VSCOがiOS10のRAW編集に対応しました。

VSCOがiOS10のRAW編集に対応しました。

iPhone 6s、6s Plus、iPhone 7,7 Plus、iPhone SEでなおかつiOS10になることで使えるようになった「RAW」形式。なんとボクも使っている超絶人気編集アプリである「VSCO」がRAW編集に対応しました。

これにより、RAW対応カメラアプリであるProCamera等で撮影したRAWファイルがそのまま利用できるという素晴らしいことに!!写真編集の幅がめちゃくちゃ広がっちゃうぜ!!!

iPhoneでかなりの頻度で利用している写真編集アプリVSCOがRAWに対応したということで一人喜んでいます。RAWだとiOSに全く処理されていない生のデータを扱えるということなので。もうその時点で素晴らしいことなんですよね!!

VSCOがRAW形式に対応

VSCO

VSCO (無料)
(2016.12.27時点)

これが今回ご紹介する写真編集アプリのVSCO Camです。こいつ自体で写真撮影も出来るのですが、写真撮影にはProCameraを長いこと使わせていただいています。主に「フィルダー」を当てて、そこから細かく編集して行く感じのアプリです。

元々、Adobe Photoshop Lightroomなどの写真アプリでつかえるフィルムプリセットとして存在していたVSCO Cam。それをスマホアプリとして開放した感じです。超絶優秀なVSCOのフィルムを基本無料で使えるカラスゴイなーって事になる。

VSCOは豊富なフィルムがあるのが有名で、基本無料のフィルム以外に、課金することでそれらを使うことが出来る。

注意が必要なのは、基本無料で使えるフィルムがすてきすぎて、有料フィルムにも手を出してしまうぐらいステキだということ。フィルムがすてきすぎるから課金沼にハマらないことを祈る。

ちなみに、ボク個人としては、VSCO Camの豊富なフィルムをほぼ購入してしまっている。だって気に入ってるんだもん。

VSCOがRAWに対応した

前置きは長くなりましたが、そんなVSCOがiOS10で使えるようになったRAW形式を読み込めるようになったのだ。

VSCOでRAWが使える→素晴らしすぎる

ということです。RAWで編集できるってことは勝手に写真データをiOS側で処理されずに使えるって事ですわ。つまり、より「自分好み」の写真編集が行える。まぁ、この考えはLightroomを使う人も持っていると思う。Lightroomとかで良い感じに写真を編集したい人はVSCO Cam的なアプリは結構合うんじゃないカナーと。

Vscoiosupdatrawsupport

ちなみに、RAWデータはVSCOで他の画像と異なった表示方法で出ている。右下に「RAW」とついている物がProCameraなどで撮影したRAW形式の写真データです。これを読み込めば、RAWの編集がそのまま行える。

Vscorawsup poporsetteingeditmode

RAWでの編集の場合「RAW○○」とつくようだ。「露出」や「明瞭度」「色温度」等にそれらが見られた。多分他のヤツもRAW行けてると思うんだけどねー。

いくつかのアップデートで若干使いにくくなったなーとおもっていたVSCO Camですが、やっぱりそれは「慣れ」の問題で良い感じに使わせてもらっている。

手放せないアプリになっちゃう

RAW撮影も出来るProCamera以外の写真編集アプリに色々と条件を設けることにしました。その中でやっぱりRAW対応しているかどうかです。色々な者がRAWに対応してきて良い感じ!今回のVSCOもまた、手放せない写真編集アプリとの一つとなったわけです。

ぜひとも、コレを使って写真を楽しもう!!!

VSCO

VSCO (無料)
(2016.12.27時点)

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です