アート イラスト

まさにバッドエンド!ディズニーキャラの悪役がもしも勝ってしまったら…。

とても見ていて胸を痛めてしまいます。いくつかのディズニー映画に登場する悪役(ヴィラン)が「もしも映画内で勝ってしまったら?」をイラスト化した、DeviantArtユーザーのjustin-mctwispさんの作品をご紹介します。 正直、イラストを拝見した時に「胸くそ悪い」と思ってしまうほど、映画に詰まっている愛をぶち壊すほどの内容です。まさに「バッドエンド」な結果になってしまった、ディズニーキャラクター達をご覧下さい。

LEGO アート

LEGOで作ったターンテーブルがしっかりとレコードを鳴らしている

LEGOって何でも出来ちゃうんですね!韓国人のLEGO愛好家であるHayarobiさんが、LEGOをつかったターンテーブル「The Planet」を作り上げました! タダ回転するだけでなく、しっかりと音まで鳴らせてしまうらしいです。カートリッジにはオーディオテクニカのものが使われているから、しっかりと鳴らせてくれるというものです。 いやー、LEGOって何でも出来る物だと思ってましたが、ターンテーブルまで作っちゃうとはすごいですね!それでは、HayarobiさんのLEGOターンテーブル「The Planet ...

アート

自室をバンクシー美術館に出来ちゃうウォールステッカー

イギリスのロンドンを中心に活動する覆面アーティスト「バンクシー」(Banksy)。彼の作品は、社会風刺的グラフィティアートなストリートアート作品を世界各地でゲリラ的に行っちゃう。有名美術館に自身の作品を勝手に置いちゃうなどのパフォーマンスで、「芸術テロリスト」なんて呼ばれ方もしている。 そんなバンクシーの作品にはどこか魅力的なとこが有り、ソレの価値を思う人もいるようです。2007年2月に行われたサザビーズ主催のオークションでは、バンクシーの作品計6点が総額37万2千ポンド(日本円で約8500万円以上)で落 ...

アート

細かい切り絵に惚れちゃうな。Suzy Taylorの切り絵アート

ネットを散策していたら、素敵な切り絵氏を見つけました。こちらのドクロの切り絵を作ったのはスージー・テイラー(Suzy Taylor)さん。Facebookページ(Folk Art Papercuts名で活動)やEtsyでこれらの作品を見ることが出来ます。 切り絵ってどこからがプロなのかわかりませんが、全ての切り絵を行う人を尊敬しています。良くこんな細かいことできちゃうなーと。ということで、スージーさんの作品をいくつかご紹介します。主にFacebookからのご紹介です。

アート

Processingで作成した美しいGIFアニメーション

Processingを使って作られた美しいGIFアニメーションを公開しているdave whyteさんの作品をご紹介します。規則正しく動くアニメーションは半永久的に観測したくなってきます。 Processingとは Processing(プロセシング)は、キャセイ・レアス(英語版)(Casey Reas)とベンジャミン・フライ(英語版)(Benjamin Fry)によるオープンソースプロジェクトであり、かつてはMITメディアラボで開発されていた。電子アートとビジュアルデザインのためのプログラミング言語であり ...

おもしろ動画

人間のように「動く」女性型「MICA」がすごい

投稿日:10月11日 更新日:

VR(仮想現実)やAR(拡張現実)に興味ある人なら知って居るであろう「Magic Leap」社。同社が10月10日に開発者会議である「L.E.A.P.Conference」(LEAPCon)を開催した。ARやVRに関わる人達ならきっとグッとくる内容だったとか。

Magic Leap社といえば、ハイスペックで高額なARヘッドセットとして「Magic Leap One」が有名だが、もっと有名になりそうなモノがこの度発表された。

それがARを使って、まるで人間とほぼ変わらないような動きの設計をされた女性型AI「Mica」(マイカ)だ。

僕が観たのはその発表の映像だけなのだが、その動きが結構スゴかった。実際にMicaを体験したVentureBeatの言葉を借りてご紹介します。

ドンドン人間に寄ってくるAI

今では身近になっているAI(人工知能)とはなんだろうかと考えたとき、広義の意味で例えばAppleのSiriやAmazonのAlexaなどのアシスタント系のものがそれにあたる。彼らの言葉を聞いたことがある人なら、だんだんと「それっぽく」人間に近づいているのを感じただろう。

Googleでは、Googleアシスタントをつかって、AIにレストランなどを電話予約させてくれるようなシステムを作っているとか何とか。(Duplexテクノロジーってヤツ)

Google Duplexを体験した人によれば「人間と区別がつかない」までしゃべりにおいて人間っぽくなっている。

しゃべりの次は何か、どうやら外見がそれっぽくなりそうだ。

今回LEAPConで公開されたMagic LeapのMicaの映像がヤバかったので見て欲しい。

Magic Leap is also working on digital humans. Meet Mica. #LEAPCon

Cathy Hacklさんの投稿 2018年10月10日水曜日

これがMicaの動きだ。ぱねえ。人間っぽい表情を浮かべやがる。

映像の途中から見た人なら、これがきっと3DCGだと思わない人も存在するだろう。「不気味の谷」はもう超えた。

VentureBeatの体験者

Mica 2VentureBeatのライターのディーン・タカハシ(@deantak)さんによるMica体験記事が公開されていた。

Micaを体験するのに、部屋には行って椅子に座ったそうだ。そうすると、同じ部屋のテーブルに彼女は着いていた。

彼女は微笑み、そしてディーンさんを見ていた。しかし、タダ見ているのではなく、彼女は目を見ていたそうだ。いくつかの動きを模倣したりもしていたそうだ。

Micaは現在は会話は行わないらしいが、動き的に人間「っぽい」をするみたい。



なんすかそれ、デジタル彼女的なアレが出来るの?デートが出来ちゃうの?「VR彼女」的なやつのARバージョン的な?的な?

今後の展開に期待

2018年の末には、MagicLeapはユーザーのためにアバターチャットを展開する予定。今回公開されたMicaクラスの何かがそのときには出るのだろう。

デジタル人間の話し方はSiriやAlexaを聞いてもらったとおり大体完成されている。次は容姿。そして、それがデジタルから現実世界に出て、完全なAIヒューマロイドが出てくるだろう。

未来キター。

映画「エクス・マキナ」の世界はもうすぐだ。








-おもしろ動画
-,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.