朝から晩までの時間を一つの写真で表現したアート写真:DAY TO NIGHT

朝から晩までの時間を一つの写真で表現したアート写真:DAY TO NIGHT

ここに一枚の写真がある。よく見てみると、どうも様子がおかしい。この写真には、朝から晩までの様子が収められています。

写真家スティーブン・ウィルクス(Stephen Wilkes)さんの写真アート「DAY TO NIGHT」。カメラを固定して一つの風景を何枚も撮影。そのたくさんある写真を改めて合成することで、朝から晩までの様子を1枚の写真で表現することが出来るのです。

現実ではあり得ない不思議な風景がとても印象的です。

DAY TO NIGHT

10590430_10152688439267458_8335631078050963173_n

10830701_10152873579227458_718735251373728280_o

10708517_10152806597812458_8973568296898359158_o

10011836_10152731355282458_6633002337749294452_o

1913331_10152926384867458_1722265221041652435_o

1507498_10152881797597458_8410008571570294967_o

10298182_10152926363647458_4843937997805410025_o

写真アート「DAY TO NIGHT」は、パリやニューヨークなど、いくつかの風景で作品が作られています。どれも絶対にあり得ない風景。風景自体が綺麗な場所なので、その「あり得ない」が合わさるととても印象的な存在になります。

「DAY TO NIGHT」の作り方

写真アート「DAY TO NIGHT」は、スティーブン・ウィルクスさんのHPでその作り方が一部公開されています。かなりの枚数を撮影し、必要なスポットだけを合成する手法。なかなか撮影段階から骨が折れる作業のようです。

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です