アート イラスト

まさにバッドエンド!ディズニーキャラの悪役がもしも勝ってしまったら…。

とても見ていて胸を痛めてしまいます。いくつかのディズニー映画に登場する悪役(ヴィラン)が「もしも映画内で勝ってしまったら?」をイラスト化した、DeviantArtユーザーのjustin-mctwispさんの作品をご紹介します。 正直、イラストを拝見した時に「胸くそ悪い」と思ってしまうほど、映画に詰まっている愛をぶち壊すほどの内容です。まさに「バッドエンド」な結果になってしまった、ディズニーキャラクター達をご覧下さい。

LEGO アート

LEGOで作ったターンテーブルがしっかりとレコードを鳴らしている

LEGOって何でも出来ちゃうんですね!韓国人のLEGO愛好家であるHayarobiさんが、LEGOをつかったターンテーブル「The Planet」を作り上げました! タダ回転するだけでなく、しっかりと音まで鳴らせてしまうらしいです。カートリッジにはオーディオテクニカのものが使われているから、しっかりと鳴らせてくれるというものです。 いやー、LEGOって何でも出来る物だと思ってましたが、ターンテーブルまで作っちゃうとはすごいですね!それでは、HayarobiさんのLEGOターンテーブル「The Planet ...

アート

自室をバンクシー美術館に出来ちゃうウォールステッカー

イギリスのロンドンを中心に活動する覆面アーティスト「バンクシー」(Banksy)。彼の作品は、社会風刺的グラフィティアートなストリートアート作品を世界各地でゲリラ的に行っちゃう。有名美術館に自身の作品を勝手に置いちゃうなどのパフォーマンスで、「芸術テロリスト」なんて呼ばれ方もしている。 そんなバンクシーの作品にはどこか魅力的なとこが有り、ソレの価値を思う人もいるようです。2007年2月に行われたサザビーズ主催のオークションでは、バンクシーの作品計6点が総額37万2千ポンド(日本円で約8500万円以上)で落 ...

アート

細かい切り絵に惚れちゃうな。Suzy Taylorの切り絵アート

ネットを散策していたら、素敵な切り絵氏を見つけました。こちらのドクロの切り絵を作ったのはスージー・テイラー(Suzy Taylor)さん。Facebookページ(Folk Art Papercuts名で活動)やEtsyでこれらの作品を見ることが出来ます。 切り絵ってどこからがプロなのかわかりませんが、全ての切り絵を行う人を尊敬しています。良くこんな細かいことできちゃうなーと。ということで、スージーさんの作品をいくつかご紹介します。主にFacebookからのご紹介です。

アート

Processingで作成した美しいGIFアニメーション

Processingを使って作られた美しいGIFアニメーションを公開しているdave whyteさんの作品をご紹介します。規則正しく動くアニメーションは半永久的に観測したくなってきます。 Processingとは Processing(プロセシング)は、キャセイ・レアス(英語版)(Casey Reas)とベンジャミン・フライ(英語版)(Benjamin Fry)によるオープンソースプロジェクトであり、かつてはMITメディアラボで開発されていた。電子アートとビジュアルデザインのためのプログラミング言語であり ...

おもしろグッズ

Game Boy Advance SPっぽいマルチコンソールエミュレーター:Pixel Vision

投稿日:11月15日 更新日:

形状に一目惚れする。

多少の既視感はあるものの、この大きさにゲームが詰め込めると思うととても魅力的に思う。

ハンドメイドでゲームのコンソールエミュレーターを作っている「LoveHultén」が、任天堂の珠玉のゲーム機「Game Boy Advance SP」っぽいゲーム機を作り上げた。

しかも、それはSNES, Megadrive, NES, GBAといったいくつかのゲームコンソールに対応したエミュレーターが入っているというのだ。

Game Boy Advance SPの用に折りたため、なおかつポケットにゲームを入れて持ち運べる。

コレはとってもステキなアイテムだなーと。

ハンドメイド ゲームエミュレーター Pixel Vision

Pixel VisionLoveHultén 2

LoveHulténは2006年ごろからこういったタイプのゲームコンソールを作り続けている。特徴として、全てハンドメイドで製作されていて、木製の製品が多い印象だ。

今回のようにコンパクトなモノや、レトロTVを思わせる形状のモノ、ブリーフケース型や、アーケードゲーム機並みに多きモノなど。とにかくゲームコンソールにおいて様々なモノを作っている。

それらには「エミュレーター」というものが組み込まれており、別のハード機でゲームのコンソール(スーファミとかゲームボーイとか)を動かせるというモノだ。

エミュレーターでゲームを楽しむには「ROM」というゲームデータが必要なのだが、その当たりは法律が大きく関わってくるので記載することは辞めておこう。自分で「吸い出し」も正直グレーなところもあるのでもし調べるなら自己責任でお願いしたい。



さて、そんなLoveHulténが作り上げたPixel Vision。正式名称を「Pixel Vision Ver2.0」としていのは、2015年に同様のモデルに近いモノが作られていたからだ。

バージョン1とバージョン2の大きな違いは、その分厚さ。

クラウドファンディングに出ていたPixel Visionよりもより小型化されているのだ。

様々なアイテムが小型化されることにより、こういったハンドメイド製品にも影響が出てくる。より小型に、より魅力的なアイテムへと変貌した。

二つの異なるPixel Vision

Pixel VisionLoveHultén 1

Pixel Visionには二つの種類が存在する。

一つ目は、先ほどから紹介している「Game Boy Advance SP」ライクな形状をしたハンドメイドゲームエミュレーターだ。

枠が木製で作られており、折りたためるクラムシェル型が特徴。

Pixel VisionLoveHultén 6

外側はアメリカンウォルナットでつくられており、木の質感がなんとも言えない魅力を放っている。

コンパクトに持ち運べる魅力がある。

Pixel VisionLoveHultén 5

そしてもう一つのPixel Visionは、ストレートタイプのモノだ。ゲームボーイポケットを思わせる小さいタイプのエミュレーターって事だわ。

Pixel Visionの仕様

Pixel VisionLoveHultén 4

Pixel Visionとゲームボーイ達を比べてみると、画面が少し大きいなと思った。

Pixel Visionには、3.5インチのLCD(カラー)が組まれており、この大きさならSFCの小さな文字でも読み取れそう。

Pixel Visionのそれぞれのサイズは、クラムシェル型が90x70x26mmでストレートが90x130x14mmほど。ストレートタイプはiPhone Xより高さは低いが、横幅がちょっとあるぐらいと思ってもらえれば良い。

とても「ちょうど良い」大きさだなと。



バッテリー駆動で1回の充電で大体5時間ほど動くらしい。ゲームをするには十分な時間だと言える。また、USBケーブルを挿しっぱなしならもちろんそのまま駆動も可能。

ゲームをポータブルに持ち運べるアイテムとしてPixel Visionはとっても魅力的だなと。

ただし、残念なことに、Pixel Visionはもう売り切れなのだ。
50組しか作られておらず、予約開始早々、SOLDアウト。

次回、コイツが出るときがあったら是非入手したい。








-おもしろグッズ

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.