アート

ある角度から見ると作品が見えるようになるMichael Murphyのアート

Michael Murphyさんのアート作品。とある角度になって初めてその姿を現すアートとなっています。空間につるされた大小様々な黒いたま、とある一定の角度で、人の「目」が現れる空間を大きく使ったアートです。 Michael MurphyさんがYouTubeで公開されているいくつかのアート作品をご紹介します。その中には、バンクーバーで行われたTED開場に建設された物もあります。

アート 写真

「101匹わんちゃん」の公園シーンを再現した幸せなカップル

ディズニー映画「101匹わんちゃん」の最初のシーンを覚えているだろうか?作曲家であるロジャーが、ダルメシアンの愛犬ポンゴを連れ、公園を散歩しているシーンです。同じくダルメシアン(パーディタ)を飼っているファッションデザイナーのアニータが、ポンゴのちょっとした計画でロジャーと出会うとても素敵なシーン。 そんなディズニー映画「101匹わんちゃん」を再現してしまったカップルが居るのです。 さすがに、ダルメシアンと言うわけではありませんが、両者犬を連れ、ずぶ濡れになるシーンが何だかとってもほっこり出来ちゃう写真で ...

アート

こんなにたくさんいるの?世界にいるアルビノな動物達

こちらの亀さん。一匹だけ白いカメさんがいますよね?これは「アルビノ」な亀なのです。 アルビノとは アルビノ(albino)は、動物学においては、メラニンの生合成に係わる遺伝情報の欠損により 先天的にメラニンが欠乏する遺伝子疾患がある個体である。 この遺伝子疾患に起因する症状は先天性白皮症(せんてんせいはくひしょう)、先天性色素欠乏症、白子症などの呼称がある。また、この症状を伴う個体のことを白化個体、白子(しらこ・しろこ)などとも呼ぶ。さらに、アルビノの個体を生じることは白化(はくか・はっか)、あるいは白化 ...

アート 映画

大学生リア充風になったディズニーやドリームワークスのキャラクター達

Tumblr内でいろいろと投稿しているPunziellaで、まるで大学生リア充になったディズニー&ドリームワークスキャラクター達の様子が公開されています。 主に、ディズニーはPixar系の映画『塔の上のラプンツェル』や『アナと雪の女王』等の主要キャラクター、たとえば「ラプンツェル」や「メリダ」や「アナ雪姉妹」などが、リア充っぷりを公開されています。 もともとリア充な気もしますが、現実世界にいたら、キットこんな雰囲気だったのでしょうね。

おもしろグッズ アート

もしもあの企業がスニーカーを出したら?有りそうで無かったデザインコンバース

「あの企業がスニーカーをデザインしたらどんなものだろうか?」と、ちょっとした疑問に答えてくれたのが、イタリア人デザイナーAndrea Salaminoさんです。 コンバースのスニーカーを期に、色々なブランド、例えば、Google, Facebook, Virgin, マクドナルド等の有名ブランドをスニーカーにデザインしたものです。 上記はGoogleのスニーカーのようですね!こんな感じでスニーカーがデザインされます!

iPhone

構えなくても撮影できてしまうiPhoneケース「COVR Photo」

投稿日:5月16日 更新日:

ケース部分に鏡が取り付けられており、iPhoneを構えることなく写真撮影が出来てしまうケース「COVR Photo」をご紹介します。おもわず「なるほど!」と思ってしまったこのケース、仕組み自体はとっても簡単で、ちょっと魅力的。

「COVR Photo」の解説動画(英語)なんかもありますのでご紹介します。

COVR Photo

MG_2634-e1404692737778

仕組み自体はホント簡単。斜めのかがみ部分が、iPhoneのカメラの前に来ることにより、カメラを前に持ってこずとも撮影が出来てしまう。なるほどね!

動画を見た感じ、それほど「出っ張っている」と言うイメージはなく、あの感じで撮影できたらいいなと思った。

ココで考えたいこと

そもそも逆に映るんじゃない?

鏡で写しているわけですから、上下逆に映ってしまわないかい?それってちゃんと撮影でいるのだろうか?専用アプリが有るとしても、出来ればちゃんとしたアプリで撮影したいなと。

そして盗撮に利用されないかい?

コレ系のレンズが出てやっぱり気になるのが、盗撮です。カメラを構えられていたら、「あ、写真撮られる」って思うのですが、このケースだったら構えないので写真を撮られる瞬間がわかりませんね(というかそれを狙って自然体で撮影するためのケースですけどね)

悪い人の手に渡ったらそうなってしまう可能性が十分にありますね。

これって3Dプリンターかい?
ケースがどうも「あ、3Dプリンターで出しました。でもつるつるにしましたよ?」感が有ります。3Dプリンターで出力した物を、あせてんでつるつるにしたようなケースの表面をしています。(これがもしかして、光を反射しないための会えての手法ダったら申し訳ない)
ケースの値段を見てみたら、安い物でも50ドル超えているわけですから、もうちょっと「良いケースを買ったぞ」と自慢できるデザインだったらなーと。

ただ、製法をみると3Dプリンターではないらしい。それでもあのぬらっとした感じはやだなーと。それならTHEプラスチック感がほしいな。

コンセプトは好き

もしかしたら、写真家の皆さん的にはこういうケースの方が良いのかな?だって、「写真を撮っている感」が全く感じられなく写真を撮影できますからね。これなら人々が気付かないうちに素晴らしい写真が撮れますからね。(だから盗撮を懸念します)


-iPhone
-, , , , , ,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.