アート

流木からドラゴンなどを作るJames Doran-Webbの流木アート

フィリピン島の海岸にはいくつかの流木が流れ着くことがあるそうです。アーティストのJames Doran-Webbさんは、その流木を組み合わせて、ものすごいレベルの様々な流木アート作品を作り上げている人です。 James Doran-Webbさんが作った流木の彫刻は、それはそれはまるで「生きている」かのような出来栄えで、そのすごさに目を奪われてしまうのではないでしょうか。とても良くできた造形物だと思います。 James Doran-Webbさんが製作したいくつかの流木アートが公開されていましたのでご紹介しま ...

アート 写真

ライトペインティングのプロによる美しい光の花:Hannu Huhtamo

『ライトニングペイント』と言うアートのジャンルをご存知だろうか?カメラの長時間露光機能を使って、そのシャッターを切っている間に色々な光を与えて、「光で色々と描く」ことでアートとする物だ。 カメラの設定を長時間露光で撮影するだけなので、割と誰でも簡単にチャレンジできるジャンルだったりする。 そんな『ライトニングペイント』のプロであるフィンランドのアーティストHannu Huhtamoさんが行うアートがかなりスゴイ。1枚の写真の中に、この世の物とは思えないほど美しい光で作られた花が登場している。 しかも、どう ...

アート 音楽

「雪だるまつくろ〜♪」映画『アナと雪の女王』の歌パートを実写で再現した素敵なやつ

2013年のディズニー映画(日本では2014年)『アナと雪の女王』に出てくる歌パートを実写で行ってみた素敵な動画をご紹介します。 かわいらしい「アナ」の歌う「雪だるまつくろう」(原題:Do You Want to Build a Snowman?)や、ハンスと共に歌う「とびら開けて」(原題:Love is an open door)などが実写になってとっても素晴らしくなっています。 『アナと雪の女王』ファンに是非ともご覧になって欲しいです。

アート イラスト

「父が7年かけた迷路」がすごすぎる!そしてその続編も…。

2013年ごろ、Twitterユーザーの@Kya7yさんによって投稿されたとある「迷路」。なんでも彼女の父 (野村一雄)さんによって「7年間かけて」作られたA1サイズの用紙びっしりの迷路があるという。 このすごく細かい迷路は瞬く間にTwitterの間で広がり、国内外の様々な差違とで取り上げられた事とでも有名です。また、「Spoon&Tamago」でこの迷路が販売されてい事も知っているでしょう。 さて、この話に続きが有るのをご存知だろうか?2014年ごろ、再び彼女の父が迷路を造っていることを…。

アート

影にメッセージが現れるワイヤーアート by Fred Eerdekens

一見するとぐちゃぐちゃに折り曲げられた金属のワイヤーのオブジェ。ところが、ワイヤーに光を投射し、壁に映し出されたワイヤーの影を見ると、とあるメッセージがあらわれるアート作品。この作品の製作者であるFred Eerdekensさんは、影を使ってメッセージを伝えるアート作品を作っているのです。 その一つ一のメッセージ自体も作品になっています。

おもしろ動画 ゲーム ニュース

Steam版メタルギアソリッド5がやりたい放題されている

投稿日:1月19日 更新日:

先日、Steam(PC)版のMGSV:GZで小島監督でメタルギアソリッドがプレイできている動画をご紹介しましたが、色々と調べていくとSteam版(PC)メタルギアソリッド5(Metar Gear Solid V)では、キャラクターMODの書き換え等を利用してめちゃくちゃな状態だということがわかってきました。メタルギアソリッド5の一部のユーザーが公開している動画によると、様々なキャラクターが主人公であるスネークと置き換えられプレイされているということです。

このMOD置換という手法は、スネークのキャラクタデータを別のキャラクタのデータと置換することで可能とされている技です。

そんなMODを使ってキャラクターを置換されたメタルギアソリッドの様子をいくつか紹介します

こんなメタルギアはありか?MODを使ってキャラ変え

宿敵スカルフェイス

MGSVシリーズのヴィランデある「スカルフェイス」を使ってのMGSVのプレイ映像。こいつも潜入できる人間だったとは・・・。

和平・ミラー


Metar Gear Solidの「マスター・ミラー」でおなじみの「カズヒラ・ミラー」もプレイに参戦!?

雷電

もはやネタキャラとされてきてしまったMGS2の主人公「雷電」もプレイできてしまう。ちなみに雷電自体は別のモードでプレイ可能。

パス

パス君もか!

MODを使えば何でもアリの状態

ご覧のように、どんなキャラクターでもプレイ可能ということがわかりました。さすがに体格の違う「パス」については位置がずれている感じですが特に問題はないようです。

音声もスネークのままなのですが、特にプレイに支障はないと見て取れます。

とりあえず「キャラクターのデータがあればOK」と言うことがわかりましたね?わかって上で最後にこちらをご覧ください。

まさかの鳥


ご覧の通り、「和平・ミラー」が鳥(カラス)のデータと置き換えられちゃっています。カラスのデータ自体が良くできているため、しっかりと「和平・ミラー」が手を羽ばたかせて飛んでいることがわかります。これはこれで面白いです。

PC版ならではの出来事

PSやXBOXと違い、Steam版(PC版)MGSはデータが「むき出し」で「弄れる」状態なためこのようなことが可能なのでしょうね。オススメはしませんが、PC版ならではのメタルギアソリッドを体験する…なんてことも…。

ちなみに、「MGS5 MOD」や「MGS5 SWAP」なんて調べればコレ系のことが出てきます。PCのデータが壊れるかも知れませんので、ご推薦はしません。(※推薦していません)

いくつかMGS5 MODについて調べてみた

MGSVのMODについて調べてみると、「SnakeBite Mod manage」というMODマネージャーツールがヒットしました。「Nexus Mods」というサイトにそれらが公開されており(アクセスする自体がちょっと危ないので、リンクはしませんし自己責任で)、その中の「Snake Bite」を使って簡単にMODを入れ替えられるようです。

ただし、あくまで「自己責任」の世界で、下手をしたらPC自体に影響を与える恐れもあることなので注意が必要です。あくまでそういったものが存在するぞというのを紹介したまでです。








-おもしろ動画, ゲーム, ニュース
-, , ,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.