「父が7年かけた迷路」がすごすぎる!そしてその続編も…。

「父が7年かけた迷路」がすごすぎる!そしてその続編も…。

2013年ごろ、Twitterユーザーの@Kya7yさんによって投稿されたとある「迷路」。なんでも彼女の父 (野村一雄)さんによって「7年間かけて」作られたA1サイズの用紙びっしりの迷路があるという。

このすごく細かい迷路は瞬く間にTwitterの間で広がり、国内外の様々な差違とで取り上げられた事とでも有名です。また、「Spoon&Tamago」でこの迷路が販売されてい事も知っているでしょう。

さて、この話に続きが有るのをご存知だろうか?2014年ごろ、再び彼女の父が迷路を造っていることを…。

7年かけた迷路!

papas_maze_spoon_and_tamago_5_1024x1024

papas_maze_spoon_and_tamago_6_1024x1024

papas_maze_spoon_and_tamago_2_1024x1024

papas_maze_spoon_and_tamago_4_1024x1024

papas_maze_spoon_and_tamago_7_1024x1024

papas_maze_spoon_and_tamago_3_1024x1024

papas_maze_2_1024x1024

こちらが7年の歳月をかけられて作られた迷路、通称「Papa’s Maze」です。人間の手と比較して、かなり細かい迷路だということがお分かりだろうか?さらに迷路を細かく見ると、その仕事が非常に精密な作業となっていることも…。

続編はこちら

そしてコレは2014年末のツイート。またまた彼女の父(野村一雄)により迷路が造られていく…。そして出来たのがコレだ!

papas-maze-NEW_5_1024x1024

papas-maze-NEW_4_1024x1024

papas-maze-NEW_2_1024x1024

papas-maze-NEW_3_1024x1024

papas-maze-NEW_1_1024x1024

Oh…。
なんとも気の遠くなりそうな迷路です。こちらの迷路も「Papa’s Maze 2.0」として販売されています(後記します)。

迷路の「完成」とは?

さて、今回ご紹介した野村一雄さんによって作られた迷路。やっぱり迷路の「完成」ってその迷路をクリアしたからでしょうね。とうことで、この迷路に挑戦したい人!Spoon&Tamagoの販売サイトをご紹介しておきます!挑戦したい人は、是非下記サイトを!

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です