界にいたらこんな感じ、ヴィラン編

これはなかなかカッコいいじゃないか・・・。 以前にも当ブログで紹介した、メルボルンで活動するグラフィックアートストJirka Väätäinenさんイラストを再び紹介したいです。ディズニーキャラクターを美男美女化するあのアーティストさんです。 前回の記事では、主にJirka さんによってリアル化された、ディズニーの主人降格のキャラクターを紹介しました。そのシリーズは「#RealLifeDisneyCharacters」や「#RealLifeDisneyGirls」なんかでタグ付けされています。 その記事の ...

アート 写真

実践してみたくなる、プロによるスウィートな赤ちゃんの撮影アイディア:JustGaba Photography

赤ちゃんってそのままの姿でもめちゃくちゃ可愛いけど、どうせだったらすっごい良い感じに撮りたいですよね?そんなとき、プロの現場ではどういった撮影アイディアで新生児達を撮影しているかご紹介します。 今回紹介するのは、JustGaba PhotographyのGaba Svarbuさんが実際に撮影している赤ちゃん達の写真です。 構図としては、赤ちゃんを写真の中心に配置し、周りを花などの植物で素敵に飾るスウィートな写真アイディアです。 赤ちゃんの写真ってどうやって撮ったら良いか悩んでいる人とかにお勧めしたいです。 ...

クラウドファンディング

自分でDIYする携帯電話のキット:MAKERphone

投稿日:10月18日 更新日:

クラウドファンディングってやっぱり面白いコンセプトの製品がたくさんあるんだな。

Kickstarterにて、出ていた「MAKERphone」という製品についてご紹介します。

こちらの製品は、「MAKERphone」という名前の通りDIYするタイプの携帯電話で、マジで全部自分でやらないと行けない。

基板や半田など基本的な道具が存在するのですが、それらを自らの手でくみ上げ、コーディングなども行って、最終的に機能できるようにするタイプのモノです。

携帯電話として使えるようになるまでいくつかのスキルが必須となるキット製品です。

出来上がった携帯電話は、4Gの通信はもちろん、テキストメッセージも送れるモノとか?

今ではすっかりスマートフォンが流行りまくっている中に、なぜかそう言うタイプのモノが登場。

学習系DIYキット…と考えたらアリかも?

DIYする携帯電話キット「MAKERphone」

「MAKERphone」の説明によれば、自分でコーディングする携帯電話って感じになっている。カラーディスプレイがあるのでメディアプレイヤーやゲームとしての機能も装着できたりするとか。

つかえる言語で言うと、Arduino、Python、Scratchなんかが使える。逆に言うと、その知識が無いとこの携帯電話は機能できないのか?説明書的な物も有るらしいけど、最初はきっとちんぷんかんぷんで、スキル無い人が手に入れたら、枕を濡らす羽目になるだろう。

このキットを手に入れると、電子工作の基礎を学べ、携帯電話の仕組みを知り、半田付けスキルに磨きがかかるというものだ。そう言うモノをお呼びじゃない人はまったく不要のモノだけど、ギーカーならこの携帯電話がとても魅力的に感じるに違いない。

97ba1a00de883f6c6d28064ffe54df30 original

キットによると、基板、外側、ディスプレイ、バッテリー、各種ケーブルや色々な部品が入っている。さらには、基本的道具である電源やドライバー、半田やペンチやニッパーなどDIYするのに役立ってくれるアイテムがついている。

なんかお得感があるね。

んで、こういうのがついてKickstarterかかくで 89ドルなんだ。割とあり。

携帯電話の機能としては、4G回線に、テキストメッセージ(おそらくバイト的に英語のみ)、無駄に高音質なDACなんかが有るみたい。

が、分かってると思うが、日本の法律でおそらく国内だと利用不可能だろう。くやしー。

携帯電話に遊び心も

他人と違うモノが良い…ってギーカー達は、こぞってコレを作るに違いない。スマートフォンの機能は全くないけど、携帯電話として、いい音が出るDAC付きプレイヤーとして、こういう製品があるってのを知って欲しい。

うーん、電波法、さっさとなくならねーかなー。

コレ系で言うと、Googleが組み合わせてカスタマイズできる次世代スマートフォン計画「Project Ara」ってのもあったけどなくなったからねー。まぁ、これはスマホじゃないけど。

ちなみに、一番最初にScratchでコーディングしなきゃいけないんだけど、その作業は数分で終わるみたいだ。ってか、最初から書き込んどいてくれても良いのになーって思った。

でも作る楽しさ、遊び心っていつまでも大事だからね!MAKERphoneはそう言う人に向いていると思うよ!








-クラウドファンディング
-, , ,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.