TOYOTA GAZOO Racing 5大陸走破プロジェクト、ギャラリーにあるコピーがなんかすごい

TOYOTA GAZOO Racing 5大陸走破プロジェクト、ギャラリーにあるコピーがなんかすごい

「コピー」…ってやっぱ人を引きつけてくれる不思議な魅力があるんですよね…。

2014年から始まった“TOYOTA GAZOO Racing 5大陸走破プロジェクト”の第3弾“Latin America 2016”編のギャラリーが2017年3月1日から公開されました。日本と現地事業体の従業員118名が協力しながら、約3か月半にわたり、南米大陸の多様で厳しい道を走破!その様子が美しい写真として公開されている。

その写真には、それぞれ「コピー」が書かれており、なんだかものすごい世界観を持っている…。

やたら「風」とか「地球」とか、なんとなくカッコいい感じのワードが使われており、色々とみてくと謎の世界観に入っちゃえれます…。

すげえ、なんか、すげえ。

TOYOTA GAZOO Racing 5大陸走破のコピー

こちらが、“TOYOTA GAZOO Racing 5大陸走破プロジェクト”の第3弾“Latin America 2016”のギャラリーが公開されているサイトです。プロジェクトの期間は、2016年の8月22日から行われた。3つのチームに分かれ、計7カ国、約2万kmを走破したのだ!

日本と現地事業体の従業員118名が協力しながら、約3か月半にわたり、南米大陸の多様で厳しい道を走破。いくつもの国境を越える中で、多様な文化、風土を肌で感じながら、熱帯の泥濘路や標高4,000m以上の高地山岳路を走行するほか、強い横風が吹く道での高速走行などを実施。

また、世界一過酷なモータースポーツと言われるダカール・ラリーのコースにもなっている砂丘やワジなども走行し、厳しい環境を走り抜くなかで、参加メンバーの「もっといいクルマづくり」の感性を磨いた。

磨かれた結果なのか、あのコピー…。色々と鋭い感じところからの切り込みとなっている。すべてを紹介するのはちょっともったいないので、ちょっとだけのご紹介です。

なんかすごいコピー、厳選

安心する

 

『何かに圧倒されると安心する。』

忘れてしまった

『帰りたいという気持ちを忘れてしまった。』

気がする

『荒野を走ると強くなった気がする。』

壁になる

『国境で風が壁になる。』

思ったことはあるか

『最近、自分が自然の一部と思ったことがあるか。』

強さを呼ぶ。

『弱さが強さを呼ぶ。』

という声がした

『弱さは強さだ、という声がした。』

いけないのだろうか

『世界は成長しなくてはいけないのだろうか。』

たいてい都会だ

『世界を悪く言うのは、たいてい都会だ。』

知ることだ

『世界を理解したかったら、すぐ隣の奴を知ることだ。』

残りそうだ

『地球が破壊してもここは残りそうだ』

生き方をしろ

『沈黙が言葉になるような生き方をしろ。』

帰っていい頃だ

都会が小さく思えたら、帰ってもいい頃だ。

同志だ

『同志だ。同じ道を走る同志だ。』

ほどだった。

『怖かった。笑ってしまうほどだった。』

起こしてはいけない

『風が眠っている。起こしてはいけない。』

風は敵か

『風は味方か、風は敵か。』

膨らんだ

『風を食べた。心が膨らんだ。』

いいな地球って。

『歩いても、走っても、止まっても、明日になる。いいな地球って。』

青くなる

『旅をすると言葉はすぐに青くなる。』

まだ足りない

『まだ足りない。まだ足りない。』

なるほど…、国境で壁になった風は味方か敵かわからないけど食べたら膨らんだ…ってことなのか…。

はい。

この気持ちは何だろう…

世界に羽ばたいてしまった人たちは、心の中に走りを求め、始まりを求め、磨きがかかった。眠りについた風は、誰かの風になり、来るなと言う。

はい。なんかそういう言葉が自然と出てきちゃいました。

今回ご紹介したのは、マジでほんの一部だけです。それが特設サイトで見ることが出来る。他にもどうやらinstagramで段々と公開されて行くそうだ。「風」がどうなるか知りたい人、是非ともサイトを見に行ってみよう。

いや、コピーもだけど、写真も全部スゴイよ!!

個人的に好きな奴は『旅をすると言葉はすぐに青くなる。』です。まんまですね!

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です