アート

ワイヤーで等身大のボディをかたどるRichard Stainthorpのアート作品

イギリス人アーティストRichard Stainthorpさんのワイヤーアート作品をご紹介します。Richard Stainthorpさんは、等身大の人間の「ボディ」を作っちゃう人です(一部等身大ではない)。複雑に折り込まれたワイヤーにより、人の形を模した作品たち。他にも「Angels」といて、羽の生えた人間達もワイヤーで作り上げちゃいます。 複雑ながら、「肉体」をイメージできるワイヤーアート。何だか不思議な魅力があります。

アート

錯覚画像を見て脳をリフレッシュさせよう

人間の脳ってたまに騙されることがあります。よくあるのが目からの情報を得て混乱を招く「錯覚画像」なんかがそれにあたります。今回は、脳を思いっきり騙してくれる「錯覚画像」をいくつかご用意しましたので、ぜひ騙されてみてください! 僕もいくつか「錯覚画像」を見ていて、騙されてしまいました!コレはなかなか驚きを隠せない錯覚でしたよ!まさかこんなにも脳が騙されてしまうなんて…。 ちなみにこの上記の「何の変哲もないように見える」画像については、後ほどご紹介します。

アート

まるで「水のような炎」を表したアート作品

遥か昔、北京原人のいた頃から使っていたとされる「炎」。今では人間の科学がとても進歩し、「マッチ」や「ライター」、「着火マン」なんかで人間は簡単に火をおこすことが出来ます。 そんな「炎」を「水のような炎」に仕上げたアート作品をご紹介します。 今回ご紹介するアート作品を手がけたのは、ブラジルのリオ・デ・ジャネイロを拠点に活動をする、デザインスタジオPlatinum(プラチナ)によるものです。Platinumでは、主に3Dグラフィック、写真、イラスト等を手がけているデザインスタジオです。 「水のような炎」はとて ...

アート イラスト

2017年にディズニープリンセス達がいたらこんな感じ

あー、わかるはー、こういうのね。 アーティストFernanda Suarez(フェルナンダースアレス)によって描かれるディズニープリンセス達。まるで現代のファッションを身にまとったようなプリンセス達だ。 「デスパレートな妻達」や「セックスアンドザシティ」をイメージさせるようなクールビューティーでアダルティーに仕上がっている!!

アート イラスト

ディズニーのキャラクターがリアルの世界にいたら美男美女ぞろいだった

ディズニーキャラクターをリアル調に描いたイラストアートをご紹介します。 コチラのイラストを描いたのは、メルボルンで活動するグラフィックアートストJirka Väätäinenさん。現実世界にディズニーのキャラクター達がいたら、きっとそれはそれは美男美女ぞろいなのでしょう…。 実際にリアルに描かれたキャラクター達を見ていくと、やっぱ「恋」や「愛」などを題材にするだけ合って、美男美女は当たり前!それでも描かれたキャラクター達は「雰囲気」をしっかり残していて…いいな!いいなこれ!

音楽

色々なデッサンでダンサーに動きを突けるロトスコープアニメーション

投稿日:

Ralf HildenbeutelのミュージッククリップDISCOがとってもイケている。手法としては、ロトスコープとして、人物の動きを1枚1枚コマごとに描いていくパラパラマンガアニメーション。ただし、1枚1枚のコマは、塗り方がそれぞれ変えられており、そのおかげで色々な表情を見せてくれる。

1200枚ものコマで作られたDISCOのミュージッククリップ。そのアニメーションを堪能して欲しい。

ミュージッククリップDISCO


ダンサーAlthea Corlett と Simone Schmidtの動きに合わせて作られたロトスコープ。映画『スキャナーダークリー』でも使われているあの手法。アニメーションの技法としては古くから有るもんだけど、コマごとに塗り方を変えるだけで、こんなにも表用豊かなものに変わっていく。DISCOという音楽にとても合っていると思う。思わず一時停止して、どんな塗り方なのかをわざわざ確認したくなるぐらいキレイです。

監督はBoris Seewaldさん。動画は彼のViemoよりお借りした。

IMG_0515

IMG_0531

IMG_0562

IMG_0594

音楽にロトスコープのアニメーションが使われたミュージッククリップといえば、a-haのTake On Meも有名ではないだろうか。この機会にもう一度見ておきたいものだ。








-音楽
-, , ,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.