狂った発明家が洗濯機をぶっ壊すクレイジームービー

狂った発明家が洗濯機をぶっ壊すクレイジームービー

やっぱこの人には「クレイジー」って単語が似合いそうだ!!

おそらくイギリスで最も狂っている発明家といえば、きっとColin furzeのことだろう。またまた彼がやってくれた。今回は生産ではなく破壊だ!!

今回、 Colin furze は 洗濯機をとにかく破壊しようとする。回転する洗濯機に物体を入れ込み、自身の力で破壊…かと思いきやそれを直し…さらに破壊する。最終的には爆破して終わるという終始意味不明なクレイジーさが醸し出されているムービーだ。

なんか、目が行っちゃってるようにも見える。

そして、洗濯機のあとは食洗機が…。

Colin furze、洗濯機を破壊する

Colin相変わらずだなー、なんて言いたくなるような映像。というか、YouTubeのサムネイルからして規模がヤバイ。この人のやってくれるのは、本当に桁違いで軸がずれている行動。こう言う行動力がYouTuberとしての人気の秘訣なんだろう。

ってか、食洗機の扱いがざついw

一時期は大やけどとかしてもなお、さらに割とギリギリな事をやり続ける発明家。そんな彼が壊す作業、なんとも楽しそうじゃないか。まるで無邪気な子供だ。

だからColin furzeがスキなんだわ!!

ちなみに、Colin furzeのやけどについては下記の映像でご覧頂ける。発明品を作っている最中に大発火、そして右腕もろもろ炎の中に包まれてやけどになってしまった。

中々グロイ映像なのだが、それでもなお、発明を続ける彼はやはりクレイジーだ。

※観覧注意

さぁ、こういうのは日本だと割と叩かれるから、もしこういうことやるんだったらまずは海外に移住してからね! いや、海外でも叩かれるかもね!! それぐらいクレイジーな事だよコレ!!

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です