アート イラスト

まさにバッドエンド!ディズニーキャラの悪役がもしも勝ってしまったら…。

とても見ていて胸を痛めてしまいます。いくつかのディズニー映画に登場する悪役(ヴィラン)が「もしも映画内で勝ってしまったら?」をイラスト化した、DeviantArtユーザーのjustin-mctwispさんの作品をご紹介します。 正直、イラストを拝見した時に「胸くそ悪い」と思ってしまうほど、映画に詰まっている愛をぶち壊すほどの内容です。まさに「バッドエンド」な結果になってしまった、ディズニーキャラクター達をご覧下さい。

LEGO アート

LEGOで作ったターンテーブルがしっかりとレコードを鳴らしている

LEGOって何でも出来ちゃうんですね!韓国人のLEGO愛好家であるHayarobiさんが、LEGOをつかったターンテーブル「The Planet」を作り上げました! タダ回転するだけでなく、しっかりと音まで鳴らせてしまうらしいです。カートリッジにはオーディオテクニカのものが使われているから、しっかりと鳴らせてくれるというものです。 いやー、LEGOって何でも出来る物だと思ってましたが、ターンテーブルまで作っちゃうとはすごいですね!それでは、HayarobiさんのLEGOターンテーブル「The Planet ...

アート

自室をバンクシー美術館に出来ちゃうウォールステッカー

イギリスのロンドンを中心に活動する覆面アーティスト「バンクシー」(Banksy)。彼の作品は、社会風刺的グラフィティアートなストリートアート作品を世界各地でゲリラ的に行っちゃう。有名美術館に自身の作品を勝手に置いちゃうなどのパフォーマンスで、「芸術テロリスト」なんて呼ばれ方もしている。 そんなバンクシーの作品にはどこか魅力的なとこが有り、ソレの価値を思う人もいるようです。2007年2月に行われたサザビーズ主催のオークションでは、バンクシーの作品計6点が総額37万2千ポンド(日本円で約8500万円以上)で落 ...

アート

細かい切り絵に惚れちゃうな。Suzy Taylorの切り絵アート

ネットを散策していたら、素敵な切り絵氏を見つけました。こちらのドクロの切り絵を作ったのはスージー・テイラー(Suzy Taylor)さん。Facebookページ(Folk Art Papercuts名で活動)やEtsyでこれらの作品を見ることが出来ます。 切り絵ってどこからがプロなのかわかりませんが、全ての切り絵を行う人を尊敬しています。良くこんな細かいことできちゃうなーと。ということで、スージーさんの作品をいくつかご紹介します。主にFacebookからのご紹介です。

アート

Processingで作成した美しいGIFアニメーション

Processingを使って作られた美しいGIFアニメーションを公開しているdave whyteさんの作品をご紹介します。規則正しく動くアニメーションは半永久的に観測したくなってきます。 Processingとは Processing(プロセシング)は、キャセイ・レアス(英語版)(Casey Reas)とベンジャミン・フライ(英語版)(Benjamin Fry)によるオープンソースプロジェクトであり、かつてはMITメディアラボで開発されていた。電子アートとビジュアルデザインのためのプログラミング言語であり ...

アート

アルミ缶をアーティスティックデザインにトランスフォームさせちゃう男:Noah Deledda

投稿日:

デトロイト生まれのアーティスト、Noah Deledda(ノア・デルデダ)による、とんでもないかっこいいアートを紹介。そのアートの元となっているのは、古いアルミの空き缶。手作業で凹凸をつけていき、アルミ缶をアーティスティックな彫刻に変貌させる。

まさか、アルミ缶がここまでデザイン性のある物体にリサイクルされるとは誰が予想できただろうか。魅力的な造形、統一の取れたデザイン。メチャクチャ素敵じゃん!!

アルミ缶の金属感と規則正しく並べられたパターン、それらがマッチしてスゴイ作品になっちゃった。

Noah Deleddaのアルミ缶アート

アルミ缶といえば、それぞれのブランドがそれぞれのデザインを印刷してその独自性があると思われていたが、Noah Deleddaさんは違う。アルミ缶のあの形自体をアーティスティックな彫刻にしてしまった。

そのどれもがオリジナル性の有る物で、規則正しく、パターン化されている。

美しい。

アルミ缶にそのような感情を抱くのはおかしいだろうか? いや、このアートならこの感想も納得できる

Traephexa+tiltProspaere+tiltNovacene3

Clutchure3Landlaine+tilt 1
Coursive5Landlaine+tilt

Clockturne+detail+2

Cirquelate1

みるからに「スゴイ」と思わせるアート。凹凸の織りなす、パターンがこれほどまで素敵に魅力的に見えてしまうモノなのだ。

どうやって作ってるんだい?


コチラの影像で、アルミ缶からどうやってこのようなアートを作っているのかわかるようになっている。まずNoah Deleddaさんは、飲料の入っていたアルミ缶から周りを削って金属面を出すことから始める。これにより、光沢を作るのだ。

その後、指や爪、などNoah Deledda氏による技巧を経て、あの凹凸が作り出されていく。

そして出来上がったモノはガラス箱に収納されるのだ。

この周囲を囲うように、旨いことパターンを組み込むのに、一体どれぐらいの研究をしたのだろうか。試行錯誤、そしてテクニックの追求。そういったことをNoah Deleddaさんはやってのけたのだ。

ポートフォリオ、そして販売

Noah Deleddaさんのポートフォリオサイトでは、これらの作品を一覧で見ることが出来る。それぞれ、独自のパターンを持っていて、どれも魅力的だ。

そして、実はこの作品は売られている。

一番安くても2,000ドル(およそ21万円)で、パターンが細かいほど値段が上がっていくようだ。

パターンを回しテクニックを磨いた時間、そう考えれば安いのかも知れない。








-アート
-, , , , , , ,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.