東京をイメージした30種類のアニメーション:Tokyo Gifathon

東京をイメージした30種類のアニメーション:Tokyo Gifathon

SlimJim StudiosのアニメーターJames Curranが1ヶ月の東京旅行を記念して30種類のアニメーションにしました。

James Curranさんが東京で観た、東京にあるものをこんなにもポップカルチャーにアニメーション化されるなんて…。

海外から観た日本は、日本人からしたら「なんじゃそりゃ」と思えるような認識がされているようです。その認識のギャップ、是非ご覧あれ。

ポップカルチャーな東京

 

なんともいえない緩い感じ。そのアニメーションで紹介される東京という30種類のアニメ。Tokyo Gifathonシリーズとして、James CurranさんがInstagramにあげていった物をあつめたのがこの映像なのです。

James Curranさんによる東京のイメージ、ぶっちゃけ「なんじゃこりゃ」なんですが、海外の人から見た日本のイメージってこんな感じなのでしょうね。

Vlcsnap 2017 07 07 17h38m54s375 1000x567

まぁ、ゴジラ。

Vlcsnap 2017 07 07 17h39m20s182 1000x567

回転寿司!これも割と珍しいのかな。

Vlcsnap 2017 07 07 17h39m51s398 1000x567

そして相撲!やっぱ国技だからか。

Vlcsnap 2017 07 07 17h39m59s558 1000x567

いえーい、ジブリ!

Vlcsnap 2017 07 07 17h40m07s156 1000x567

レインボーブレッジ!これは面白いwそういう認識なのね!

海外から観た東京のイメージ。おそらく、こんな感じに見えちゃっているんだろうな。いや、これはある意味正解だ。「カプセルホテル」が一番ボクの中で「ニヤリ」としました。

James CurranさんのInstagramには、今回のアニメーションと実写の比較がひとつひとつあるので、やっぱりInstagramアカウントは観た方が良いですよ!!!!

@slimjimstudios[instagram]

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です