まだデータがありません。

鞄に入る持ち運べる車「WalkCar」が未来の乗り物みたい

鞄に入る持ち運べる車「WalkCar」が未来の乗り物みたい

cocoa motors.株式会社さんより、何だか未来に向けた乗り物が公開されました。「カバンに入れて携帯できる世界最小の電気自動車」として公開された「WalkCar」(ウォーカー)は、ノートPCやタブレットぐらいの大きさしかなく、それでも人間を運べるほどの駆動力を持っている物だそうです。

コンセプト動画を見ると、鞄に入るぐらいの小ささながらも人間を運んだり、坂道を上ったりとなかなか強さを発揮してくれているものです。

鞄に入る乗り物WalkCar

“WalkCar” car in a bag /Japan, cocoa motors.Inc

コチラが世界に向けて発信されたWalkCarの動画です。どれぐらい駆動力があるか見て取れます。また、歩いたりWalkCar二ノッたりとすぐに切り替えられるのも特徴があるように思えました。

操作方法としては、行きたい方向に体を向けるだけで、自由自在に移動ができるそうです。また、「カーブ」「アクセル」「ブレーキ操作」を行えるとか。

WalkCarにみる今後の課題

WalkCarは鞄に入るとっても小さい乗り物です。未来に向けてこう言った乗り物が増えていったらイイなと。

そこでいくつかかだいをかんがえてみました。おそらくこの大きさですから「バッテリー」の問題が出てくると思います。また、走行デモ動画を拝見したところ、やはり「駆動音」は結構なあるなとと。そして、WalkCarが「走行できる地面」も限られてくるでしょうね。デモ動画ですと駐車場のような平らな場所でした。一般的な道路を走れたらGoodです。

もしかしたら施設内を走行することを想定されているかも知れないですね。それなら全然OKだと思います。

2015年10月約販売開始予定なのでHPも要チェックです!

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です