木材を使って素敵なラウンジチェアが作られるタイムラプス

木材を使って素敵なラウンジチェアが作られるタイムラプス

やっぱメイキング映像ってたまらなくスキだわ。

メイキング系YouTubeアカウントlignumによるメイク系タイムラプス。木材を使って素敵なラウンジチェアが作られる様子が映像に収められている。一つの作品が出来上がっていくタイムラプスは本当に見ていて楽しい。

ラウンジチェアが作られるタイムラプス

こちらがその映像。非常にくつろげそうなラウンジチェアが作られている。木材の持つしなやかさがくつろぎを与えてくれるのだろう。

Youtu be image 12

まず、台座を置き、そこに図面を描いていく。この台座に直接木材を敷き詰め、打ち込んでいく。

Youtu be image 13

図面通りに木材を置く。コレを固定するのだ。木材以外もあるけどね。

Youtu be image 14

メインの素材となる4mmのスプルースの薄い板。これを複数枚重ねることでラウンジチェアの骨組みとなる。

Youtu be image 15

こんな感じでヒートガンを使ってスプルースを曲げていく。木材の性質をうまいこと使っているということだ。

Youtu be image 16

そして接着剤とクランプを使ってスプルースを固めていく。だんだんと形になっていくのがよくわかる。

Youtu be image 17

そして固め終わったスプルースを削っていく。

Youtu be image 18

実はこの段階で座れるというのに驚きだ。この時点で8割は完成している。

Youtu be image 19

そして足場や身体を支える部分を作っていく。

Youtu be image 20

この肋骨的な感じが素敵。

Youtu be image 21

そして出来上がったチェアはこんな感じ。ちなみにこのラウンジチェアは100kgの耐荷重があるそうだ。木材の力ってすごいなって思う。

さて、できあがったこのチェアだが一体どうなるのだろうか?それよりもチャイコフスキーの「花のワルツ」がめっちゃあうなこのタイムラプス…。

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です