アート

ワイヤーで等身大のボディをかたどるRichard Stainthorpのアート作品

イギリス人アーティストRichard Stainthorpさんのワイヤーアート作品をご紹介します。Richard Stainthorpさんは、等身大の人間の「ボディ」を作っちゃう人です(一部等身大ではない)。複雑に折り込まれたワイヤーにより、人の形を模した作品たち。他にも「Angels」といて、羽の生えた人間達もワイヤーで作り上げちゃいます。 複雑ながら、「肉体」をイメージできるワイヤーアート。何だか不思議な魅力があります。

アート

錯覚画像を見て脳をリフレッシュさせよう

人間の脳ってたまに騙されることがあります。よくあるのが目からの情報を得て混乱を招く「錯覚画像」なんかがそれにあたります。今回は、脳を思いっきり騙してくれる「錯覚画像」をいくつかご用意しましたので、ぜひ騙されてみてください! 僕もいくつか「錯覚画像」を見ていて、騙されてしまいました!コレはなかなか驚きを隠せない錯覚でしたよ!まさかこんなにも脳が騙されてしまうなんて…。 ちなみにこの上記の「何の変哲もないように見える」画像については、後ほどご紹介します。

アート

まるで「水のような炎」を表したアート作品

遥か昔、北京原人のいた頃から使っていたとされる「炎」。今では人間の科学がとても進歩し、「マッチ」や「ライター」、「着火マン」なんかで人間は簡単に火をおこすことが出来ます。 そんな「炎」を「水のような炎」に仕上げたアート作品をご紹介します。 今回ご紹介するアート作品を手がけたのは、ブラジルのリオ・デ・ジャネイロを拠点に活動をする、デザインスタジオPlatinum(プラチナ)によるものです。Platinumでは、主に3Dグラフィック、写真、イラスト等を手がけているデザインスタジオです。 「水のような炎」はとて ...

アート イラスト

2017年にディズニープリンセス達がいたらこんな感じ

あー、わかるはー、こういうのね。 アーティストFernanda Suarez(フェルナンダースアレス)によって描かれるディズニープリンセス達。まるで現代のファッションを身にまとったようなプリンセス達だ。 「デスパレートな妻達」や「セックスアンドザシティ」をイメージさせるようなクールビューティーでアダルティーに仕上がっている!!

アート イラスト

ディズニーのキャラクターがリアルの世界にいたら美男美女ぞろいだった

ディズニーキャラクターをリアル調に描いたイラストアートをご紹介します。 コチラのイラストを描いたのは、メルボルンで活動するグラフィックアートストJirka Väätäinenさん。現実世界にディズニーのキャラクター達がいたら、きっとそれはそれは美男美女ぞろいなのでしょう…。 実際にリアルに描かれたキャラクター達を見ていくと、やっぱ「恋」や「愛」などを題材にするだけ合って、美男美女は当たり前!それでも描かれたキャラクター達は「雰囲気」をしっかり残していて…いいな!いいなこれ!

iPhone

構えなくても撮影できてしまうiPhoneケース「COVR Photo」

投稿日:5月16日 更新日:

ケース部分に鏡が取り付けられており、iPhoneを構えることなく写真撮影が出来てしまうケース「COVR Photo」をご紹介します。おもわず「なるほど!」と思ってしまったこのケース、仕組み自体はとっても簡単で、ちょっと魅力的。

「COVR Photo」の解説動画(英語)なんかもありますのでご紹介します。

COVR Photo

MG_2634-e1404692737778

仕組み自体はホント簡単。斜めのかがみ部分が、iPhoneのカメラの前に来ることにより、カメラを前に持ってこずとも撮影が出来てしまう。なるほどね!

動画を見た感じ、それほど「出っ張っている」と言うイメージはなく、あの感じで撮影できたらいいなと思った。

ココで考えたいこと

そもそも逆に映るんじゃない?

鏡で写しているわけですから、上下逆に映ってしまわないかい?それってちゃんと撮影でいるのだろうか?専用アプリが有るとしても、出来ればちゃんとしたアプリで撮影したいなと。

そして盗撮に利用されないかい?

コレ系のレンズが出てやっぱり気になるのが、盗撮です。カメラを構えられていたら、「あ、写真撮られる」って思うのですが、このケースだったら構えないので写真を撮られる瞬間がわかりませんね(というかそれを狙って自然体で撮影するためのケースですけどね)

悪い人の手に渡ったらそうなってしまう可能性が十分にありますね。

これって3Dプリンターかい?
ケースがどうも「あ、3Dプリンターで出しました。でもつるつるにしましたよ?」感が有ります。3Dプリンターで出力した物を、あせてんでつるつるにしたようなケースの表面をしています。(これがもしかして、光を反射しないための会えての手法ダったら申し訳ない)
ケースの値段を見てみたら、安い物でも50ドル超えているわけですから、もうちょっと「良いケースを買ったぞ」と自慢できるデザインだったらなーと。

ただ、製法をみると3Dプリンターではないらしい。それでもあのぬらっとした感じはやだなーと。それならTHEプラスチック感がほしいな。

コンセプトは好き

もしかしたら、写真家の皆さん的にはこういうケースの方が良いのかな?だって、「写真を撮っている感」が全く感じられなく写真を撮影できますからね。これなら人々が気付かないうちに素晴らしい写真が撮れますからね。(だから盗撮を懸念します)








-iPhone
-, , , , , ,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.