アート

2Dで動くOverwatchのキャラクター達:Kyle Bunk

アメリカのFiraxis Games社で働く3DアニメーターKyle Bunkさんの2Dアート作品を紹介します。ピクセルで描かれたキャラクター達が結構動いてくれます。 Kyle Bunkさんが描く2Dアニメーションは、ブリザード・エンターテイメントの世界的に人気のアクションFPSゲーム「Overwatch(オーバーウォッチ)」の各キャラクター達です。いろいろなキャラクターがまるで格ゲーのように動いてくれます。 元々3Dのゲームだけあって、2Dになるとなんだか不思議な見え方もしちゃいます。古き良きゲームにに ...

アート

フルーツを素敵に擬人化したイラストアート:Marija Tiurina

これは素敵な擬人化だ! ロンドンを拠点に活動するアーティストMarija Tiurinaさんのイラストアートをこの記事では紹介します。どうやらMarija Tiurinaさんの住んでいる町には、特別な青果店が存在するらしく、日本ではあんまり見ないような果物や野菜が取り扱われているようです。 そんな色々な野菜や果物をいい感じに「擬人化」したイラストアートをさんは描いています。「え?この果物ってなんて言うの?」と、思っちゃいそうなものばかりですが、彼女が水彩画を使って表現するキャラクターはどれも素敵なものばか ...

アート イラスト

侍になったドラゴンボールキャラクター:Guillem Daudén

スペインバルセロナで活動するコンセプトアーティストGuillem Daudénさんによるイラストアートを紹介します。Guillem Daudénさんは「もしも侍になったら?」を思わせるように、鳥山明さんのドラゴンボールを「侍風イラスト」に描いてくれます。ちなみにそのときの名義は「kenji_893」です。 侍風になった孫悟空やベジータ、トランクスなど、「え、めっちゃサムライに合うじゃん」と思わせてくれるようなイラストなど。ドラゴンボールキャラクターがサムライになったらこうなるぞというイラストを紹介します。 ...

アート イラスト

ディズニーキャラクターがリアルの世界にいたらこんな感じ、ヴィラン編

これはなかなかカッコいいじゃないか・・・。 以前にも当ブログで紹介した、メルボルンで活動するグラフィックアートストJirka Väätäinenさんイラストを再び紹介したいです。ディズニーキャラクターを美男美女化するあのアーティストさんです。 前回の記事では、主にJirka さんによってリアル化された、ディズニーの主人降格のキャラクターを紹介しました。そのシリーズは「#RealLifeDisneyCharacters」や「#RealLifeDisneyGirls」なんかでタグ付けされています。 その記事の ...

アート 写真

実践してみたくなる、プロによるスウィートな赤ちゃんの撮影アイディア:JustGaba Photography

赤ちゃんってそのままの姿でもめちゃくちゃ可愛いけど、どうせだったらすっごい良い感じに撮りたいですよね?そんなとき、プロの現場ではどういった撮影アイディアで新生児達を撮影しているかご紹介します。 今回紹介するのは、JustGaba PhotographyのGaba Svarbuさんが実際に撮影している赤ちゃん達の写真です。 構図としては、赤ちゃんを写真の中心に配置し、周りを花などの植物で素敵に飾るスウィートな写真アイディアです。 赤ちゃんの写真ってどうやって撮ったら良いか悩んでいる人とかにお勧めしたいです。 ...

アプリ

フィルム好き必須の写真加工アプリRNI Films

投稿日:11月27日 更新日:

写真の雰囲気をがらりと変えたい人は、今からご紹介する「RNI Films」というアプリを導入してみると良いかも知れません。

もともと、Adobe製品の写真編集アプリPhotoshopやLightroomのプラグインを提供しているRNI(Really Nice Images)が作ったアプリで、プラグイン同様の素晴らしい写真効果を与えてくれるアプリです。

Insgatramの様な感覚で写真に「フィルム効果」をエミュレートするアプリ。基本的な写真の編集も出来ますし、なにより用意されているフィルムが豊富なアプリです。

RNIで写真の雰囲気をがらりと変えよう

今回ご紹介するアプリは「RNI Films」ってヤツです。基本的にアプリは無料で、用意されているフィルム以外の他のフィルムを使いたい場合にアプリ内課金が発生します。

RNIのダウンロード

実際にRNI Filmsを使ってみる

RNI-Films メイン画面

RNI Filmsは非常にシンプルなアプリです。アプリを起動すると「LOAD PHOTO」と書いて有り、そこから写真を選択します。

RNI-Filmssecondgamen

写真を選択したらトリミングやロテイト(回転)で写真の位置を決める。RNI Filmsはどうやら「縦位置」の写真を推薦しているようです。

RNI Filmsのフィルム効果

RNI-Filmsfilmgsdaspano RNI-Filmshennsyuugamenndesu

ここで、いくつかRNI Filmsのフィルム効果を当ててみた例です。NEGATIVEより「Kodak Gold 200」、INSTANTより「Polaroid 600」、BWより「kodak TriX 200」、VINTAGEより「Agfacolor XP 160」を利用してみました。

犬の写真の雰囲気ががらりと良い感じになっていると思います。これはフィルムを選択するだけで出せる効果なのです。

後は微調整するだけ

RNI-Filmskihonsettodesutyo

フィルムを選択し終ったらあとは調整ツールで微調整していくだけです。露出やコントラストなど、基本的な写真調節ツールが搭載されていますので、好きな感じにココで更に弄ることが出来ちゃうわけです。

写真の加工前と加工後

IMG_3641 IMG_3652

何の変哲もない犬の写真が、どことなく懐かしい雰囲気の写真に加工し上がりました。ココまで5ふんもかからず編集できちゃうのがスゴイ!フィルムが好きなら是非使ってみて欲しいアプリです。








-アプリ
-, , , , , ,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.