RICOH THETAで撮影した全天球写真を印刷する「球面プリントサービス」

RICOH THETAで撮影した全天球写真を印刷する「球面プリントサービス」

RICOH THETAやアプリGoogle Photo Sphereといえば、全天球写真をつくれる「球体撮影」出来る優れものです。その全天球写真を印刷すると、どうしても「球体」っぽく無い物になってしまいます。

そこで、落合雄介氏は「林檎の皮むき」からヒントを得て、全天球写真を「球体」にプリントすることを可能としました。実際に球体撮影された物がどういった物か、動画で解説されています。

THETAの写真データをどうしようか迷っている人に是非使って欲しいサービスです。

球面プリントサービス

Printing 360-degree photo on a sphere

このアイディアは素晴らしい!全天球写真をまるで林檎の皮を剥くかのように、ピロピロとした物にしちゃう。しかもその印刷された物は、しっかりと組み立てられることができるわけね…。

販売もしっかりしている

実は落合雄介氏により、全天球写真のデータが有れば球面プリントを印刷してくれるサービスがあるのだ!

6cmは670円、9cmは970円、14cmは1270円と結構リーズナブルなサービスだそうだ。

プレゼントにも良いね

「球面プリントサービス」は、RICOH THETAやGoogle Photo Sphereで使える物です。RICOH THETAなんかはパーティーシーンで良く使われる物なので、ちょっとしたプレゼントにも良い物でしょうね!

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です