アート

2Dで動くOverwatchのキャラクター達:Kyle Bunk

アメリカのFiraxis Games社で働く3DアニメーターKyle Bunkさんの2Dアート作品を紹介します。ピクセルで描かれたキャラクター達が結構動いてくれます。 Kyle Bunkさんが描く2Dアニメーションは、ブリザード・エンターテイメントの世界的に人気のアクションFPSゲーム「Overwatch(オーバーウォッチ)」の各キャラクター達です。いろいろなキャラクターがまるで格ゲーのように動いてくれます。 元々3Dのゲームだけ当てt、2Dになるとなんだか不思議な見え方もしちゃいます。古き良きゲームにに ...

アート

フルーツを素敵に擬人化したイラストアート:Marija Tiurina

これは素敵な擬人化だ! ロンドンを拠点に活動するアーティストMarija Tiurinaさんのイラストアートをこの記事では紹介します。どうやらMarija Tiurinaさんの住んでいる町には、特別な青果店が存在するらしく、日本ではあんまり見ないような果物や野菜が取り扱われているようです。 そんな色々な野菜や果物をいい感じに「擬人化」したイラストアートをさんは描いています。「え?この果物ってなんて言うの?」と、思っちゃいそうなものばかりですが、彼女が水彩画を使って表現するキャラクターはどれも素敵なものばか ...

アート イラスト

侍になったドラゴンボールキャラクター:Guillem Daudén

スペインバルセロナで活動するコンセプトアーティストGuillem Daudénさんによるイラストアートを紹介します。Guillem Daudénさんは「もしも侍になったら?」を思わせるように、鳥山明さんのドラゴンボールを「侍風イラスト」に描いてくれます。ちなみにそのときの名義は「kenji_893」です。 侍風になった孫悟空やベジータ、トランクスなど、「え、めっちゃサムライに合うじゃん」と思わせてくれるようなイラストなど。ドラゴンボールキャラクターがサムライになったらこうなるぞというイラストを紹介します。 ...

アート イラスト

ディズニーキャラクターがリアルの世界にいたらこんな感じ、ヴィラン編

これはなかなかカッコいいじゃないか・・・。 以前にも当ブログで紹介した、メルボルンで活動するグラフィックアートストJirka Väätäinenさんイラストを再び紹介したいです。ディズニーキャラクターを美男美女化するあのアーティストさんです。 前回の記事では、主にJirka さんによってリアル化された、ディズニーの主人降格のキャラクターを紹介しました。そのシリーズは「#RealLifeDisneyCharacters」や「#RealLifeDisneyGirls」なんかでタグ付けされています。 その記事の ...

アート 写真

実践してみたくなる、プロによるスウィートな赤ちゃんの撮影アイディア:JustGaba Photography

赤ちゃんってそのままの姿でもめちゃくちゃ可愛いけど、どうせだったらすっごい良い感じに撮りたいですよね?そんなとき、プロの現場ではどういった撮影アイディアで新生児達を撮影しているかご紹介します。 今回紹介するのは、JustGaba PhotographyのGaba Svarbuさんが実際に撮影している赤ちゃん達の写真です。 構図としては、赤ちゃんを写真の中心に配置し、周りを花などの植物で素敵に飾るスウィートな写真アイディアです。 赤ちゃんの写真ってどうやって撮ったら良いか悩んでいる人とかにお勧めしたいです。 ...

iPhone

構えなくても撮影できてしまうiPhoneケース「COVR Photo」

投稿日:5月16日 更新日:

ケース部分に鏡が取り付けられており、iPhoneを構えることなく写真撮影が出来てしまうケース「COVR Photo」をご紹介します。おもわず「なるほど!」と思ってしまったこのケース、仕組み自体はとっても簡単で、ちょっと魅力的。

「COVR Photo」の解説動画(英語)なんかもありますのでご紹介します。

COVR Photo

MG_2634-e1404692737778

仕組み自体はホント簡単。斜めのかがみ部分が、iPhoneのカメラの前に来ることにより、カメラを前に持ってこずとも撮影が出来てしまう。なるほどね!

動画を見た感じ、それほど「出っ張っている」と言うイメージはなく、あの感じで撮影できたらいいなと思った。

ココで考えたいこと

そもそも逆に映るんじゃない?

鏡で写しているわけですから、上下逆に映ってしまわないかい?それってちゃんと撮影でいるのだろうか?専用アプリが有るとしても、出来ればちゃんとしたアプリで撮影したいなと。

そして盗撮に利用されないかい?

コレ系のレンズが出てやっぱり気になるのが、盗撮です。カメラを構えられていたら、「あ、写真撮られる」って思うのですが、このケースだったら構えないので写真を撮られる瞬間がわかりませんね(というかそれを狙って自然体で撮影するためのケースですけどね)

悪い人の手に渡ったらそうなってしまう可能性が十分にありますね。

これって3Dプリンターかい?
ケースがどうも「あ、3Dプリンターで出しました。でもつるつるにしましたよ?」感が有ります。3Dプリンターで出力した物を、あせてんでつるつるにしたようなケースの表面をしています。(これがもしかして、光を反射しないための会えての手法ダったら申し訳ない)
ケースの値段を見てみたら、安い物でも50ドル超えているわけですから、もうちょっと「良いケースを買ったぞ」と自慢できるデザインだったらなーと。

ただ、製法をみると3Dプリンターではないらしい。それでもあのぬらっとした感じはやだなーと。それならTHEプラスチック感がほしいな。

コンセプトは好き

もしかしたら、写真家の皆さん的にはこういうケースの方が良いのかな?だって、「写真を撮っている感」が全く感じられなく写真を撮影できますからね。これなら人々が気付かないうちに素晴らしい写真が撮れますからね。(だから盗撮を懸念します)








-iPhone
-, , , , , ,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.