まだデータがありません。

一冊の本が手作業で作られていく過程が素晴らしい

一冊の本が手作業で作られていく過程が素晴らしい

何かが構築されていく過程って、何だかそれだけで素敵な物に感じます。

1冊の本を作るのに、昔はどうやって作っていたんだろうか?映像「The art of making a book」では、手作業で1冊の本が作られていく様子が紹介されています。今は機械が自動的にやってくれる本作成、手作業は結構大変そうです。

本の作り方

The Art of Making a Book

昔はプリンターなんかありませんから、一文字一文字ハンコを配置していったのですね…。それを紙にして切って重ねて…なんてやっているうちに、1冊の本が完成!

革の本によくあるデコボコって、そういう意味があったのか…。初めて知りました。

他にも作っている人

How Its Made Traditional Bookbinding

おばあちゃん的な人が、慣れた手つきで一冊の本を作っていく様子。簡単そうにこなしますが、本を1冊作るのはキット難しいのでしょうね。

Bookbinding 101 Sewing Headbands Session 1

おばあちゃんの動画ではめちゃくちゃはしょられてましたが、実際にはかなりめんどい作業のようです。

1冊の本に

自動化されてない時代、本を1冊作るのにいったいどれぐらいの苦労があったのだろうか。今回ご紹介した動画では、少しだけですがその苦労が伝わったと思います。

現代でも、あの作り方を行っている人はいるのだろうか?いや、でも、あの本は欲しいと思った。

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です