もしかしたら好きなあの子が現れるかも知れないWEBサービス:MakeGirlsMoe

もしかしたら好きなあの子が現れるかも知れないWEBサービス:MakeGirlsMoe

まるでニューラルネットワーク

まずはとある映像をご紹介。10分にわたり、いわゆる日本の「萌えキャラ」をひたすら映像で流すモノ。タダたんに流すのではなく、ぐにゃぐにゃと顔が変形しながら色々な萌えキャラに変貌していく映像だ。

2017年にNvidiaが行った有名人の顔を使って独自の顔を生成するアレの萌えキャラバージョンって感じのヤツ。そう思ってもらえば良いと思う。

もしかしたら、この中に自分好みのキャラクターが隠れているかも…。

そしてこの記事では、そのキャラクターの元ネタもご紹介。それが今回メインで紹介したいヤツでもあるMakeGirlsMoeというWEBサービス。AIの技術を使ってキャラクターを自由に生み出せるサービスだ!(女性キャラクターのみ)

この中にあの子は居るのか!?

こちらが例の動画「10 Minutes of Imaginary Japanese Anime Face」。ニューラルネットワークを使ったあの手法を使っているのか、ソレっぽい動きをしている。萌えキャラと言えば、目や髪型、それぞれの色などそういった「記号」が集まって〜〜〜(くわしくは漫画「げんしけん」をご覧になってください)

ということで、人間の顔を使うよりはレンダリング馬力は不要っぽい。この10分間の中に、好きな子は見つけられたかな!?

ちなみに、この映像を作るのに、下記のモデルを使っているとか。

MakeGirlsMoeというサービス

WEBサービスMakeGirlsMoeでは、肌の色や髪型、笑顔や帽子の有無、口を開けているかどうかなどとても細かくキャラクターを設定でき、そこから「好み」なキャラクターを生成できてしまうモノ。まじで好みのモノが生まれてしまうのがすごいところ。

是非とも、(女性キャラクターだけですが)自分好みの推しキャラを生み出してみてはどうだろうか?

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です