リコーの360度天球撮影できる「RICOH THETA」に新モデル!

リコーの360度天球撮影できる「RICOH THETA」に新モデル!

リコーから出ている、一度シャッターを切るだけで、撮影者を取り囲む全天球イメージを撮影することができるガジェット「RICOH THETA」。モデルチェンジし、カラーバリエーションも4色あるそうです。通信速度が最大で2倍になり、最も注目すべきところは「全天球動画撮影」が可能になったところです。

「RICOH THETA」ニューモデル

今回発売する新型の「RICOH THETA」は、持ち運びしやすい小型・軽量サイズのデザインはそのままに、通信速度を最大で約2倍に高速化するとともに、多くのユーザーからご要望いただいていた全天球動画撮影を可能にしています。撮影後にPC上で画像変換処理をおこなうことで、最大3分間の撮影画像を、あたかもその場にいるかのような体験ができる全天球動画としてお楽しみいただけます。また、新たに4色から選べるカラーバリエーションも用意し、毎日持ち歩くツールとしての楽しさや、デザイン性も高めています。
※筆者により改変

製品名 RICOH THETA (型番:RICOH THETA m15)
本体色 ホワイト/ピンク/イエロー/ブルー
価 格 オープン価格
発売日 2014年11月14日

「デザインそのまま」「通信速度は最大で約2倍」「全天球動画撮影」が注目できるところです、ただ、動画については、最大で3分間とちょっと物足りない感じでしょうけど、よーく考えると3分も全天球動画撮影するかなーと。

もっと詳しく

  • ワンショットで全天球イメージの撮影が可能
  • 全天空動画撮影に対応
  • 通信速度の高速化
  • 4色から選べるカラーバリエーション
  • 専用アプリの開発やアレンジが可能

今回のTHETAではこのような感じになっています。ワンショット撮影後、すぐにでも専用ウェブサイト「theta360.com」で公開でる流れです。上記リストで「専用アプリの開発やアレンジが可能」が注目したいところ。これは、API,SDKが高迂回されたので、THETAを使ったさらなるWEBの発展につながります。

この新たに発売されるTHETAを手に入れて、いっぱい撮影しちゃう人いるだろうなー。値段だけが気になるところです。

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です