アート

流木からドラゴンなどを作るJames Doran-Webbの流木アート

フィリピン島の海岸にはいくつかの流木が流れ着くことがあるそうです。アーティストのJames Doran-Webbさんは、その流木を組み合わせて、ものすごいレベルの様々な流木アート作品を作り上げている人です。 James Doran-Webbさんが作った流木の彫刻は、それはそれはまるで「生きている」かのような出来栄えで、そのすごさに目を奪われてしまうのではないでしょうか。とても良くできた造形物だと思います。 James Doran-Webbさんが製作したいくつかの流木アートが公開されていましたのでご紹介しま ...

アート 写真

ライトペインティングのプロによる美しい光の花:Hannu Huhtamo

『ライトニングペイント』と言うアートのジャンルをご存知だろうか?カメラの長時間露光機能を使って、そのシャッターを切っている間に色々な光を与えて、「光で色々と描く」ことでアートとする物だ。 カメラの設定を長時間露光で撮影するだけなので、割と誰でも簡単にチャレンジできるジャンルだったりする。 そんな『ライトニングペイント』のプロであるフィンランドのアーティストHannu Huhtamoさんが行うアートがかなりスゴイ。1枚の写真の中に、この世の物とは思えないほど美しい光で作られた花が登場している。 しかも、どう ...

アート 音楽

「雪だるまつくろ〜♪」映画『アナと雪の女王』の歌パートを実写で再現した素敵なやつ

2013年のディズニー映画(日本では2014年)『アナと雪の女王』に出てくる歌パートを実写で行ってみた素敵な動画をご紹介します。 かわいらしい「アナ」の歌う「雪だるまつくろう」(原題:Do You Want to Build a Snowman?)や、ハンスと共に歌う「とびら開けて」(原題:Love is an open door)などが実写になってとっても素晴らしくなっています。 『アナと雪の女王』ファンに是非ともご覧になって欲しいです。

アート イラスト

「父が7年かけた迷路」がすごすぎる!そしてその続編も…。

2013年ごろ、Twitterユーザーの@Kya7yさんによって投稿されたとある「迷路」。なんでも彼女の父 (野村一雄)さんによって「7年間かけて」作られたA1サイズの用紙びっしりの迷路があるという。 このすごく細かい迷路は瞬く間にTwitterの間で広がり、国内外の様々な差違とで取り上げられた事とでも有名です。また、「Spoon&Tamago」でこの迷路が販売されてい事も知っているでしょう。 さて、この話に続きが有るのをご存知だろうか?2014年ごろ、再び彼女の父が迷路を造っていることを…。

アート

影にメッセージが現れるワイヤーアート by Fred Eerdekens

一見するとぐちゃぐちゃに折り曲げられた金属のワイヤーのオブジェ。ところが、ワイヤーに光を投射し、壁に映し出されたワイヤーの影を見ると、とあるメッセージがあらわれるアート作品。この作品の製作者であるFred Eerdekensさんは、影を使ってメッセージを伝えるアート作品を作っているのです。 その一つ一のメッセージ自体も作品になっています。

MacBook

Macでハイレゾ音源を聞くためのMacの設定方法

投稿日:2月4日 更新日:

MacBookにハイレゾ機器をつないでみて、とあることにちょっと困りました。

「あれ?再生周波数がかわらなくね?」ってやつです。

そうです。ハイレゾ対応機器を指したのにもかかわらずハイレゾ音源を聴こうとしても、再生周波数を変更できないのです。

これはどうしたもんだ?とオーディオ設定も見てみたのですが、ハイレゾ関連のそれっぽい設定がありませんでした。

いろいろとそちら関連で調べてみるとどうやら専用の設定をしない溶けないみたいです。

Macでハイレゾ対応機器を使いハイレゾ音源を聞くには、「Audio MIDI 設定」からの設定が必要なのでした。

Macでハイレゾは「Audio MIDI 設定」から

audio

まずはMacにFURUTECH製のハイレゾ機器を接続してみました。

実際に接続してみると、「設定」からいける「サウンド」で、「FURUTECH ADL A1」が「サウンドを出力する装置」としてがつながっているのがわかります。

「FURUTECH ADL A1」については、DSD対応の機器でして…と言う説明は置いておいて・・・とりあえずMacに接続されていることがわかります。

ところがどっこい、再生させる周波数(Hz)を変える設定がここにはないのです。

つまり、このままだとハイレゾ音源を聞けないってことですね。

答えは「Audio MIDI 設定」にありました

audio2

ということで、Macにハイレゾ対応機器をつないでハイレゾを聞くための手法をご紹介します。

「アプリケーション」内にある「Audio MIDI 設定」アプリを起動します。

すると「サウンド」と似たような物が表示されています。

そこで、先ほど接続した「FURUTECH ADL A1」の設定を見てみると、「フォーマット」という項目ががあります。

デフォルトではフォーマットの数値が「44100.0Hz」(44.1kHz)となってるのですが、これをデバイスが対応できる再生周波数の「192000.0Hz」に変えてあげれば良いのです。

そうしてあげれば、ハイレゾデバイスでハイレゾ音源をちゃんと聞けるようになります。



また、「Option」を押しながらスピーカーマークを押しても再生機器を設定できます。

ただし、その場合は、再生フォーマットを選択できません。

フォーマットを変更するにはやっぱり「Audio MIDI 設定」アプリからの設定が必要なのですね。

入れず対応機器を導入したのにMacで使えないー!って困っている人は、是非ここの設定を変えてみてください。

補足、ハイレゾ対応再生アプリについて

無料で使えるMac用ハイレゾ再生アプリには「VOX」というものがありますのでそちらを「まずは」オススメしています。

プレイリストやイコライザーといった基本的なオーディオアプリ系の設定がありますからね。

VOXのダウンロード

とりあえず、聞いてみて、よさげなら高機能な有料アプリに手を出してみると良いと思います!








-MacBook
-, ,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.